調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マルウェア

「マルウェア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月27日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第2四半期の脅威レポート

マカフィー、2017年第2四半期の脅威レポートを発表 2017年10月12日 - 医療機関とSNSユーザーがサイバー攻撃の標的になっている事実を指摘※当資料は、2017年9月26日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。McAfee Labsは、2017年第2四半期に発生したセキュリティ インシデントの26%が医療機関から報告されていることを確認Facebookの“いいね”を不正に出力するマルウェアであるFacelikerの急増を受け、第2四半期の新規マルウェア サンプル数は前期比67%増

2017年7月のマルウェア検出レポート

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 MALWARE REPORTマルウェアレポート | 流行したマルウェア 2017.7.31 2017年7月 マルウェアレポートショートレポート「2017年7月マルウェア検出状況」トピック1. 2017年7月の概況弊社マルウェアラボでは、2017年7月1日から31日までのESET製品国内利用の検出状況について集計しました。6月と同様に、メール経由のダウンローダー(別のマルウェアをダウンロードするマルウェア)が半数近くを占めていて

2017年6月 マルウェアレポート

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 MALWARE REPORTマルウェアレポート | 流行したマルウェア 2017.6.30 2017年6月 マルウェアレポートショートレポート「2017年6月マルウェア検出状況」:「VBA、PowerShell利用のマルウェアが急増」「Jaffランサムウェアの検出が増加」1. 6月の概況について弊社マルウェアラボでは、2017年6月1日から30日までのESET製品国内利用の検出状況について集計しました。全体的には、「ばらまき型

2017年7月11日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第1四半期の脅威レポート

フォーティネットは本日、最新のグローバル脅威レポートの調査結果を発表しました。 2017年6月30日フォーティネットジャパン株式会社フォーティネット、2017年第1四半期の脅威レポートを発表潜在的攻撃ベクトルが引き続き増加し分散インフラストラクチャの可視性と制御が低下している現状と、急増するCaaS(Cybercrime-as-a-Service)攻撃を減災するための自動化された高度なサイバー防御の重要性が明らかに高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーテ

2017年2月12日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度 企業の情報セキュリティリスク調査-2

ホーム カスペルスキーについて ニュース マルウェア 2017 <2016年度 企業の情報セキュリティリスク調査-2> セキュリティインシデントにおける日本企業の懸念は、従業員の不注意と知識不足。実際に情報セキュリティの問題を引き起こす原因でも2番目に

2016年12月29日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第3四半期の脅威レポート

インテル セキュリティ、2016年第3四半期の脅威レポートを発表 企業のセキュリティ オペレーション センター(SOC)を対象に行われた調査では、回答者の93%が潜在的な脅威すべての優先度を判断することは不可能と認める組織はセキュリティに関するアラートの平均25%を十分に調査できていないことが明らかに回答者の67%が、セキュリティ インシデントが増加したと回答回答者の26%が、事前対策型のセキュリティ運用プランがあるにも関わらず、事後対応型の運用を行っていると回答2016年初め以降、ランサムウ

2016年12月22日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

カスペルスキーセキュリティ意識調査

[株式会社カスペルスキー] ,セキュリティ ウイルス マルウェア カスペルスキー 断捨離 Kaspersky ソフトウェアアップデート

2016年12月1日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年サイバー脅威の予測

[本リリースは、2016年11 月16日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づいた抄訳です]Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)は、年次のサイバー脅威動向レポートで、2017年のサイバー脅威の傾向と予測を次の通りまとめました。※1■ サイバー脅威の傾向IOCの信頼性が低下 脅威存在痕跡(Indicators of Compromise :IOC)はこれまで、マルウェアの特徴を共有し感染を検知する有効な手段でしたが、今年、GReATが標的型攻撃を行

2016年11月28日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kaspersky Labレポート:デジタル健忘症

ホーム カスペルスキーについて ニュース マルウェア 2016 <Kaspersky Labレポート:デジタル健忘症>日本のネット利用者の7割以上が「デジタルデバイスへの依存により昔に比べ記憶しなくなった」と回答、その傾向は30代未満でさらに強く

チェック・ポイント・セキュリティ・レポート2016年版

Menu 製品およびサービスに関する お問い合わせ(日本) >> 企業を狙った未知のマルウェアが前年比9倍に増加、従業員による新種マルウェアのダウンロードは4秒に1回発生 ― チェック・ポイント・セキュリティ・レポート2016年版を発表 ― Check Point Press Releases 企業を狙った未知のマルウェアが前年比9倍に増加、従業員による新種マルウェアのダウンロードは4秒に1回発生 ― チェック・ポイント・セキュリティ・レポート2016年版を発表 ― 調査対象企業の80%でフィ

2016年9月26日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第2四半期の脅威レポート

インテル セキュリティ、2016年第2四半期の脅威レポートを発表 1億2,100万米ドル(約121億円*)規模のランサムウェア ネットワークでの取引を調査した結果、特定のビットコイン アカウント経由で病院を標的とした攻撃の身代金として、10万米ドル(約1,000万円*)支払われたことが明らかに情報漏えいに関する調査で、業界別では医療業界および製造業の情報漏えい対策が最も遅れており、調査対象企業の25%以上が従業員や顧客のデータ共有やアクセスを監視していないことが明らかにユーザーの操作やUSBな

2016年6月22日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第1四半期の脅威レポート

インテル セキュリティ、 2016年第1四半期の脅威レポートを発表 ソフトウェアの更新プログラムの適用が遅れることで、サイバー犯罪者がモバイル アプリを悪用可能にさまざまな悪意のある攻撃を実行可能な“共謀”のためのコードを備えた21種類5,000バージョン以上の消費者向けモバイルアプリを特定トロイの木馬であるPinkslipbotの最新バージョンでは、分析回避と多層型の暗号化の機能を新たに搭載2016年第1四半期の新たなランサムウェアの数は、前四半期比で24%増加2016年第1四半期の新たなモ

2016年5月10日マカフィーフィードバック数:0モバイル

モバイル脅威レポート: 2016年動向予測

HOME Corporate モバイル脅威レポート: 2016年動向予測モバイル脅威レポート: 2016年動向予測Mobile World Congressが大盛況のうちに終わり、そろそろモバイルセキュリティに関する統計や洞察を共有する頃合いではないかと思います。昨年は、業界に大きな影響を与えた大きな事件が多数発生しました。インテル セキュリティの2016年最初のモバイル脅威レポートでは、モバイルの世界に影響をもたらした主要なインシデントやデータ、これらの統計が一般的なモバイルユーザーにとって何

2016年5月2日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート脅威レポート2016

個人のお客さま 法人のお客様 販売パートナー サポート ウェブルート、次世代のサイバー脅威の様相と標的型攻撃の傾向を探る「ウェブルート脅威レポート2016」を発表ポリモーフィック型マルウェアの台頭、不正なIPアドレスの増加で日本は3位にランクイン、PUAの急増によって従来型のサイバーセキュリティ防御が無力化 2016年4月19日 – 東京– ウェブルート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤誉三、以下ウェブルート)は「ウェブルート脅威レポート2016」を発表しました。ウェブルートが毎

2016年3月7日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業ネットワーク上を往来する、これまで検出されなかったサイバー脅威の蔓延を明らかに

フォーティネットは本日、フォーティネットのセキュリティ診断プログラム(CTAP: Cyber Threat Assessment Program)のデータ分析に基づき、企業ネットワークのセキュリティとパフォーマンスに重大な影響を与える、これまで検出されなかったサイバー脅威とボトルネックについて発表しました。 2016年3月2日フォーティネットジャパン株式会社フォーティネット、企業ネットワーク上を往来する、これまで検出されなかったサイバー脅威の蔓延を明らかにフォーティネットがグローバルに

2015年6月10日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年第1四半期の脅威レポート

マカフィー、2015年第1四半期の脅威レポートを発表 CTB-Lockerファミリ、新しいファミリであるTeslacrypt、新バージョンのCryptoWall/TorrentLocker/BandarChorなどのランサムウェアの蔓延により、2015年第1四半期には新しいランサムウェアが165%も急増攻撃者の標的がJavaアーカイブやMicrosoft Silverlightの脆弱性から、パッチ未対応のAdobe Flashの脆弱性へと移行したことにより、新しいAdobe Flashマルウェ

2015年4月30日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年下半期脅威レポート

エフセキュア、新しい調査レポートで恐喝型マルウェアの拡大を警告2015年04月30日08:00ツイートfsecure_blogヘルシンキ発サイバーセキュリティ企業であるエフセキュアは、新しい調査レポートを公開し、無防備な携帯電話ユーザやPCユーザから金銭を恐喝するマルウェアが増加していることを指摘しています。新しい脅威レポートによると、トロイの木馬やランサムウェアを送信するプレミアムSMSメッセージなどのマルウェアは拡大を続けており、今日、デジタルの脅威の状況において注意を要する存在となっていま

2015年2月のマルウェアランキング

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 MALWARE REPORTマルウェアレポート | 流行したマルウェア 2015.2.1 2015年2月 日本のマルウェアランキング2015年2月のランキングの注目は次の2つの脅威です。SWF/Iframeについては、Adobeから脆弱性が数件公表されており、意外ではないと思います。詳細な解説については、次のURLをご覧ください。もう1つは、悪意のあるコード内でVBScriptを悪用する脅威です。詳細な解説については、次のUR

2015年2月25日Lookoutフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本におけるモバイル脅威

はじめに 2014年のモバイルセキュリティ分野での注目すべきグローバルな傾向は、新たな攻撃の手法が開発された こと、また全般に脅威が高度化しつつあることで、中でも新しく台頭したNotCompatibleの変異型は検知・対 抗手段を免れるための複雑な自己防衛のメカニズムのレイヤーを持っていました1。新しいランサムウェアに よる攻撃も西半球、特にアメリカで大きく勢力を伸ばし、アメリカでは2014年、こうした攻撃が原因でモバイル のマルウェア遭遇率は75%も押し上げ

2015年1月15日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

カスペルスキーのレポートです。

数字で振り返る2014年のサイバー脅威:悪意ある攻撃は10億件増加

[本リリースは、2014年12月8日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]Kaspersky Lab のグローバル調査分析チーム(Global Research and Analysis Team:GReAT)※1が、2014年のサイバー脅威の状況を総括した結果によると、2014年はユーザーのコンピューターやモバイルデバイスに対する悪意のある攻撃が大幅に増加しただけでなく、金融関連のマルウェアがさらに進化しました。Web攻撃のベクトルには変化がみられ、2013年はWeb

2014年6月26日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業におけるLinuxサーバのセキュリティ対策の実態について調査

エフセキュア、Linuxサーバのセキュリティの実態を調査、14%の管理者が重大な被害を経験していたことが判明2014年06月26日08:00ツイートfsecure_blog東京発エフセキュアは2014年5月、調査パネルを持つインタネーネットリサーチ企業の協力により、企業におけるLinuxサーバのセキュリティ対策の実態について調査を実施しました。Webサーバ等のOSとしてLinuxを利用する企業の管理者の皆様から308件の有効回答をいただきました。この調査結果から、管理者の方の14%が、重大なセキ

2014年1月22日Sofos★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ソフォスのレポートです。

「セキュリティ脅威レポート 2014」(日本語版)

~高度化とステルス化が進むサイバー犯罪によって、 劇的に変化する 2014年のセキュリティ動向を予測~法人向けセキュリティ・アンド・データプロテクション大手のソフォス(本社:英国アビンドン、日本法人:東京都港区・代表取締役:堀 昭一)は、最新の「セキュリティ脅威レポート 2014 ~高度化とステルス化が進むマルウェア~」(日本語版)を公開しました。本レポートでは、昨年発生したサイバー犯罪の手法の変化について解説し、2014年に悪用される恐れがある攻撃手法について予測しています。今年、サイバー犯罪

2013年12月11日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年第3四半期のスパム:ユーザーのデータを標的とする悪質なスパムが急増

本リリースは、2013年 11 月 7 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。すべてのメールトラフィックにおけるスパムの割合は、前四半期(Q2)から 2.4 ポイント減少し、68.3% となりました。一方で、悪質なスパムの割合は、1.5 倍以上に増えています。また、E メールにより拡散されるマルウェアの大半が、ユーザーのログイン情報やパスワード、金融情報を狙うものでした。2013 年 Q3 には、フィッシングメールの割合が前期比で 3 倍に増加しました。E メール経由で広

2013年9月 日本のマルウェアランキング

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 MALWARE REPORTマルウェアレポート | 流行したマルウェア 2013.9.1 2013年9月 日本のマルウェアランキング先月に続き今月も第1位を獲得したのはSWF/Exploit.Agent.FEでした。この脅威の世界規模でのトレンドを示す2つ目のグラフからは、感染率が上昇傾向にあることが読み取れます。SWF/Exploit.Agent.FEは、細工が施されたShockwaveのコードを使用して、脆弱なFlash

2013年10月25日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

61%のユーザーは被害をうけたデータを完全には復元できない

本リリースは、2013 年 9 月 4 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。大事なデータがマルウェアの攻撃によって壊滅的な被害をこうむることがあります。さらに悪いことに、一旦壊滅的な被害をうけたデータは元に戻せる保証がありません。今夏、Kaspersky Lab と ビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した調査では、マルウェアの攻撃によって失われたデータをすべて復元できたユーザーはわずか39%でした。残りの61%のユ

2013年8月度のマルウェアランキング

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 MALWARE REPORTマルウェアレポート | 流行したマルウェア 2013.8.1 2013年8月 日本のマルウェアランキング8月は、2種類の脅威が注目を集めました。1つ目はWin32/DDoS.Orbiterです。この脅威の詳細な解説については、次のURLをご覧ください。この脅威については、ESETブログでも詳しく取り上げています。2つ目はSWF/Exploit.Agent.FEと命名された脅威です。細工が施されたSh

2013年3月3日シスコシステムズフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

シスコ 年次セキュリティ レポート 2013

シスコの年次セキュリティ レポート:忍び寄る危機の実態が明らかに シスコの年次セキュリティ レポート:忍び寄る危機の実態が明らかに世界の次世代社員層のオンライン アクティビティで拡大する主な脅威 2013 年 2 月 28 日 シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:平井 康文、本社:東京都港区 以下シスコ)は本日、世界規模で行った 2 件 の調査結果を発表しました。この調査報告は、モバイルの浸透に伴い、従業員の生活時間における仕事と私生活の垣根がますます曖昧になっていく中で、企業、IT 部

2012年12月5日マカフィーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

11月のサイバー脅威の状況

マンスリー ウイルスレポート マンスリー ウイルスレポート マカフィー、11月のサイバー脅威の状況を発表~世界中でBlackholeが大流行、日本でも対策急務~マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区)より、2012年11月のサイバー脅威の状況を発表します。・PC以下は、マカフィーのデータセンターで把握している情報をもとにトップ10を算出し、マカフィーの研究機関であるMcAfee Labs (マカフィー ラボ)の研究員が分析をしたものです。分析結果を受け、McAfee Labs東京 主任研

2012年11月12日マカフィーフィードバック数:6セキュリティ/ネットワーク

10月のサイバー脅威の状況

マンスリー ウイルスレポート マンスリー ウイルスレポート マカフィー、10月のサイバー脅威の状況を発表マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区)より、2012年10月のサイバー脅威の状況を発表します。・PC以下は、マカフィーのデータセンターで把握している情報をもとにトップ10を算出し、マカフィーの研究機関であるMcAfee Labs (マカフィー ラボ)の研究員が分析をしたものです。分析結果を受け、McAfee Labs東京 主任研究員の本城信輔は、以下のように述べています。【ウイルス】

2012年4月25日Sofosフィードバック数:35セキュリティ/ネットワーク

Macのマルウェアに関する調査

法人向けセキュリティ・アンド・データプロテクション大手のソフォス(本社:英国アビンドン、日本法人:神奈川県横浜市・代表取締役:堀 昭一)は、Macのマルウェアに関する独自調査の結果を発表しました。 ソフォスのアナリストが、ソフォスが無料提供しているウイルス対策ソフトウェア、「Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition」をインストールしている 10 万台のMacコンピュータの7日間分のスナップショットを分析した結果、5 台に 1 台の 割合でMac にWindow

2011年8月3日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「グローバル IT セキュリティリスク」に関する調査結果の第 3 弾

~数字で見るセキュリティ:72%の企業がソーシャルネットワークサービスへのアクセスを制限~本リリースは、2011 年 7 月 14 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。 Kaspersky Lab がビジネス調査を専門にするグローバル調査会社 B2B International と共同で実施した「グローバル IT セキュリティリスク(Global IT Security Risks)」*1に関する調査から、従業員の活動で最も頻繁に制限されている対象が明らかになりました。

2011年6月6日マカフィーフィードバック数:32セキュリティ/ネットワーク

世界で最もゾンビの多い国ランキング2011

HOME McAfee Labs 世界で最もゾンビの多い国ランキング2011世界で最もゾンビの多い国ランキング2011世界のスパムメールの80%が、「ゾンビ」から送信されています。「ゾンビ」とは、サイバー犯罪者に乗っ取られ、画面の前のユーザー本人に知られずに遠隔操作が可能な状態になっているPCを指します。犯罪者のコントロール下にある多数のゾンビで構成されたネットワークはボットネットと呼ばれ、サイバー犯罪者に悪用されています。スパムメール送信以外にも、ボットネットはWebサイトの攻撃、ユーザーのP

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ