調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マルウェア感染

「マルウェア感染」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月7日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第1四半期の脅威レポート

マカフィー、2017年第1四半期の脅威レポートを発表 2017年6月27日 - マカフィー、2017年第1四半期の脅威レポートを発表※当資料は、2017年6月20日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。2017年第1四半期中、1分あたり244件、1秒あたり4件近くのサイバー上の脅威をMcAfee Labsが新たに検知アジア太平洋地域のモバイル マルウェア感染率が2倍に増加し、世界の感染率が57%上昇過去4四半期で検知されたモバイル マルウェアの合計サンプル数は1,670万個で、前年同期比

2016年3月2日Lookoutフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「モバイル端末からの機密データ漏えいにおける経済的リスク」に係る調査

2016年2月28日Lookout、「モバイル端末からの機密データ漏えいにおける経済的リスク」に係る調査結果を発表 「Global 2000」の企業のモバイルセキュリティ状況を徹底解剖 マルウェア感染端末一台あたり約100万円もの損失額 モバイルセキュリティ分野で最先端を行くLookout, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジム・ドルチェ、日本法人:ルックアウト・ジャパン株式会社、執行役社長:大須賀雅憲)は、プライバシー、データ保護や情報セキュリティに関する調査を得意とするPon

グローバル脅威インテリジェンス・レポート(GTIR)2015

南北アメリカヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA) EMEA: (ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス) グローバル化で多様化・巧妙化するICT環境へのリスク 世界14か国、1400名以上のセキュリティ専門家がグローバルシームレスなセキュリティ対策を実現します。 GEMによるグローバル統一基準でのリスク定量化・管理手法でお客様のリスクマネジメントの現状把握と課題解決を図ります。 人工知能搭載のSIEMエンジンとセキュリティオ

2014年3月5日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年下半期 Tokyo SOC 情報分析レポート

Tokyo SOC 情報分析レポート世界10拠点のセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)にて観測したセキュリティー・イベント情報の分析 2016年下半期Tokyo SOCレポート2016年下半期にTokyo SOCで観測された攻撃を分析した結果、以下の実態が浮かび上がりました。不正な添付ファイルを使用した攻撃がさらに増加し前期比約2.5倍に 2016年3月より増加したメールによる攻撃は2016年下半期も頻繁に行われ、Tokyo SOCで検知した不正メールの件数は2016年上半期と比

2013年8月26日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク要登録

2013年上半期 Tokyo SOC 情報分析レポート

Tokyo SOC 情報分析レポート世界10拠点のセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)にて観測したセキュリティー・イベント情報の分析 2016年下半期Tokyo SOCレポート2016年下半期にTokyo SOCで観測された攻撃を分析した結果、以下の実態が浮かび上がりました。不正な添付ファイルを使用した攻撃がさらに増加し前期比約2.5倍に 2016年3月より増加したメールによる攻撃は2016年下半期も頻繁に行われ、Tokyo SOCで検知した不正メールの件数は2016年上半期と比

2013年7月10日カスペルスキーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

57%の企業が社員の利用するアプリケーションをコントロールできず

本リリースは、2013年 5 月 15 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。サードパーティ製のアプリケーションの起動を制限することは、企業のワークステーションのセキュリティを向上させ、従業員の業務効率を高めることに繋がります。しかし、Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した調査によれば、企業の 57% がアプリケーションコントロールのためのツールを使用していないことが分かりました。サイバー

2013年3月21日カスペルスキーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

35%の企業がITセキュリティ対策の不備によりデータ漏えいの被害に

本リリースは、2013 年 1月 10 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。B2B International 社のアンケート*により、35%もの企業がマルウェア感染によるデータ漏えいの経験があることが分かりました。もっとも、データ漏えいの原因はマルウェアだけではありません。また、漏えいの結果、被害は企業や従業員だけでなく、顧客にも及びます。こうした事態を防ぐためにも、企業はITインフラ全体に強固なマルチレベル(多層)の保護を導入する必要があります。主な調査結果:データ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ