調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マイナス成長

「マイナス成長」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月2日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

2016年度通期国内タブレット端末出荷概況

2016年度通期国内タブレット端末出荷概況――Wi-Fiタブレット苦戦で2年連続減 2017年05月25日■ 2016年度通期タブレット端末出荷台数は841万台(前年度比6.9%減)で2年連続減少■ Appleは335.6台で7%減少も、7年連続シェア1位(シェア39.9%)■ OS別台数シェアはAndroid 409.6万台(48.7%)が4年連続1位■ 2017年度は880万台(前年度比4.6%増)でV字回復と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は5月25日、2016年度通期(

2017年4月7日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2016年 国内サーバー市場動向

2016年の国内サーバー市場規模は、前年比12.8%減の4,421億円 メインフレームとその他のサーバーの出荷額が2桁のマイナス成長、前年の大型案件の反動と更新需要の一巡が背景 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年通年の国内サーバー市場動向を発表しました。2016年の国内サーバー市場規模は4,421億円で、前年から12.8%減少しました(図1)

2017年4月6日宮城県フィードバック数:0社会/政治

平成26年度 市町村民経済計算の概要

平成26年度 市町村民経済計算の概要(統計課) 担当課室名記者発表資料 平成29年3月27日 震災復興・企画部統計課分析所得班 担当:菅原,遠藤,和泉 内線:2453※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。概要 平成26年度宮城県民経済計算から,各種統計を利用した按分等により県内35市町村別に市町村内総生産及び市町村民所得を推計したところ,以下のとおりとなった。○ 経済成長率(市町村内総生産 対前年度増加率)は,35団体中

2017年2月17日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

統計ア・ラ・カルト第114号「増税前駆け込み需要の反動(平成26年度埼玉県県民経済計算)」

ここから本文です。統計ア・ラ・カルト第114号「増税前駆け込み需要の反動(平成26年度埼玉県県民経済計算)」県では毎年度、県のGDPにあたる県内総生産などを推計した「県民経済計算」を公表しています。県民経済計算は、県内における1年間の経済活動を生産、分配及び支出の三面から明らかにし、県経済の実態を総合的、計量的に把握したものです。平成26年4月1日に消費税率が5%から8%に変更となりました。消費税増税が埼玉県経済に与えた影響を県民経済計算から見てみましょう。 平成26年度の県経済は、県内総生産(

2016年12月28日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2016年第3四半期 国内サーバー市場動向

2016年第3四半期 国内サーバー市場動向を発表 2016年第3四半期の国内サーバー市場は、前年同期比15.4%減の991億円 すべての製品分野で低迷、3四半期連続で前年同期比マイナス成長 ベンダー別出荷額では富士通が1位、以下NEC、日本ヒューレット・パッカードの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年第3四半期(7月~9月)の国内サー

2016年12月23日IDCフィードバック数:0モバイル

2016年第3四半期 国内モバイルデバイス市場予測

2016年第3四半期 国内モバイルデバイス市場予測を発表 2016年第3四半期 国内モバイルデバイス市場の出荷台数は前年同期比7.4%増の1,157万台 2016年通年の同市場出荷台数は前年比1.3%減の4,731万台と予測 2016年通年の家庭市場は1.8%減の3,688万台、ビジネス市場は0.7%増の1,044万台と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-

2016年10月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2016年第2四半期 国内サーバー市場動向

2016年第2四半期 国内サーバー市場動向を発表 2016年第2四半期の市場規模は、前年同期比20.0%減の974億円 大幅なマイナス成長は前年同期の大型案件の反動とx86サーバーの低迷による ベンダー別出荷額では富士通が1位、以下NEC、HPEの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年第2四半期(4月~6月)の国内サーバー市場動向を発表

2016年10月11日IDCフィードバック数:0モバイル

2016年第2四半期 国内モバイルデバイス市場予測

2016年第2四半期 国内モバイルデバイス市場予測を発表 2016年第2四半期 国内モバイルデバイス市場の出荷台数は前年同期比0.1%減の1,064万台 2016年通年の同市場出荷台数は前年比4.6%減の4,571万台と予測 2016年通年の家庭市場は5.6%減の3,543万台、ビジネス市場は1.0%減の1,028万台と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-

2016年7月6日IDCフィードバック数:0モバイル

2016年第1四半期 国内モバイルデバイス市場予測

2016年第1四半期 国内モバイルデバイス市場予測を発表 2016年第1四半期 国内モバイルデバイス市場の出荷台数は前年同期比7.5%減の1,202万台 2016年通年の同市場出荷台数は前年比4.6%減の4,571万台と予測 2016年通年の家庭市場は6.5%減の3,509万台、ビジネス市場は2.0%増の1,062万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-476

2016年6月29日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第1四半期 国内サーバー市場動向

2016年第1四半期 国内サーバー市場動向を発表 2016年第1四半期の市場規模は、前年同期比9.5%減の1,341億円、出荷台数は同15.1%減の13万8,000台 x86サーバーの出荷額は、出荷台数減の影響を受け前年同期割れ ベンダー別出荷額では富士通が1位、以下NEC、日本ヒューレット・パッカードの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、20

2016年1月4日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2015年第3四半期 国内サーバー市場動向

2015年第3四半期 国内サーバー市場動向を発表 2015年第3四半期の市場規模は、前年同期並みの1,159億円、出荷台数は同3.1%減の14万4,000台 ベンダー別出荷額では富士通が首位、以下NEC、HPの順 出荷台数の減少は、1ソケットのタワー型x86サーバーの大幅減が影響 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2015年第3四半期(7月~9月

2015年12月21日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ファイバーチャネルスイッチ市場予測

国内ファイバーチャネルスイッチ市場予測を発表 FCスイッチの出荷金額、2015年は162億9,600万円(前年比3.1%減)の見込み IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ファイバーチャネルスイッチ(FCスイッチ)市場実績と2019年までの予測を発表しました。これによると、SAN(Storage Area Network)の主要コンポーネントであ

2015年9月9日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ホームセンター小売市場に関する調査結果 2015

2015年09月09日 ホームセンター小売市場に関する調査結果2015 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のホームセンター小売市場の調査を実施した。1. 調査期間:2015年5月~7月2. 調査対象:DIY・ホームセンター業界に携わる小売業者、メーカー・卸売業者3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話、FAX、郵送によるヒアリング、ならびに文献調査併用調査結果サマリー◆国内のホームセンター小売市場は4兆円を目前に横ばい・微減傾向が続く一般社団法人日本ドゥ・イット・ユアセ

2015年6月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

残存季節性で歪む米国の成長率~1~3月期はマイナス成長ではなかった可能性も~

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

2015年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

企業収益好調とマイナス成長が並存する理由

企業収益好調とマイナス成長が並存する理由 基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 企業収益好調とマイナス成長が並存する理由企業収益好調とマイナス成長が並存する理由基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本経済は消

2015年6月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 マイナス成長でFOMC予想の達成は困難に(15年1-3月期実質GDP:改定) ~国内最終需要の基調は堅調さを維持。PCEコアはインフレ鈍化を示した~

米国 マイナス成長でFOMC予想の達成は困難に(15年1-3月期実質GDP:改定) ~国内最終需要の基調は堅調さを維持。PCEコアはインフレ鈍化を示した~

2015年5月7日青森県フィードバック数:0社会/政治

平成25年度青森県県民経済計算速報(早期推計)

更新日付:2015年5月1日 平成25年度青森県県民経済計算速報(早期推計)を公表しました 内容 平成25年度の青森県の県内総生産は名目で4兆4,253億円、実質で4兆6,325億円となりま した。経済成長率は名目▲1.0%、実質▲0.9%となり、名目では2年ぶり、実質では4年ぶり のそれぞれマイナス成長となりました。県民所得は▲1.0%の3兆2,345億円となり、1人当たり県民所得は242万2千円となりまし た。詳しくは、添付ファイルをご覧ください。※注意事項今回の速報(早期推計)は、確報公

【1-3月期米GDP】前期比年率+0.2%、悪天候もありほぼゼロ成長まで鈍化

【1-3月期米GDP】前期比年率+0.2%、悪天候もありほぼゼロ成長まで鈍化 | ニッセイ基礎研究所 【1-3月期米GDP】前期比年率+0.2%、悪天候もありほぼゼロ成長まで鈍化 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4月29日、米商務省の経済分析局(BEA)は1-3月期のGDP統計(1次速報値)を公表した。1-3月期の実質GDP成長

マイナス成長下でも企業収益が好調を維持する理由

マイナス成長下でも企業収益が好調を維持する理由 | ニッセイ基礎研究所 マイナス成長下でも企業収益が好調を維持する理由 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本経済は消費税率引き上げをきっかけとして大きく落ち込み、2014年度の実質GDPはマイナス成長が確実となっている。一方、企業収益は増加を続けており、2014年度はマイナス成

2015年3月25日電通フィードバック数:0マーケティング

世界の広告費成長率予測の定期改定と新規予測

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通の海外子会社カラが、世界の広告費成長率予測の定期改定と新規予測を実施2015年3月25日●2014年の世界の広告市場は前年比4.6%増。2015年は4.6%増、2016年は5.0%増と予測 ●2015年の世界の広告市場は前年比4.6%増の5,400億ドル(前年差

2015年の日本経済の見通し 消費税増税の影響を脱却し、景気は持ち直しへ

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 2015年の日本経済の見通し消費税増税の影響を脱却し、景気は持ち直しへ【デイリー】 2015年の日本経済の見通し消費税増税の影響を脱却し、景気は持ち直しへ【デイリー】2014年12月22日【ポイント1】2014年度は5年ぶりマイナス成長 消費税増税の影響が大きい ■2014年度のGDP成長率は前年度比▲0.6%と5年ぶりにマイナス成長となる見込みです。消費税増税後の消費回復にもたつきが見られ、設備投資の回復も緩慢となる見通しです。

予想外のマイナス成長となった7-9月期GDP~個人消費は緩やかに回復

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月18日予想外のマイナス成長となった7-9月期GDP~個人消費は緩やかに回復 内閣府が11月17日に発表した2014年7-9月期の実質GDP(国内総生産)成長率の1次速報値は、前期比0.4%減、年率1.6%減と、2期連続のマイナスとなりました。市場予想の2.2%増を大きく下回ったことから、4月の消費税率引き上げで落ち込んだ景気の持ち直しが、市場の想定より遅れていることが示されたと言えます。各項目の寄与度をみると、外需が実質G

2014年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度日本経済見通し ~14年度見通しを大幅下方修正。09年度以来のマイナス成長に~

2014~2016年度日本経済見通し ~14年度見通しを大幅下方修正。09年度以来のマイナス成長に~

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比▲0.4%(年率▲1.6%)~予想外のマイナス成長

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比▲0.4%(年率▲1.6%)~予想外のマイナス成長 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比▲0.4%(年率▲1.6%)~予想外のマイナス成長 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年7-9月期の実質GDPは、前期比▲0.4%(年率▲1.6%)と2四半期連続の

2014年11月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP一次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年7-9月期GDP一次速報想定外のマイナス成長 2014年11月17日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率▲1.6%(前期比▲0.4%)と2四半期連続のマイナス成長となった。市場コンセンサス(前期比年率+2.2%、前期比+0.5%)を大幅に下回ったのみならず、市場予測の下限すらも下回る想定外のマイナス成長となった。

2014年11月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年7~9月期1次QE概要

Q E 解 説2014 年 11 月 17 日2014 年 7~9 月期 1 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 7~9月期の実質GDP(1次速報)は前期比▲0.4%(年率▲1.6%)と2四半期連続のマイナス成長。在庫削減の動きから在庫寄与度がマイナスとなったほか、天候不順等から個人消費の回復も低調○ 在庫削減の影響で民需(寄与度▲0.7%Pt)がマイナス寄与。輸入の駆け込みの反動がはく落し、外需(

2014年11月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2014年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率▲1.6%~消費増税後の回復の動きは鈍く、2四半期連続のマイナス成長に~

平成 26 年(2014 年)11 月 17 日NO.2014-162014 年 7-9 月期の実質 GDP 成長率は前期比年率▲1.6%~消費増税後の回復の動きは鈍く、2 四半期連続のマイナス成長に~【要旨】 2014 年 7-9 月期の実質 GDP(1 次速報値)は、消費増税の影響に夏場の天候不順なども加わり、前期比年率▲1.6%と 2 四半期連続のマイナス成長となった。 需要項目別にみると、個人消費は前期比年率+1.5%と 2 四半期ぶりに増加したものの、その回復ペースは鈍かった。雇用

「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋

「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年4~6月期のユーロ圏の実質GDPは前期比ゼロとなり、13年4~6月期からの回復が途切れた過剰債務問題で深刻な

「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋

「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋 | ニッセイ基礎研究所 「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4~6月期のユーロ圏の実質GDPは前期比ゼロ成長に失速、ドイツも循環的な調整に天候やカレンダーなどの特殊要因が加わり、前期比0.2%のマイナス成長となった。ファンダメンタルズから考えて、ドイ

足元の欧州景気について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月15日14日に発表されたユーロ圏の4-6月期GDP成長率(速報値)は、前期比横ばいにとどまりました。ドイツやイタリアでマイナス成長となったことが、全体での景気回復の勢い鈍化につながりました。ただし、ユーロ圏景気のけん引役となってきたドイツが今回、マイナス成長に転じた主な背景は、暖冬の影響で1-3月期に高めの成長となった反動の影響と考えられています。また、スペインのように、これまで金融支援を受けてきた国で成長加速を続ける国も確認

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比▲1.7%(年率▲6.8%)~駆け込み需要の反動を主因に大幅マイナス成長

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比▲1.7%(年率▲6.8%)~駆け込み需要の反動を主因に大幅マイナス成長 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比▲1.7%(年率▲6.8%)~駆け込み需要の反動を主因に大幅マイナス成長 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年4-6月期の実質GDPは、前期比

2013年9月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

メキシコ、足下の景気は予想外の下振れ ~4年ぶりのマイナス成長も、先行きは緩やかな回復が見込まれる~

メキシコ、足下の景気は予想外の下振れ ~4年ぶりのマイナス成長も、先行きは緩やかな回復が見込まれる~

2013年1-3月期台湾機械輸出入速報

機械製品の輸出は前年同期と比べ、7.9%減のマイナス成長を見せた。一方、輸入は13.8%増の大幅な成長であった。ポストECFA時代と言われる2013年、機械製品の輸出は依然としてその不確定性が残されている。 2013年1ー3月期の台湾機械輸出はマイナス成長となり、輸出額は43億1,440万ドルであった。前年同期と比べると7.9%減のマイナス成長である。新台湾ドルに換算した場合、輸出は1,265億新台湾ドルとなり、前年同期に比べ9.1%減のマイナス成長となった。 2012年の台湾機械輸出額は201

2013年5月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:1-3月期ユーロ圏GDP速報値 ~早くも2013年のマイナス成長がほぼ確定~

欧州経済指標コメント:1-3月期ユーロ圏GDP速報値 ~早くも2013年のマイナス成長がほぼ確定~

2013年4月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済情報:【シンガポール経済】2013年第1四半期の実質GDP成長率~前年比▲0.6%と予想外のマイナス成長、MASは引き締め策維持を決定~

経済情報:【シンガポール経済】2013年第1四半期の実質GDP成長率~前年比▲0.6%と予想外のマイナス成長、MASは引き締め策維持を決定~

2013年2月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:2月ドイツIfo企業景況感 ~脱マイナス成長

欧州経済指標コメント:2月ドイツIfo企業景況感 ~脱マイナス成長

2013年2月26日内閣府フィードバック数:1社会/政治

2012年10-12月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期からやや拡大

今週の指標 No.1059 2012年10-12月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期からやや拡大 ポイント2013年2月25日 2012年10-12月期のGDP1次速報値から試算したGDPギャップ(注)は、▲3.1%となり、前期(▲2.9%)からマイナス幅がやや拡大した(図1)。これは、実質GDPが前期比年率▲0.4%のマイナス成長となったためである。 なお、2012年7-9月期のGDPギャップが前回試算した値よりも0.2%ポイント拡大したが、これは、同期の実質GDPが下方改定されたためで

2013年2月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2012年10-12月期の実質GDPは前期比年率▲0.4%~輸出の低迷等で小幅ながらも3四半期連続のマイナス成長に~

経済情報:2012年10-12月期の実質GDPは前期比年率▲0.4%~輸出の低迷等で小幅ながらも3四半期連続のマイナス成長に~

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比▲0.1%(年率▲0.4%)~3四半期連続のマイナス成長も景気は底打ち

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比▲0.1%(年率▲0.4%)~3四半期連続のマイナス成長も景気は底打ち | ニッセイ基礎研究所 QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比▲0.1%(年率▲0.4%)~3四半期連続のマイナス成長も景気は底打ち 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2012年10-12月期の実質GDP成

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:1社会/政治

2014年度までの経済見通しです。

2012~2014年度経済見通し~底入れを探る日本経済

2012~2014年度経済見通し~底入れを探る日本経済 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2012~2014年度経済見通し~底入れを探る日本経済2012~2014年度経済見通し~底入れを探る日本経済 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本経済は東日本大震災からの復興需要や政策効果に支えられて持ち直

2012年4月3日矢野経済研究所フィードバック数:4ライフスタイル

アウトレットモール市場に関する調査結果2012

2012年04月03日 アウトレットモール市場に関する調査結果 2012 ~競争激化で既存モールはマイナス成長、一方、中堅モールは健闘~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内アウトレットモール市場の調査を実施した。1.調査期間:2012年2月~3月2.調査対象:アウトレットモールを運営・展開する企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面接、電話ヒアリング等を併用<アウトレットモール市場とは>本調査におけるアウトレットモール市場とは、国内アウトレットモールにおけるテナン売上高をさし

2009年8月12日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

2009年第2四半期の国内x86サーバ市場動向

平成21年8月5日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、2009年第2四半期の国内x86サーバ市場動向を発表2009年第2四半期 (4〜6月) の国内x86サーバ出荷台数は前年同期比25.8%減 (速報値) と過去最低にガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、2009年第2四半期 (4〜6月) の日本国内x86サーバ市場動向 (速報値) を発表しました。市場概況2009年第2四半期 (4〜6月) の国内x86サーバ出荷台数は、対前年同期

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ