調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マイナス寄与

「マイナス寄与」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期のGDPギャップ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年1-3月期のGDPギャップ2四半期連続でマイナス幅が縮小したが、力強さに欠ける 2015年6月1日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2015年1-3月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同四半期のGDPギャップは▲1.7%となり、2014年10-12月期の▲2.2%からマイナス幅が0.5%pt縮小した。また、実質GDPの成長ペースが加速したこと

第162回短期経済予測(2015年4-6月期~2017年1-3月期)

第162回短期経済予測(2015年4-6月期〜2017年1-3月期)2015年度の実質成長率見通しは1.5%を維持 − 日本経済は回復軌道上を進むが、未だ加速せず − 日本経済研究センターでは、最近の金融経済情勢および5月20日に内閣府が公表した2015年1-3月期のGDP速報(1次速報値)を踏まえ、従来の予測(以下、SA161R)を改訂し、「第162回四半期経済予測」(以下、SA162)を取りまとめた。15年1-3月期の実質成長率は、事前のエコノミスト予想(ESPフォーキャスト5月調査平均。以

2015年5月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2015年1~3月期1次QE予測

Q E 予 測2015 年 5 月 1 日2015 年 1~3 月期 1 次QE予測経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2015年1~3月期の実質GDP成長率は前期比+0.4%(年率+1.6%)と予測。個人消費が小幅な増加にとどまる一方、在庫投資がプラス寄与に転じ、景気回復の力強さに欠ける内容に○ 個人消費が小幅な増加となる中、在庫投資の拡大を主因に民需はプラス寄与を拡大。輸出の増加が続く一方、輸入も拡大した

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の物価動向と今後の注目点

分析レポート 海外経済金融 米 国 の物 価 動 向 と今 後 の注 目 点  ディスインフレ傾向と FRB の姿勢 景気回復が続く米国で、再びディスイ ンフレ(物価上昇率の鈍化)傾向が強ま る動きを見せている。  連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ 指標として重視している個人消費支出 (PCE) デフレーターは、 12 年 5 月以降、 FRB の長期目標(2.0%)を下回って推移 しているが、直近では 1.2%と 8 ヶ月ぶ りの低水準まで上昇幅が縮小した(図表 1) 。  こうしたなか

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月全国消費者物価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月全国消費者物価CPI前年比はマイナスへのカウントダウン? 2015年1月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年12月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+2.5%と、市場コンセンサス(同+2.6%)を小幅に下回った。消費税を除くベース(大和総研による試算値、以下同様)でみると、エネルギーのプラス寄与縮小が続いたことで、前年比+0.6%

2014/2015年度経済見通し(2014年11月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年11月)~景気は底打ち後も、緩慢な回復ペースにとどまる~ 2014年11月19日○17日に公表された2014年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比-0.4%(年率換算-1.6%)と2四半期連続でマイナスとなった。消費税率引き上げ後も落ち込みに歯止めがかかっておらず、景気は弱含んだままの状態にある。消費税率引き上げ後の反動減の影響が長引いているほか、実質所得の減少が家計の購買力を落ち込ませており、個人消費は増加に転じたが伸びは弱い。

2014年7~9月期GDP(1次速報)の結果

本日公表された2014年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比-0.4%(年率換算-1.6%)と2四半期連続でマイナスとなった。消費税率引き上げ後の落ち込みに歯止めがかかっておらず、景気は弱含んだままの状態にある。個人消費は、4~6月期に駆け込み需要の反動減で同-5.0%と大きく落ち込んだ後、7~9月期は同+0.4%と小幅の伸びにとどまった。消費税率引き上げ後の反動減の動きが長引いているほか、実質所得の減少が家計の購買力を落ち込ませ、消費意欲も減退させた可能性が高い。住宅投資も、反動減によって住

2014年4~6月期のGDP(1次速報)結果

本日公表された2014年4~6月期の実質GDP成長率は、消費税率引き上げの影響を受けて、前期比-1.7%(年率換算-6.8%)と大きく落ち込んだ。落ち込み幅は、前回消費税が引き上げられた直後の1997年4~6月期の同-0.9%(同-3.5%)を上回った。消費税率の引き上げの影響を最も強く受けたのが家計部門である。個人消費は前期比-5.0%と、駆け込み需要で盛り上がった1~3月期の同+2.0%から一転して大幅なマイナスとなり、マイナス幅は1997年4~6月期の同-3.5%を大きく越えた。反動減によ

2014/2015年度経済見通し(2014年5月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年5月)~景気は持ち直すも、ペースは緩やかにとどまる~ 2014年05月19日○2014年1~3月期の実質GDP成長率は前期比+1.5%(年率換算+5.9%)と消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって高い伸びとなった。個人消費が前期比+2.1%と急増したことから、民需の実質GDP成長率に対する寄与度は前期比+1.8%まで高まった。他方、公的需要全体の前期比寄与度は同-0.1%と7四半期ぶりにマイナスとなった。また、外需の前期比寄与度は

2014年1~3月期のGDP(1次速報)結果

本日公表された2014年1~3月期の実質GDP成長率は前期比+1.5%(年率換算+5.9%)と消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって高い伸びとなった。前期比でのプラスは6四半期連続である。民需全体では前期比+2.3%と伸びが急上昇しており、中でも消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって押し上げられた個人消費が前期比+2.1%と、前回消費税が引き上げられた1997年1~3月期以来の高い伸びとなった。住宅投資も前期比+3.1%と、消費税率引き上げを控えての駆け込み需要などによって2013年中は着工

2014年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年4月)<1-3月期、純輸出のマイナス寄与度は再び拡大し、結果、実質成長率は2%台に減速>

日本経済(月次)予測(2014年4月)<1-3月期、純輸出のマイナス寄与度は再び拡大し、結果、実質成長率は2%台に減速>2014-04-28 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.31 <関西経済は弱い基調が定着、先行きも好材料に乏しい> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計 関西経済は弱い基調が定着、先行きも好材料に乏しい 民需外需は牽引力不足、景気対策の効果も関西で

2014年2月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2013年10~12月期1次QE概要

Q E 解 説2014 年 2 月 17 日2013 年 10~12 月期 1 次QE概要経済調査部シニアエコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 10~12月期の実質GDP(1次速報)は前期比+0.3%(年率+1.0%)と低めの成長。輸入の大幅な増加が成長率を押下げ。一方、個人消費や設備投資、住宅投資は成長を下支え○ 外需(寄与度▲0.5%Pt)が引き続き大幅なマイナス寄与となったほか、景気対策事業の執行一巡から公的需要(寄与

2014年2月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2013年10~12月期1次QE予測

Q E 予 測2014 年 1 月 31 日2013 年 10~12 月期 1 次QE予測経済調査部シニアエコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2013年10~12月期の実質GDP成長率は前期比+0.7%(年率+2.8%)に加速した模様。駆け込み需要が出始めた個人消費を中心に、民間需要が高めの伸び(前期比+1.4%)○ 景気対策事業の執行一巡から公的需要の伸びが鈍化したほか、輸入の拡大が続いたことから外需が引き続き大幅なマイ

2013年10月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2013年8月) ~CI一致指数は小幅低下も、改善基調に変化なし~

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2013年10月7日(月)テーマ:景気動向指数(2013年8月)~CI一致指数は小幅低下も、改善基調に変化なし~第一生命経済研究所経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○基調判断は「改善」で据え置き内閣府から公表された 2013 年8月の景気動向指数では、CI一致指数は前月差▲0.1 ポイントとなった。小幅マイナスではあるが、7月が前月差+1.1 ポイントの上昇だったことや、生産予測指数等が9

2013年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2013年8月)の予測 ~基調判断は「改善」で据え置かれる見込み~

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2013年10月1日(火)テーマ:景気動向指数(2013年8月)の予測~基調判断は「改善」で据え置かれる見込み~第一生命経済研究所経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528内閣府から 10 月7日に公表される 2013 年8月の景気動向指数では、CI一致指数は前月差▲0.1 ポイントを予想する。小幅マイナスではあるが、7月が前月差+1.1 ポイントの上昇だったことや、生産予測指数等が9月の一致CI

2013年5月6日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

BTMU Focus USA Diary:第1四半期実質GDP成長率(速報値)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報April 26, 2013【米国経済指標】第 1 四半期実質GDP成長率(速報値):前期比年率+2.5%、個人消費同+3.2%、設備投資同+2.1%、住宅投資同+12.6%、在庫投資同+503 億ドル、純輸出同▲4,008 億ドル、政府支出同▲4.1%2013 年第 1 四半期の実質 GDP 成長率(速実質GDP

2013年2月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2012年10~12月期1次QE予測(改訂)

Q E 予 測2013 年 2 月 4 日2012 年 10~12 月期 1 次QE予測(改訂)経済調査部シニアエコノミスト山本康雄03-3591-1243yasuo.yamamoto@mizuho-ri.co.jp○ 2012年10~12月期の実質GDP(1次速報)は前期比+0.2%(年率+1.0%)と予測。国内民間需要が増加に転じ、3四半期ぶりのプラス成長○ 復興事業の執行に伴い、公的需要は引き続き拡大。エコカー補助金の反動が薄れる中で個人消費が増加に転じるなど、民間需要が持ち直し。公的需要

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ