調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ポートフォリオ

「ポートフォリオ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

LED戦略、ポートフォリオリバランスはまず外人、漸く日本に

LED戦略、ポートフォリオリバランスはまず外人、漸く日本に

鉱業・金属セクターにおけるM&Aと資金調達 2014年の動向と2015年の見通し

鉱業・金属セクターにおけるM&Aと資金調達2014年の動向と2015年の見通し本冊子はThomsonONEのデータを基に、鉱業・金属セクターのM&Aと資金調達について、2014年の動向と2015年の見通しをまとめたものです。2014年にはコモディティ価格の下落や不透明な景気見通し、そして投資家のリスク回避や企業の投資方針の厳格な適用の動きから、鉱業・金属セクターのM&Aが減少しました。2013年から2014年にかけて、金額ベースでは873億米ドルから49%減少して446億米ドルとなり、件数ベース

正規、非正規の雇用についてのレポートです。

雇用ポートフォリオの動向と非正規の正規雇用化に関する暫定レポート

雇用ポートフォリオの動向と非正規の正規雇用化に関する暫定レポート 概要研究の目的2013年以降、経済情勢や雇用情勢が好転する中で、非正規雇用者の処遇改善とともに、その正規化に本格的に着手する企業も出てきた。そこで、企業における非正規から正規への転換の状況や雇用における正規・非正規(=雇用ポートフォリオ)の今後の動向について、現時点でできる取組みを通じて、その方向性を展望することをめざした。研究の方法①非正規雇用者の正規登用等に取り組む企業等に対するヒアリング調査、②2014年2月に実施したアン

2015年3月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

全世界_開発途上国向け太陽光発電技術の導入・普及に関する総合分析

Acrobat X または Adobe Reader X 以降でこの PDF ポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード !

2014年12月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

ポートフォリオ・リバランス効果の発現か?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ポートフォリオ・リバランス効果の発現か?資金循環統計(2014年7-9月期) ◆日本銀行(以下、日銀)から2014年7-9月期の資金循環統計(速報)が公表された。株価の上昇等を背景として金融資産残高を増加させた主体が多い。◆家計の金融資産残高は、株高による金融資産残高増加に加え、投資信託などのリスク性資産への資金流入が加速し、過去最高額となった。依然、現金・預金がポートフォリオの中心ではあるものの、N

PwCのレポートです。

2014年ポートフォリオ・プログラム・マネジメントに関する世界調査

プログラムデリバリーに対する考え方はいつ変わるのか ‐2014年ポートフォリオ・プログラム・マネジメントに関する世界調査組織は今、急速に変化し続ける世界に対処するために、数多くの変革プログラムを遂行しており、これらの成否、すなわち変革プログラムを遂行する能力が、組織の成功や競争力を左右するようになってきています。今回で4回目となる「ポートフォリオ・プログラム・マネジメントに関する世界調査」は、110カ国に及ぶさまざまな規模や業種に属する3,025名のプロジェクトマネージャー(ポートフォリオマネー

年金資産運用における不動産投資についての調査です。

海外大型年金の不動産ポートフォリオ構築~カナダ、韓国、ノルウェーの年金と米CalPERSを中心に~

海外大型年金の不動産ポートフォリオ構築~カナダ、韓国、ノルウェーの年金と米CalPERSを中心に~ | ニッセイ基礎研究所 海外大型年金の不動産ポートフォリオ構築~カナダ、韓国、ノルウェーの年金と米CalPERSを中心に~ 金融研究部 不動産運用調査室長 加藤 えり子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 運用総資産額が10兆円を越える海外の大型年金基金には、不動産投

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成25年度産業技術調査事業(日本の高等教育プログラムの国際展開の可能性に関する調査)報告書

Acrobat X または Adobe Reader X 以降でこの PDF ポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード !

2014年6月19日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランス:銀行貸出と証券投資フローのデータを用いた実証分析

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランス:銀行貸出と証券投資フローのデータを用いた実証分析2014年6月19日日本銀行企画局齋藤雅士※1法眼吉彦※2要旨本稿では、日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランスについて、資金循環統計をはじめとした銀行貸出や主体別の証券投資フローのデータを用い、ファクトの整理と実証分析を行った。2013年4月に量的・質的金融緩和が導入された後、日本銀行以外の主体による日本

2014年6月19日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランス:資金循環統計を用いた事実整理

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランス:資金循環統計を用いた事実整理2014年6月19日企画局 齋藤雅士、法眼吉彦、西口周作要旨2013年4月の量的・質的金融緩和導入以降、日本銀行による国債買入れが大きく増加する中、日本銀行以外の主体は、全体として国債投資を減少させ、貸出のほか、株式・投信や社債への投資フローを増加させている。こうしたポートフォリオ・リバランスの程度には主体間で違いがあり、国内銀行と海外部

2014年6月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度化学物質安全対策「製品含有化学物質の経皮・経口及び吸入暴露に係る調査」成果報告書

Acrobat X または Adobe Reader X 以降でこの PDF ポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード !

2014年6月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

家計でポートフォリオ・リバランスは進んでいるか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 家計でポートフォリオ・リバランスは進んでいるか?投信の資金流出入動向に表れる変化 ◆日本銀行が「量的・質的金融緩和」を開始してから1年が経過した。この金融政策が狙う「ポートフォリオ・リバランス」効果は、家計の金融資産においても進んでいるのであろうか。本稿では、投資信託(以下、投信)における資金フローを中心にみた。◆資金循環統計によると、家計の金融資産における株式・出資金は、フローベースでみると2013

国際マネーフローから考える投資家のポートフォリオ・リバランス~日本・米国の動きを中心に~

国際マネーフローから考える投資家のポートフォリオ・リバランス~日本・米国の動きを中心に~ | ニッセイ基礎研究所 国際マネーフローから考える投資家のポートフォリオ・リバランス~日本・米国の動きを中心に~ 伊藤 拓之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ポートフォリオ・リバランスとは、投資家が持つ資産の構成比率を変更することである。例えば投資家の資産構成が株式50%、

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度製造基盤技術実態等調査(製紙産業の将来展望と課題に関する調査)調査報告書

Acrobat X または Adobe Reader X 以降でこの PDF ポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード !

2014年4月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(4)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「異次元緩和」の成果と課題④波及経路Ⅲ:ポートフォリオ・リバランス効果の検証 ◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第四弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、ポートフォリオ・リバランス効果について分析する。◆現時点では超過準備への付利と政府による国債発行の長期化という要因が、ポート

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済@貯蓄~投資 ポートフォリオリバランス、貸出の増加は進むのか

経済@貯蓄~投資 ポートフォリオリバランス、貸出の増加は進むのか

8月マネー統計 ~ 銀行のポートフォリオ・リバランスは限定的

8月マネー統計 ~ 銀行のポートフォリオ・リバランスは限定的 | ニッセイ基礎研究所 8月マネー統計 ~ 銀行のポートフォリオ・リバランスは限定的 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向:信金も水面に浮上・マネタリーベース:6ヵ月連続で過去最高を更新・マネーストック:投資信託の続伸続く・貸出・預金動向(速報)による

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度電気用品国際化推進,電気用品技術基準国際化調査報告書

Acrobat 9 または Adobe Reader 9 以降でこの PDF ポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード !

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:3企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(ウェブビジネスの動向を踏まえたIT産業における競争力強化戦略に関する調査研究)報告書

Acrobat 9 または Adobe Reader 9 以降でこの PDF ポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード !

2013年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済@貯蓄~投資 脱国債?

経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)貸出の低迷が銀行の預貸ギャップの拡大につながり、それを埋めるために国債投資をせざるを得ない、という構図が定着している。預貸ギャップが経常的にプラスになったのは不良債権処理が本格化した 99 年からである。その後貸出残高の底打ち、増加の動きがあったものの預金残高の増加ペNO.46脱国債?常務取締役経済調査部長佐久間 啓資料1預金・貸出残高(国内銀行銀行勘定)(億円)6,200,0006,000,0005,800,0005,600,00

2013年3月8日大和総研フィードバック数:1社会/政治

「アベノミクス」以降の年金ポートフォリオ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「アベノミクス」以降の年金ポートフォリオもう一つの矢は公的年金のレジームチェンジ? ◆現在の国内株式市場は、安倍政権による新たな経済政策に対する期待から好調な推移を続けている。ただし当面は、「資産買入れ等基金」に頼らざるを得ないこともあり、市場からは、最も重要な「持続的な成長戦略の推進」を実現するために、追加的な政策(矢)への期待も根強い。◆我が国において「資産買入れ等基金」と同等に市場心理をプラスに

2013年1月17日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

ESG評価と事後リターン

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ESG評価と事後リターンESGに関する評価の得点で作成したポートフォリオのリターン分析 ◆日本企業を対象とした2009年度と2010年度のESG要因に関する評価の得点でポートフォリオを組成し、評価がまとめられた後の1年間のリターンを分析したところ、次の結果が得られた。◆2009年度と2010年度のそれぞれで評価の得点が平均値以上の企業によるポートフォリオを組成すると、等金額ポートフォリオのリターンは市

2012年8月24日エイプルジャパンフィードバック数:4キャリアとスキル

大学生の就職活動に関するアンケート

機能教務システムポートフォリオシステム学生カルテシステムポータルシステム就職システム入試システム

2012年7月10日内閣府フィードバック数:1社会/政治

国際的なポートフォリオのリバランシングと日米株価の連動

今週の指標 No.1038 国際的なポートフォリオのリバランシングと日米株価の連動ポイント2012年7月9日米国の株価と日本の株価は1990年代半ばまでは相関が見られなかったが、90年代半ば以降は概ね連動するようになった(図1)。しかし、リーマンショック後には、米国株価が上昇する中で、日本株の動きとの間にかい離がみられるようになった。 米国の株価の変動が日本の株価に波及する経路としては、次のようなポートフォリオのリバランシングが重要と考えられる。米国の株価が上昇した場合、国際的なポートフォリオの

2009年2月23日NTTレゾナント★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業の研究開発の動向に関する調査結果です。

「金融危機下の研究開発の方向性」に関するアンケート調査

インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ 6割が研究開発投資の凍結・見直しを実施。研究開発機能の売却に関心高まる 報道発表資料 平成21年2月18日gooリサーチ結果 (No.177)「金融危機下の研究開発の方向性」に関するアンケート調査結果~6割が研究開発投資の凍結・見直しを実施。研究開発機能の売却に関心高まる。来期以降は「一部削減を進め、優先順位を明確にした投資」を重視~ 国内最大級のインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」(*1)を共同で

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ