「マツダ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年1月17日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018 カスタマーが最も注目したのは「マツダ RX-8」

カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018 カスタマーが最も注目したのは「マツダ RX-8」 カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018 カスタマーが最も注目したのは「マツダ RX-8」 2017年12月11日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作する中古車情報メディア『カーセンサー』は、この一年で掲載された約6,000モデルの車の中から、ユーザーの購

2017年1月12日アイティメディアフィードバック数:0大型消費/投資

MONOist オートモーティブ 年間ランキング2016

2016年も自動車に関するさまざまなニュースがありました。各社の新型車やコンセプトカーからはパワートレインの多様化やデザインの進化が見られました。また、Volkswagen(VW)が電気自動車へシフトする姿勢を明確にした他、トヨタ自動車は全社的に大規模な組織変更を行うなど自動車メーカーの経営戦略にも変化がありました。さらに、ある自動車メーカーが長年にわたって続けてきた不正も明らかになりました。 そんな1年間で、MONOistのオートモーティブフォーラムで多く読まれた記事を振り返ってみます。201

2016年12月29日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2016-2017

現行型ハリアーは2013年12月にデビューしたクロスオーバーSUV。ハリアーとしては3代目にあたる。水平基調ののびやかなラインで構成されたボディや高級感のある内外装、優れた静粛性を実現した上質な乗り心地などが特徴で、新車価格は272万~469万円。初代ハリアーは1997年12月に、「WILD but FORMAL」のキャッチコピーとともに登場。高級クロスオーバーSUVの先駆け的存在となった。編集長よりコメントイヤーカーとなった「ハリアー」。流通量も増え中古車相場にも「旨み」がでてきたのが直接要因

2014年12月19日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2014-2015

[株式会社リクルートマーケティングパートナーズ] ,人気 調査 ランキング リクルート リサーチ 自動車 マツダ 日産 カーセンサー オブザイヤー

第38回:Car Brands 2010 in Chinaの上位車種・ブランド調査(2010)

ブランドなんでもランキング第38回:Car Brands 2010 in Chinaの上位車種・ブランド調査今年の第一四半期、中国でのGDPの成長率は前年比約12%の伸びというから中国の経済成長はすさまじいものです。日本ブランド戦略研究所ではこの度、Car Brands 2010 in China調査を行いました。認知度、広告接触度、機能的価値、情緒的価値、購入意向、プレミアム意向や他者への推奨意向など様々な観点から行った中国自動車市場での車種別ブランド調査です。今回はこのCar Brands

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アクセストップ10

ランキングINDEXへ
  1. ライフスタイル
    社員食堂に関する調査
  2. ★ ライフスタイル
    ビジネスパーソンのランチと社員食堂に関する調査
  3. ★ 大型消費/投資
    バレンタイン予測 2018
  4. ★ 企業情報システム
    700社以上の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」結果 中堅企業の8割が働き方改革に着手、一方で3割がセキュリティ事故の被害経験ありで対策が急務
  5. ★★ マーケティング
    サイバーエージェント、インフィード広告市場調査を実施
  6. ★★ 企業情報システム
    企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大 「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活用意向を示す~「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2018」より~
  7. ★ ライフスタイル
    社員食堂が1位!平均418円のエンジニア・ランチ事情
  8. ライフスタイル
    イマドキ女性の節約意識に関する調査2018
  9. 社会/政治
    イマドキ高校生、親世代より「忙しい」…理由にギャップ
  10. ★★ マーケティング
    マーケティング・販促・広報の仕事をしている735名に対して、2018年予算を増やしたい「Web広告」の調査を実施。
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ