「マミー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年12月29日マミーゴーフィードバック数:0ライフスタイル

2016年クリスマスにおける消費調査

プレスリリース☆2016年クリスマスにおける消費調査を実施報道関係者各位プレスリリース2016年12月19日株式会社マミーゴー主婦・ママの働くを作るマミーゴーが2016年クリスマスにおける消費調査を実施しました!〜お子様1人につきクリスマスプレゼント予算は5,000円未満が半数!〜株式会社マミーゴー(所在地:東京都港区六本木、代表取締役:荻野 久美子、以下 マミーゴー)は、「女性活用」や「多様な働くスタイル」の時流を背景に、いつでもどこでも活躍できる=多様な働くスタイルの術をもつ女性を作ることを

第40回 お子さまからどう呼ばれたいですか? 2001.09.20~2001.09.26

●分析あなたは小さい頃、ご両親のことを何と呼んでいましたか? ずっと同じ呼び名でしたか? それともある時期から変わりましたか? ちなみに私は「お母さん・お父さん」。少しだけ「パパ・ママ」と呼ぶのにあこがれていたことを思い出しますね。みなさんも実際に大人になり、お子さまが「欲しい」とか「できた」、「生まれた」、「大きくなった」...それぞれの時期で思うことがあるでしょう。自分の名前ではない「親としての呼び名」についてどう思うか、今回も全国の55192パパママ・182名が質問に答えてくれました。では

2009年6月1日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

家庭での親の呼びかた、男性は「おやじ」、女性は「パパ」が多い?~そう呼んでいる理由は「小さい頃から呼んでいるから」

親の名前の呼びかたに関する意識調査 家庭での親の呼びかた、男性は「おやじ」、女性は「パパ」が多い?~そう呼んでいる理由は「小さい頃から呼んでいるから」家族の前で自分のことを「私や僕」と呼んだり、「あだ名」で指したりと様々な人がいるようだが、自分の親のことはどのように呼んでいるのだろうか。ネットユーザーを対象に調査を実施。集計回答数は、20代から40代の男女626名。うち、父親が健在なのは463名(74.0%)。母親が健在なのは559名(89.3%)。まず、父親が健在の人に、家庭での呼びかたを尋ね

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ