調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マクロ経済スライド

「マクロ経済スライド」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年12月11日Pmasフィードバック数:0社会/政治

年間100万円足りない!?マクロ経済スライド開始後の年金生活を、現役世代は厳しく予想(2015年秋)

Pmas |企業年金制度・退職給付会計・年金資産運用等に関する解説・最新情報を発信 年間100万円足りない!?マクロ経済スライド開始後の年金生活を、現役世代は厳しく予想(2015年秋) はじめに少子高齢化の影響により、財政運営が課題となっている公的年金。2015年から、ついにマクロ経済スライドによる調整が始まり、公的年金の所得代替率(※)は低下する方向に進んでいます。(※)年金を受け取り始める時点(65歳)における年金額が、現役世代の手取り収入額と比較してどのくらいの割合か、を示す

新しい「世代間の助け合い」-年金の「マクロ経済スライド」と「保険料引上げの停止」

新しい「世代間の助け合い」-年金の「マクロ経済スライド」と「保険料引上げの停止」 | ニッセイ基礎研究所 新しい「世代間の助け合い」-年金の「マクロ経済スライド」と「保険料引上げの停止」 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月15日に今年の4~5月分の公的年金が振り込まれる。年金の振込日といえば、近

公的年金は増額傾向? 欠かせないデフレ脱却

公的年金は増額傾向? 欠かせないデフレ脱却 | ニッセイ基礎研究所 公的年金は増額傾向? 欠かせないデフレ脱却 金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長 梅内 俊樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年に引き続き、今年度も2%台の賃上げが実施される見込みである。ベースアップに踏み切る企業は全体の半数程度に留まりそうであるが、個人の所得環境は明らかに

2015年4月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

課題が残るマクロ経済スライド改正案

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年4月7日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司6月から支給が開始される2015年度の年金額は、14年度から0.9%引き上げられる。消費税増税や円安で最近の物価は上昇傾向にあるが、年金額は物価の変化に応じて変動するのが基本である。ただ14暦年の消費者物価上昇率は2.7%だったから、0.9%では物価に追いつかない。その理由は、デフレ下で払われ過ぎてきた分の調整、物価と賃金の上昇率

2015年3月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

マクロ経済スライド初めて実施へ~2015年度の年金額は0.9%引き上げ~

みずほインサイト政 策2015 年 3 月 5 日マクロ経済スライド初めて実施へ政策調査部上席主任研究員2015 年度の年金額は 0.9%引き上げ03-3591-1308堀江奈保子naoko.horie@mizuho-ri.co.jp○ 2015年度の年金改定率は、「現役人口の減少」や「平均余命の伸び」に応じて年金額の伸びを調整する「マクロ経済スライド」が初めて実施されることから、本来の改定率より0.9%抑制される○ 2015年度は特例水準の解消0.5%の抑制も実施されるが、年金改定率はプラス0

実はブレーキがない年金削減!?~マクロ経済スライド終了手順の議論、決定、周知を

実はブレーキがない年金削減!?~マクロ経済スライド終了手順の議論、決定、周知を | ニッセイ基礎研究所 実はブレーキがない年金削減!?~マクロ経済スライド終了手順の議論、決定、周知を 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 現在の年金制度は、年金財政がバランスするまで給付削減を続ける仕組みになっています。

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年公的年金財政検証結果を見渡す-“甘い”ばかりではない政府の見通し。女性の労働参加やリスクシナリオを見据えて議論の充実を

2014年公的年金財政検証結果を見渡す-“甘い”ばかりではない政府の見通し。女性の労働参加やリスクシナリオを見据えて議論の充実を | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2014年公的年金財政検証結果を見渡す-“甘い”ばかりではない政府の見通し。女性の労働参加やリスクシナリオを見据えて議論の充実を2014年公的年金財政検証結果を見渡す-“甘い”ばかりではない政府の見通し。女性の労働参加やリスクシナリオを見据えて議論の充実を 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンタ

2014年6月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

年金の財政検証による将来見通し~所得代替率50%維持には経済再生が不可欠~

みずほインサイト政 策2014 年 6 月 5 日年金の財政検証による将来見通し政策調査部上席主任研究員所得代替率 50%維持には経済再生が不可欠03-3591-1308堀江奈保子naoko.horie@mizuho-ri.co.jp○ 公的年金の2014年の財政検証結果が公表された。複数の労働力率の前提や経済前提をもとに、8つのケースの所得代替率の将来見通しが示された○ 女性や高齢者の労働力率の大幅な引き上げが実現し、政府が取り組む経済再生が進めば、将来にわたり所得代替率50%以上の給付水準を

2014年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み

2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み | ニッセイ基礎研究所 2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 去る1月31日に2014年度に向けた年金の改定率が発表された。名目額では0.7%の減額だが、実

高齢化と社会保障です。

人口減少社会における社会保障制度~痛みを世代間で分かち合う~

○日本では、平均寿命の上昇などを背景に人口の高齢化が進んでいる。高齢化の進展に伴い、社会保障給付費は増加が続いており、GDP比も上昇傾向にある。社会保障給付費の財源は、保険料収入や公的負担などであるが、保険料収入が伸び悩むなか、公的負担が拡大傾向にある。○日本の社会保障制度は、現役世代が保険料や税を拠出し、それをもとに高齢世代に給付を行うといった世代間の所得再分配が基本となっている。高齢者の世帯あたりの受給額は1990年代までは増加が続き、2000年代に入ってからは横ばいで推移しているが、高齢者

2014年1月26日京都大学フィードバック数:0社会/政治

年金財政と支給開始年齢等に関する定量的分析

KIER DISCUSSION PAPER SERIESKYOTO INSTITUTEOFECONOMIC RESEARCHDiscussion Paper No.1313“年金財政と支給開始年齢等に関する定量的分析”中澤正彦 ・影山昇 ・鳥羽建 ・高村誠2014 年 1 月KYOTO UNIVERSITYKYOTO, JAPAN年金財政と支給開始年齢等に関する定量的分析1中澤正彦2・影山昇3・鳥羽建4・高村誠51.はじめにわが国では、人口動態が変化し、高齢者一人当たりの生産年齢人口が急速に減少

2013年11月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

年金額の特例水準の解消開始~将来の給付減に備えた対策が課題~

みずほインサイト政 策2013 年 11 月 26 日年金額の特例水準の解消開始政策調査部上席主任研究員将来の給付減に備えた対策が課題03-3591-1308堀江奈保子naoko.horie@mizuho-ri.co.jp○ 年金額の特例水準の解消が開始される。2013年10月に1%、2014年4月に1%、2015年4月に0.5%の給付引き下げが行われ、特例水準2.5%が解消される予定である○ 特例水準解消後にマクロ経済スライドが実施されれば、将来の年金額は厚生年金世帯で2割減、国民年金世帯で3

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

物価スライドとマクロ経済スライド

よく分かる!経済のツボ物価スライドとマクロ経済スライド経済調査部物価スライド特例水準対応資料1藤下 直人年金水準の推移(概念図)10 月1日より年金額が1%削減されました。そして平成 27 年度までに計 2.5%削減されます。特例水準元来年金額は、物価変動が加味されます(これを物価スライドといいます)が、2000 年度以降3年間物価は下落したものの年金額は据置くという特例措置を実施しました。その際、本来の年金額に乖離が生じ、その後乖離幅は現在 2.5%▲2.5%(資料1)となり、今回本来の水準に

2013年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

マクロ経済スライドの完全実施について

マクロ経済スライドの完全実施について | ニッセイ基礎研究所 マクロ経済スライドの完全実施について 上智大学 経済学部 中里 透基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 公的年金制度の見直しについては、実際の給付額の水準と本来あるべき水準の間の乖離が今年度から3年間かけて是正されることとなっているが、この調整の完了後も、デフレ下を含めたマクロ経済スライドの完全実施という

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ