「マインド」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月2日Imagination Creativeフィードバック数:0ライフスタイル

マインドフルネスに関する意識調査

職場におけるストレス原因のトップは「仕事の内容」or「上司との関係」 しかし、45歳〜49歳の層では「給与」に対するストレスが1位に! 有限会社Imagination Creativeではビジネスコミック『マンガでわかるグーグルのマインドフルネス革命』の刊行に合わせて「マインドフルネスに関する意識調査」を発表いたしました。「マインドフルネス」に関するマンガは、本作が初めての書籍となります。 -トピックス-日本におけるマインドフルネスの普及状況とマインドフルネスに対する興味関心---------

新しいITセキュリティ アーキテクチャへのニーズに関するグローバル調査(原題:The Need for a New IT Security Architecture: Global Study)

シトリックス、新しいITセキュリティ アーキテクチャへのニーズ について日本を含むグローバル調査の結果を発表 多くの日本人回答者が「ビジネスとIT運用管理の複雑さ(87%)」、「データ資産の増加(83%)」、「知識と資格を持ったセキュリティスタッフの不足(98%)」、「ステルス攻撃/サイバー攻撃の巧妙化(94%)」などをITセキュリティリスクとして認識 日本人回答者の72%が「セキュリティに対するマインドの向上やリスクの軽減には新しいITセキュリティのフレームワークが必要である。」と回

2016年3月17日資生堂★フィードバック数:0大型消費/投資

<現代女性の約8割がストレスを実感する時代> 新たなストレスとの向き合い方「マインドフルネス」と「濃密泡の洗顔」によるストレスの緩和、心のリフレッシュの効果を科学的に実証!

[株式会社資生堂] ,資生堂 専科 マインドフルネス スピーディーパーフェクトホイップ パーフェクトホイップ パーフェクトウォータリーオイル パーフェクトリキッド パーフェクトジェル スキンケアブランド 濃密泡の洗顔

2016年3月1日アットホームフィードバック数:0大型消費/投資

“UNDER30″私たちの選び方 ~部屋探しのプロセス&マインド~(2015年 全国)

“UNDER30″私たちの選び方 ~部屋探しのプロセス&マインド~(2015年 全国)

2015年2月13日マクロミル★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の影響を見ています。

8%増税~年末年始の消費動向を、定点観測調査から振り返る

8%増税~年末年始の消費動向を、定点観測調査から振り返る ~わずか3%の消費税率引き上げが、生活者の消費行動に大きなインパクトを与える~ 2015年02月13日消費増税により急落した消費マインド、緩やかに上昇するも、年末消費の山では前年値に届かず冬休みの個人消費金額、観測スタート以来最低の「54,200円」8%増税による消費の引き締めは引きずるものの、春に向けた先行きの景況感は“前向き”株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役:小西克己)は、8%増税から1年を迎えるにあたり、この1年の消

2014年12月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年11月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 11月消費統計振れの大きい項目の下押しを他の項目の増加が補う 2014年12月26日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年11月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+0.6%と増加しており、家計調査に見る個人消費は持ち直しの動きを示している。◆供給側か

2015年経済の夢

わたしの意見 ― 水野 創2015年経済の夢(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月25日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] あと数日で2015年を迎えます。本年のビジネスレターは今回で最後の予定です。この一年の皆様のご支援に改めてお礼申し上げます。今年の最後は、2015年経済の夢です。2014年は消費税再引き上げの決断が出来ず残念な年となりましたが、2015年はより元気な年になると信じています。(海外経済)・米国経済が力強く回復し、日本からの輸出増加を含め世界

2014年12月12日三菱総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本:マインド関連指標(2014年11月)

日本:マインド関連指標(2014年11月)

2014年10月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米株価下落、利上げ観測後退の再検討 ~マネタリー要因が強く、マインドは不安定~

米株価下落、利上げ観測後退の再検討 ~マネタリー要因が強く、マインドは不安定~

2014年9月26日ダイヤモンド社★フィードバック数:0企業情報システム

2001年と2012年の調査結果の比較です。

経営者のITマインドは、11年間進化していない!――調査で見えた、経営とITを分かつ「深い谷」

経営者のITマインドは、11年間進化していない!――調査で見えた、経営とITを分かつ「深い谷」

2014年8月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

対ロ関係悪化による欧州への影響~マインド悪化を通じた景気下振れのリスク~

対ロ関係悪化による欧州への影響~マインド悪化を通じた景気下振れのリスク~

2014年7月28日内閣府フィードバック数:0社会/政治

タイ:民間消費低迷の背景

今週の指標 No.1101 タイ:民間消費低迷の背景 ポイント2014年7月28日実質GDP成長率(前年比)が、2014年1~3月期にマイナスに転じるなど(図1)、タイの景気は弱い動きとなっているが、こうした動きをもたらした要因の一つは、民間消費の低迷といえる。GDP成長率に対する民間消費の寄与度は13年7~9月期以降マイナスが続いている。また、民間消費指数(季節調整値)でみても、13年以降14年4月までは減少傾向が続いてきた(図2)(注1)。消費低迷の背景には、消費マインドの悪化がある。11年

けいざい早わかり 2014年度第4号:消費税率引上げ後の個人消費

2014/06/13調査部 尾畠 未輝 Q1.増税後の個人消費の落ち込みは「想定内」ということですが Q2.賃金が上がって増税の影響は緩和されますか? Q3.消費者のマインドも持ち直していますね Q4.今後、個人消費は持ち直していくのでしょうか?

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 円滑な緩和縮小が重要に

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 円滑な緩和縮小が重要に寒波で経済指標は軟調でもマインドは冷え込んでいない ◆悪天候を背景に軟調な経済指標が相次いでいる。自動車販売などの個人消費が落ち込み、企業活動も精彩さを欠く。ただし、マインド面では、消費者センチメントや企業マインドは低下したものの、なおポジティブさを失っていない。◆連邦政府の債務上限が2015年3月まで一時撤廃され、2014年度予算の成立と合わせて当面の財政関連の

2014年2月21日アットホーム★★フィードバック数:0大型消費/投資

一人暮らしの部屋選びについての調査です。

UNDER30私たちの選び方 ~部屋探しのプロセス&マインド~(2013年 首都圏)

UNDER30私たちの選び方 ~部屋探しのプロセス&マインド~(2013年 首都圏)

グラフで見る景気予報(2013年9月)

2013/09/03 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。マインドの改善を背景に個人消費が底堅く推移し、輸出が世界経済の回復を背景に持ち直している。また、経済対策効果により公共投資は増加が続き、住宅着工が増加しているほか、雇用が緩やかに改善し、賃金も下げ止まりつつある。こうした内外需要の持ち直しを背景に、生産は持ち直している。今後も、公共投資、個人消費の増加が続き、輸出の回復が生産の押し上げに寄与すると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。企業業績やマインドの改善にともなって、設

2013年8月5日プレジデント社★フィードバック数:0キャリアとスキル

年収による回答の違いを見ています。

「仕事とお金」に関するアンケート

人間は、行動したときの後悔より行動しなかったときの後悔のほうが深く残るという。年収の高い人はどのように決断し、動くのか。シンガポールを拠点に活躍する嶋津良智氏が体験を交えつつ解説する。調査概要/gooリサーチとプレジデント編集部の共同調査により、「仕事とお金」に関するアンケートを2012年2月1~5日の期間で実施。個人年収1500万円以上で349サンプル、年収500万円で350サンプルの有効回答を得た。うまくいったときも、振り返って分析するアンケートの結果では、年収1500万円以上の3人に2人が

グラフで見る景気予報(2013年8月)

2013/08/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。マインドの改善を背景に個人消費が底堅く推移し、輸出が世界経済の回復を背景に持ち直している。また、経済対策効果により公共投資は増加が続き、住宅着工が増加しているほか、雇用が緩やかに改善し、賃金も下げ止まりつつある。こうした内外需要の持ち直しを背景に、生産は持ち直している。今後も、公共投資、個人消費の増加が続き、輸出の回復が生産の押し上げに寄与すると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。企業業績やマインドの改善にともなって、設

2013年7月5日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2013年7月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2013年7月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2013年7月4日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(13年4月)と比較すると、8地域(北海道、北陸、関東甲信越、東海、近畿、中国、四国、九州・沖縄)から判断を引き上げる報告があった。各地域からの報告をみると、家計・企業マイ

グラフで見る景気予報(2013年7月)

2013/07/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。マインドの改善を背景に個人消費が底堅く推移しているほか、生産の持ち直しが続き、輸出も世界経済の回復を背景に持ち直しの動きがみられる。また、公共投資は増加が続き、雇用は緩やかに改善し、住宅着工が増加している。今後も、公共投資、個人消費の増加が続き、輸出の回復が生産の押し上げに寄与してくると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。企業業績やマインドの改善にともなって、設備投資も増加基調に転じると期待される。一方、賃金の弱含みが続

グラフで見る景気予報(2013年6月)

2013/06/04 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。マインドの改善を背景に個人消費が底堅く推移しているほか、生産の持ち直しが続き、輸出も世界経済の回復を背景に持ち直しの動きが出てきた。また、公共投資は増加が続き、雇用には持ち直しの動きがみられる。今後も、公共投資、個人消費の増加が続き、輸出の回復が生産の押し上げに寄与してくると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。企業業績やマインドの改善にともなって、足元では弱含んでいる設備投資も、増加基調に転じると期待される。一方、賃金の

2013年5月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:3月ドイツ鉱工業生産 ~受注・生産統計は改善、マインド指標と乖離~

欧州経済指標コメント:3月ドイツ鉱工業生産 ~受注・生産統計は改善、マインド指標と乖離~

2013年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 慎重さを強めた消費者(13年3月小売売上高) ~マインドの悪化、税還付の遅れ等により弱含み~

米国 慎重さを強めた消費者(13年3月小売売上高) ~マインドの悪化、税還付の遅れ等により弱含み~

わかりやすいまとめです。

グラフで見る景気予報(2013年4月)

2013/04/02 【今月の景気判断】景気に持ち直しの動きがみられる。公共投資が順調に増加しているほか、自動車の増産などを背景に生産が持ち直しており、輸出も世界経済の回復ペースの高まりを背景に下げ止ってきた。賃金は弱含んでいるものの、雇用に持ち直しの動きが見られ、消費者マインドも改善し、個人消費にも持ち直しの動きがみられるようになってきた。今後は、引き続き公共投資が増加基調で推移して景気を下支えするとともに、輸出の回復が生産の押し上げに寄与すると予想され、景気の持ち直しの動きが強まってこよう。

2013年4月1日大和総研フィードバック数:3社会/政治

2月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆実質消費支出は前年比+0.8%と2ヶ月連続のプラスとなった。季節調整値で見ても前月比+2.2%と2ヶ月連続の増加、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+1.5%と3ヶ月連続の増加となった。昨年がうるう年であったにもかかわらず消費金額は前年比で増加しており、供給側の統計である小売販売金額も増加が続いている。消費者マインドも高水準での推移が続いており、2月の個人消費

グラフで見る景気予報(2013年3月)

2013/03/04 【今月の景気判断】景気に持ち直しの動きがみられる。公共投資が順調に増加しているほか、自動車の増産などを背景に生産が持ち直しており、輸出も世界経済の回復ペースの高まりを背景に下げ止ってきた。賃金の弱含みを背景に個人消費が横ばいにとどまっているものの、雇用に持ち直しの動きが見られ、消費者マインドも改善している。今後は、2012年度補正予算によって公共投資が増額され、震災後の復旧・復興工事と合わせて景気を下支えするとともに、輸出の回復が生産の押し上げに寄与すると予想され、景気の持

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ