調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マーケティング調査

「マーケティング調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年2月22日ヴァリューズフィードバック数:0マーケティング

PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン第1弾」のマーケティング効果を調査

先頭へ末尾へ調査データ 2019年02月14日ライバル決済アプリを一挙に逆転PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン第1弾」のマーケティング効果を調査 ◆ピークの12月13日には、1日に471万人がアプリを起動◆50代以上のミドル、シニアと女性の関心を獲得◆増加する富裕層ユーザーネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、一般ネットユーザーの行動ログを用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、201

2019年1月18日電通沖縄フィードバック数:0マーケティング

情報接触動向の比較調査

【沖縄県民と東京在住者を対象にした「情報接触動向の比較調査」を実施】 ~調査結果を踏まえ、県内外の企業向けマーケティング支援活動を更に強化~ 株式会社電通沖縄(本社:那覇市 、社長:寺井 英嗣)は、2017年度に実施した「沖縄県内のお買いもの行動・意識調査」に続く第2弾として、20~50代の沖縄県民と東京在住者 計480名を対象にした「情報接触動向の比較調査」を実施しました。(協力:(株)電通[地域イノベーションセンター地方創生室]、沖縄なはマーケティングラボ[(株)ネオマーケティング])沖縄県

2018年12月28日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

中国人の食に対する意識と支出金額調査

先頭へ末尾へ調査データ 2018年12月04日若い中国人カップルに向けた食品ギフトにチャンスあり?中国人の食に対する意識と支出金額調査 ◆水分を大切にする中国人。“控える”よりも摂り方のバランスを重視。◆20代は食事の”回数”、30代からは食事の”質”を意識。◆食に最もお金をかけるのは20代男性。パートナーへのプレゼント用?アンケートとインターネット行動ログデータを組み合わせた市場調査および事業成長支援サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、中国

2018年12月13日Brightcove★★フィードバック数:0マーケティング

2018年版動画マーケティング調査

動画コンテンツがミレニアル世代の購買決定に影響を与えていることが ブライトコーブの調査で判明※当リリースは 2018 年 11 月 6 日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています動画用クラウドサービスの大手プロバイダーであるBrightcove Inc.(NASDAQ:BCOV、以下ブライトコーブ)は、2018年版動画マーケティング調査(2018 Video Marketing Survey)の結果を発表しました。本調査は、動画コンテンツが消費者の購入決定にどのような影響を与えるかを

2018年5月31日ニールセン★★フィードバック数:0エンタテインメント

ニールセン、スポーツマーケティングのトレンドを読む「SPONSORLINK」レポートを発表

「平昌でメダリストの認知が大幅アップ」「サッカーW杯を見たい人は半数以下」「Jリーグ金曜日開催による新規開拓のポテンシャルあり」東京、2018年5月29日 – 世界最大級のマーケティング調査&データ分析会社ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 秦英之)は、このたびスポーツファンの実態に関する調査結果を発表しました。本調査は『SPONSORLINK』と題し、年4回実施。最新の調査は2018年3月中~下旬に16~69歳の男女約2,500名を対象にオンラ

「RDIT」による衆議院議員選挙予測調査

「RDIT™」による衆議院議員選挙予測調査の実施 | プレスリリース | リサーチ・市場調査・マーケティング 「RDIT™」による衆議院議員選挙予測調査の実施 報道関係各位平成29年11月17日株式会社クロス・マーケティング クロス・マーケティング調査手法RDIT™を用いて選挙結果を予測衆議院選挙2017選挙期間中の変動をとらえる-選挙トレンドつかむ「アザー・キャスティング方式」と総得票数比率に近似する「好ましい政党」-  株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表者:五十嵐 幹

2016年2月11日Ginzamarkets★フィードバック数:0マーケティング

コンテンツマーケティング調査レポート2016年版

コンテンツマーケティング調査レポート2016年版日本におけるコンテンツマーケティングへの取り組み実態について、2016年版のBtoC向け調査を実施しました。調査実施は2016年1月、151名のマーケター(内、企業規模100名以上が66%、)の回答によるレポートとなります。※2014年版、2015年版の調査レポートはこちらよりご覧いただけます。日本のBtoC企業のマーケター約100名によるコンテンツマーケティング調査レポート(2014年) https://www.demandsphere.jp/b

2015年2月2日Ginzamarkets★フィードバック数:0マーケティング

コンテンツマーケティングについてのレポートです。

日本国内BtoCマーケターによるコンテンツマーケティング調査レポート2015年版

>>> 日本国内BtoCマーケターによるコンテンツマーケティング調査レポート2015年版日本国内BtoCマーケターによるコンテンツマーケティング調査レポート2015年版日本における、BtoCマーケターによるコンテンツマーケティングへの取り組み実態について、2015年版の調査を実施しました。調査実施は1月、100名のマーケター(内、企業規模100名以上が60%)の回答によるレポートとなります。※2014年版の調査レポートはこちらよりご覧いただけます。 日本のBtoC企業のマーケター約100名による

2010年9月30日電通フィードバック数:19マーケティング

人間の心理欲求に着目したマーケティング調査手法「欲求クラスター」を開発し、データ提供を開始

人間の心理欲求に着目したマーケティング調査手法「欲求クラスター」を開発し、データ提供を開始

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ