調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マイナス領域

「マイナス領域」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

自然失業率および自然利子率の低下と金融政策

岩田一政の万理一空2015年3月27日 自然失業率および自然利子率の低下と金融政策 消費者物価上昇率はマイナス領域へ生鮮食品を除く消費者物価は、消費税増税効果を除くベースで2月に前年比ゼロ%となった。日本経済研究センターは、2015年第2四半期から第3四半期にかけてマイナス領域に入ると予測している。米国、英国でも総合消費者物価は2月にゼロ%の伸びとなった。ユーロ圏はすでにマイナス0.3%と3カ月連続してマイナス領域にある。エネルギーと食料を除くベースでは、日本の消費者物価上昇率は0.3%であり、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ