調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マルチスクリーン

「マルチスクリーン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年10月27日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者のマルチスクリーン利用状況

スマートフォンで家族や友人とコミュニケーションし、パソコンで情報収集や買い物商品やサービスの閲覧、購入ともにオンラインショッピングはパソコンからの利用が主流ただし若年層ではスマートフォンからの購入が主流SVODでの動画視聴はパソコンからが最多。セットトップボックスからの利用も多い視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、販売を開始した消費者のマルチスクリーンの利用動向調査「Nielsen Digital Consumer Database 2015 (ニールセン・デジタル・コンシューマ

2013年12月8日Yahoo!★フィードバック数:0マーケティング

Yahoo!の調査です。

マルチスクリーン(後編)動画視聴とショッピングの現在

【デバイス別動向】デバイスから見るインターネットユーザー利用実態マルチスクリーン(後編)動画視聴とショッピングの現在更新日:2016.08.16 「いつでもどこでも好きなように」デバイスを利用できるようになった現在では、テレビ番組を見ている最中に関連するコンテンツを手元のスマートフォンやタブレットで検索したり、SNSで情報交換して話題を分かち合ったりする光景も当たり前になりつつあります。複数のデバイスを組み合わせてインターネットを利用する「マルチスクリーン」の時代を迎えたといえるでしょう。テレビ

2013年12月1日Yahoo!★フィードバック数:0マーケティング

Yahoo!の調査です。

マルチスクリーン(前編)複数のデバイスを使い分ける

【デバイス別動向】デバイスから見るインターネットユーザー利用実態マルチスクリーン(前編)複数のデバイスを使い分ける更新日:2016.08.16 かつて、パソコンをはじめとするデジタル機器の使用場所は、「屋内」そして「机の前」でした。しかし、パソコンの軽量化やスマートフォン、タブレットの普及にともない、ユーザーは机の前から解放され、今やデバイスを「いつでもどこでも好きなように」利用する時代を迎えています。加えて、「テレビで見かけた商品をスマートフォンでネット注文をする」「外出先の待ち時間にスマート

テレビ、PC、スマートフォンの利用についての調査です。

マルチスクリーン利用実態調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングマルチスクリーン利用実態調査 ◆ テレビを見ながらのネット利用は、7割に達する。中でも、「関連情報をネットで検索」が最も多く、6割強が利用。◆ 複数端末の同時利用で多い組み合わせは、① テレビ+スマートフォン② テレビ+パソコン③ パソコン+スマートフォン市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、マルチスクリーン(スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビ)の使用

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ