調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マネーストック

「マネーストック」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32(2015年5月号)

統計情報2017 年 7 月 3 日全5頁景気が見えるグラフ32(2017 年 7 月号)データバンク課調査本部竹山 翠[要約]Ⅰ.国内景気GDP統計/実質成長率・・・・・・・・・・2次速報は+0.3%に下方修正鉱工業生産指数・・・・・・・・・・・・・・・・・・前月の反動もあり5月は前月比-3.3%日銀短観/業況判断DI・・・・・・・・・・大企業実績は2四半期連続で改善景気動向指数CI・・・・・・・・・・・・・・・・一致指数は前月比 2.7pt 上昇機械受注統計・・・・・・・・・・・・・・・・

2015年1月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32

統計情報2017 年 7 月 3 日全5頁景気が見えるグラフ32(2017 年 7 月号)データバンク課調査本部竹山 翠[要約]Ⅰ.国内景気GDP統計/実質成長率・・・・・・・・・・2次速報は+0.3%に下方修正鉱工業生産指数・・・・・・・・・・・・・・・・・・前月の反動もあり5月は前月比-3.3%日銀短観/業況判断DI・・・・・・・・・・大企業実績は2四半期連続で改善景気動向指数CI・・・・・・・・・・・・・・・・一致指数は前月比 2.7pt 上昇機械受注統計・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年6月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32 2014年6月号

統計情報2017 年 7 月 3 日全5頁景気が見えるグラフ32(2017 年 7 月号)データバンク課調査本部竹山 翠[要約]Ⅰ.国内景気GDP統計/実質成長率・・・・・・・・・・2次速報は+0.3%に下方修正鉱工業生産指数・・・・・・・・・・・・・・・・・・前月の反動もあり5月は前月比-3.3%日銀短観/業況判断DI・・・・・・・・・・大企業実績は2四半期連続で改善景気動向指数CI・・・・・・・・・・・・・・・・一致指数は前月比 2.7pt 上昇機械受注統計・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年3月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32(2014年3月号)

統計情報2017 年 7 月 3 日全5頁景気が見えるグラフ32(2017 年 7 月号)データバンク課調査本部竹山 翠[要約]Ⅰ.国内景気GDP統計/実質成長率・・・・・・・・・・2次速報は+0.3%に下方修正鉱工業生産指数・・・・・・・・・・・・・・・・・・前月の反動もあり5月は前月比-3.3%日銀短観/業況判断DI・・・・・・・・・・大企業実績は2四半期連続で改善景気動向指数CI・・・・・・・・・・・・・・・・一致指数は前月比 2.7pt 上昇機械受注統計・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年5月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(2013年5月13日~5月17日)

経済指標解説2013 年 5 月 10 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測徳田秀信(5/13~5/17)hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1298)内はみずほ総研予想13日 :4月のマネーストック(M2:前年比+3.0%、M3:同+2.5%、広義流動性:同+1.7%)14日 :4月の国内企業物価指数(前月比±0.0%、前年比▲0.3%)15日 :3月の第3次産業活動指数(前月比▲1.4%、前年比▲0.6%):4

2013年4月26日大和総研フィードバック数:10社会/政治海外

100兆元を超えた中国の貨幣供給量

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年3月末の中国の広義マネーサプライ残高(M2、中国では‘広義貨幣供应量余額’と呼ばれており、マネーストックよりマネーサプライが訳語としては近い)が103兆6,100億元(直近レートで約1,600兆円)、対前年同期比15.7%増と、初めて100兆元の大台を突破(破百、超百)したことから、改めて中国国内で、歴史的に高い伸び率を続け高水準となっているマネーサプライが話題になっている。M2の対名目GD

2013年4月22日大和総研フィードバック数:3社会/政治

異次元緩和の効果を発揮するには市場との対話と実体面の裏付けが必要

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 異次元緩和の効果を発揮するには市場との対話と実体面の裏付けが必要 黒田新日銀総裁のもとで初めて開かれた4月3~4日の金融政策決定会合において、「量的・質的金融緩和」の導入が決定された。市場参加者は文字通り「次元の異なる金融緩和」を驚きとともに好感し、円安・株高の流れが加速した。現在の日銀はインフレ率を2%とすることを目標としている。量的・質的金融緩和では、操作目標をマネタリーベース(銀行券などの流通現

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ