調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ミスマッチ

「ミスマッチ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月28日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

入社後活躍を実現する施策の優先順位を明らかにするために経営者・人事対象に調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース中途採用者の早期活躍には「採用」、定着には「フォロー」が重要。―「入社後活躍研究所」調べ― 中途採用者の早期活躍には「採用」、定着には「フォロー」が重要。―「入社後活躍研究所」調べ―人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)の「入社後活躍研究所」では、入社後活躍を実現する施策の優先順位を明らかにするために経営者・人事対象に調査を

2016年8月25日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

転職者の入社後活躍・定着度調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース転職者の入社後活躍・定着度調査 活躍・定着を妨げる大きな要因は、 職務内容や職場の雰囲気とのギャップ、給与・残業への不満。 ―「入社後活躍研究所」調べ― 転職者の入社後活躍・定着度調査活躍・定着を妨げる大きな要因は、職務内容や職場の雰囲気とのギャップ、給与・残業への不満。―「入社後活躍研究所」調べ―人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長

障がい者対象の調査です。

障がい者 就職・転職時の情報に関するアンケート調査

障がい者雇用に関する調査・研究・レポート 就職・転職時の情報に関するアンケート調査2015.5.20 実施の背景障がい者が職場で長期的に活躍していく為には、その環境がご本人の希望の働き方や障がいにマッチしている事が重要です。一方で、過去に障がい者総合研究所が行なったアンケート調査では、入社前に得られる情報源が限られ、入社後にミスマッチが発生している様子も伺えました。その為、入社前までにどの程度、就職・転職先に関する情報を得られたかについて、実態を調査する為、アンケートを実施しました。 対象者2

景気回復下、失業率の低下余地はあるか―事務職のミスマッチ解消が不可欠に―

経済百葉箱 第79号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。景気回復下、失業率の低下余地はあるか ―事務職のミスマッチ解消が不可欠に―小川健太郎 、齋藤愛美 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳、副主任研究員:松岡 秀明 ▼ ポイント ▼ ●完全失業

2015年1月21日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「紹介予定派遣」をテーマにアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 正社員を目指す女性の81%は紹介予定派遣で働きたいと回答。女性の転職意識調査~「紹介予定派遣」を発表~ 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト「エンウィメンズワーク」()上で、サイト利用者の女性706名(現在は、派遣社員や契約社員、アルバイト・パートなどの非正規で就業している方々が中心)を対象に「紹介予定派遣

2014年12月14日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用のミスマッチの指標としてよく用いられる3年後離職率のランキングです。

「3年後離職率」が低い200社ランキング

「3年後離職率」が低い200社ランキング就活生注目!働きやすい会社はここだ 入社後にミスマッチとならないように、離職率をチェックしよう(写真:KAORU/Imasia) 例年なら12月は大学3年生の就職活動が本格化する時期。だが、今回の就活から会社説明会などの採用広報活動の解禁時期は、翌年3月(今回は2015年3月)に後ろ倒しされた。就活生にすれば、「まだゆっくりしていても大丈夫」と思っているかもしれないが、企業研究は早めに手をつけても何も損はしない。志望企業の見極め方はさまざまだが、ぜひ気

2014年12月1日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足についてのレポートです。

人手不足は本当に深刻なのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 人手不足は本当に深刻なのか?~建設業の人手不足・男性の非正規化・雇用のミスマッチなど~『大和総研調査季報』 2014年秋季号(Vol.16)掲載 「人手不足」が話題に上ることが多くなったが、現在の状況を見ると、経済全体としては人手不足には陥っていない。部分的には非製造業、とりわけ建設業や、パートタイムをはじめとする非正規雇用など、一部の業種と雇用形態で人手不足感が強い。雇用形態別の状況を詳しく見ると、

2014年10月8日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

少子化時代の人手不足(上編) ~見誤りやすいミスマッチ論~

少子化時代の人手不足(上編) ~見誤りやすいミスマッチ論~

2014年8月20日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国労働市場における長期失業者の行方-労働市場からの退出抑制に向け、雇用のミスマッチや高齢化への対応が急務に

米国労働市場における長期失業者の行方-労働市場からの退出抑制に向け、雇用のミスマッチや高齢化への対応が急務に

2014年3月23日日本生産性本部★★フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金、雇用についての調査です。

第14回 日本的雇用・人事の変容に関する調査

「第14回 日本的雇用・人事の変容に関する調査」仕事と賃金がミスマッチの年齢層、「50歳代」が約4割公益財団法人日本生産性本部産業界労使、学識経験者などで構成している公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)は、97年より、全上場企業を対象に「日本的雇用・人事の変容に関する調査」(旧「日本的人事制度の変容に関する調査」)を実施している。今回の調査は第14回にあたり、2013年10月下旬から12月中旬にかけて実施した。結果のポイントは以下の通り(調査概要はp12)。1.賃金制度の動向 (→p.

2013年10月10日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル

労働市場における学歴ミスマッチ―その賃金への影響―

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper Series No.303 労働市場における学歴ミスマッチ―その賃金への影響― 労働市場における学歴ミスマッチ―その賃金への影響―要旨本研究の目的は,「就業構造基本調査」の個票データを用い,学歴ミスマッチ(教育過剰と教育過少)が賃金に与える影響を統計的に検証することにある。具体的には,同じ学歴を獲得したにもかかわらず,より低い学歴しか求められない職業に就いた者(教育過剰者)とその学歴に見合った職業に就いた者(教育適当者)の賃金

2013年5月31日第一生命保険フィードバック数:5キャリアとスキル

労働需給のミスマッチはどこで生じているか? ~雇用を考える1:職業訓練・紹介の拡充等の優先度が高い~

労働需給のミスマッチはどこで生じているか? ~雇用を考える1:職業訓練・紹介の拡充等の優先度が高い~

2013年5月15日大和総研フィードバック数:3社会/政治

震災2年 東北3県からみえる復興のキーワード

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 震災2年 東北3県からみえる復興のキーワード3つのミスマッチからみえる被災地の復興の鍵とは ◆東日本大震災から2年が経過し、岩手県、宮城県、福島県(以下、東北3県)のフロー面、ストック面における様々な経済指標において、震災前の水準に持ち直している指標もみられるが、足もと息切れ感のある指標も散見される。経済状況は依然として震災前の水準に完全に回復しきれていないとみられる。◆こうした中で、甚大な被害を受け

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ