調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ミレニアル世代

「ミレニアル世代」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年4月4日Z世代会議★★フィードバック数:0ライフスタイル

Z世代レポート2018

若年層の価値観・ライフスタイルに関する調査 「Z世代レポート2018」発表 いつも友人とつながり、見知らぬ人とも交流する。他人の目を気にする「ソーシャルよいこ」がZ世代の特徴 株式会社dot、株式会社ループス・コミュニケーションズ、株式会社4thが運営する「Z世代会議 」は、このたび、16~35歳のZ世代・Y世代の若者を対象に、価値観やライフスタイルを明らかにする調査を実施いたしました。 ソーシャルメディアが世界的に普及した現在、若者世代は「ソーシャルネイティブ」とされるとおり、常に人とつなが

2018年3月13日Ryo-MA★フィードバック数:0マーケティング

ミレニアル世代が持つ、EC利用時のマイルール

【第4弾】20代男女、”興味”が左右するPRやAD表記へのアクション。〜ミレニアル世代が持つ、EC利用時のマイルール〜 スマホリサーチを得意とする株式会社テスティーでは「EC×若者」をキーワードに若年層調査・分析を実施し、若者の意識や消費行動を読み解きます。日々のサービス運営やマーケティングなどにおいて少しでも読者の皆様のお役に立てたら幸いです。【TOPICS】・購入検討している商品は「Web検索」、20代女性の4割は「SNS検索」・ミレニアル世代が持つ、EC利用時の「マイルール」・PR、広告

ミレニアル世代の消費行動は「共感できる情報」がカギ

市場調査・マーケティングリサーチならR&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント) 調査レポートミレニアル世代の消費行動は「共感できる情報」がカギ平成 30 年 3 月 8日株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントミレニアル世代の消費行動は「共感できる情報」がカギ -ミレニアル世代の消費意識に関する国際調査より-株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:松田 武久)は、世界的に注目されている、デジタルに精通した新世代「ミレニアル世代」の消費行動を探るため、

2018年3月5日ADDIXフィードバック数:0マーケティング

20代後半女性では、ネットもリアルも大切な情報源。 ミレニアル世代調査:情報収集編

20代後半女性では、ネットもリアルも大切な情報源。 ミレニアル世代調査:情報収集編デジタルの発展とともに成長し、2000年代以降に成人したミレニアル世代は、これまでの世代とは意識や行動が大きく異なっていると言われます。BWRITEでは日本のミレニアル世代のうち、その中心層である25~29歳の働く未婚女性500人を対象に「情報収集に関する意識調査」を実施。信頼する情報源や情報収集の方法に迫りました。ファッション・コスメ情報は「店頭」「雑誌」「インスタ」から。コスメは「口コミサイト」も。ミレニアル世

2018年2月26日IBM★フィードバック数:0企業情報システム

IBMの「IDの未来に関する調査」

IBMの「IDの未来に関する調査」:認証の情勢を一変させようとしているミレニアル世代 若年層はパスワードにルーズであり、生体認証や多要素認証についてより使い慣れていると感じています現在、人々はアプリにログインする際、利便性よりもセキュリティーを優先しています TOKYO - 30 1 2018:2018年1月30日 [米国マサチューセッツ州ケンブリッジ - 2018年1月29日(現地時間)発]IBMセキュリティーは本日(現地時間)、デジタルIDや認証に対する消費者の考え方について調査したグローバ

2018年2月16日テスティーラボ★フィードバック数:0マーケティング

仮想通貨に関する調査

若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディア / / / 【20代男女2,905名対象】仮想通貨に関する調査【20代男女2,905名対象】仮想通貨に関する調査【20代男女2,905名対象】仮想通貨に関する調査最近の若者にスポットを当てた若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab!」にて昨今話題となっている「仮想通貨」に関して、20代の男女2,905名(20代男性1,041名、20代女性1,864名)を対象に調査を実施しました。仮想通貨の認知度や保有率、未来予想など調査の結果をご

2018年1月25日ミュゼプラチナムフィードバック数:0マーケティング

ミレニアル世代の58%は年収250万円以下。賢く暮らす女性たちの消費行動を調査

ミレニアル世代の58%は年収250万円以下。賢く暮らす女性たちの消費行動を調査

若年層の43%が「クレジットカードは借金みたいで嫌い」、39%が「ポイント交換せず失効」Twitterで調査~ミレニアル世代の価値観が浮き彫りに?~

あなたにぴったりのクレジットカードが見つかります。 / 若年層の43%が「クレジットカードは借金みたいで嫌い」、39%が「ポイント交換せず失効」Twitterで調査~ミレニアル世代の価値観が浮き彫りに?~ 若年層の43%が「クレジットカードは借金みたいで嫌い」、39%が「ポイント交換せず失効」Twitterで調査~ミレニアル世代の価値観が浮き彫りに?~ 現金を持ち歩かなくてもカード枚あれば街中のあらゆる店舗で買い物ができ、利用によってポイントが貯まる、便利でお得なクレジットカード。最近ではスー

「ミレニアル世代」のファッション・ブランド意識調査

コンデナスト・ジャパンとの共同プロジェクト 「ミレニアル世代」のファッション・ブランド意識調査を実施 ― 高級ブランドに関心の高い“ラグジュアリーミレニアルズ”の実態を分析し、 データマーケティングに基づく新しいソリューション開発にも着手 ― 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2017年12月7日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:矢嶋弘毅、以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、合同会社コンデナスト・ジャパン(本社:東京都渋谷区、社長:北田淳、以下コンデナスト

2018年1月15日DMM.comフィードバック数:0キャリアとスキル

「世代別の英語学習」に関する調査

DMM英会話、「世代別の英語学習」に関する調査結果発表 〜「ミレニアル世代」は、他世代と比べて“20倍”日常で英語に触れている〜株式会社DMM.com(本社:東京都港区、代表取締役社長 片桐孝憲、 以下DMM )で展開中の、オンライン英会話サービス『DMM英会話』()は、「世代別の英語学習」に関する調査を行いました。その結果をご報告いたします。 ■日常で英語に触れる機会、「ミレニアル世代(※1)」と「その他の世代」で大きな差「日常で英語に触れる機会はありますか?」と質問したところ、下記のような結

2017年12月25日Zaimフィードバック数:0社会/政治

「夫婦の家計」調査

家計簿 Zaim 購買データを統計解析した 「夫婦の家計」調査結果を公開家計簿サービス Zaim 購買データを統計解析した「夫婦の家計」調査結果を公開「いい夫婦の家計簿」ミレニアル世代は夫婦でシェア〜 オンライン家計簿への利用が盛り上がる 50 代 〜650 万ダウンロードを超える日本最大級のオンライン家計簿「Zaim」を運営する株式会社 Zaim(本社:東京都 渋谷区・代表取締役:閑歳 孝子)は、このたび「いい夫婦の日」にちなみ、「夫婦の家計」に関する調査を実施いたしました。その結果、「ミレニ

2017年12月18日Concur Technologiesフィードバック数:0大型消費/投資

旅行・出張の満足度調査

[] ※本リリースは、11月8日に米国本社のTripIt部門より発表されたプレスリリースの抄訳となります。2017年11月8日(サンフランシスコ発) - 世界で最も高い評価を受けている旅程アプリ「TripIt from Concur(以下、TripIt)」の最新データから、どの要素が「旅行・出張の満足度」に関係するのか、興味深い結果が得られました。2016年~2017年の期間で、米国内で利用された575,000以上のフライト後の評価データを解析すると、旅行者・出張者の居住地や訪れた空港、世代の違

デジタルメディア利用実態調査―日本編

デジタルメディア利用実態調査―日本編発表Z世代(14~19歳)でスマートフォン保有率が薄型テレビ保有率を上回る結果に。テレビに次ぐニュース情報取得チャネルとして、世代ごとに、新聞・ネットニュース・SNSと明確な傾向。 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、各国のデロイトのテクノロジー・メディア・テレコムプラクティスが実施している「デジタルメディア利用実態調査」の日本における調査結果をまとめ、本日発表します。 2017年10月17日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、各

19ヵ国1万8000人の調査が示す、3世代それぞれの仕事観の違い

『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』本誌に掲載の記事・論文をPDF形式でご購入いただけます。本サイトの最新号、バックナンバーのページにある「PDFをカートに入れる」をクリックすると、ショッピングカートに商品が追加されます。 19ヵ国1万8000人の調査が示す、 3世代それぞれの仕事観の違い ヘンリック・ブレスマン,ビニカ D. ラオ シンガポールを拠点とする教育分野のシンクタンク、ヘッド財団のアカデミック・ディレクターも務める。 INSEAD新興国市場研究所のエグゼクティ

2017年10月23日ferret★フィードバック数:0マーケティング

ミレニアル世代は何を考えてる?統計データから行動特性とニーズを読み解いてみよう

ミレニアル世代は何を考えてる?統計データから行動特性とニーズを読み解いてみようミレニアル世代は何を考えてる?統計データから行動特性とニーズを読み解いてみよう株式会社ベーシックferret ライター前職は人材会社で、求人広告営業として大手〜中小企業の採用支援に従事。分かりやすく読みやすい記事を心がけています。(Twitter:@non_w21) 界隈では、2000年以降に成人になった人々の世代を「ミレニアル世代」と呼びます。「パソコンよりスマートフォンを利用している」「あまりモノを買いたがらない」

2017年10月18日オルタナSフィードバック数:0ビジネス

働きやすさ求め「自己成長」:社会貢献意識が高いミレニアル世代調査

>> 社会貢献意識が高いミレニアル世代300人調査社会貢献意識が高いミレニアル世代300人調査 2017年9月29日 6:35 PM まなぶ--フューチャーオルタナ編集部では社会貢献意識が高いミレニアル世代を対象にした読者アンケートを実施しました。この世代で社会貢献意識が高い割合は一部ですが、社会課題起点のサービスのアーリーアダプターになることが予測されます。回答者は308人。結果をお伝えします。(オルタナS編集長=池田 真隆)◆調査概要対象:308人(32歳―37歳:61人/27歳―31歳:8

2017年10月8日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ミレニアル・オン・ミレニアル ~デジタルミュージックとデジタルコミュニケーション~

ミレニアル世代は、あらゆる面において、デジタルの世界に対して他の世代の消費者とは全く異なるアプローチを取るグループでの会話にメッセージングアプリを使っている人の割合が高い約60%の人が音楽ストリーミングの聴取に2種類以上のアプリを利用視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のミレニアル世代のメディアの視聴状況をまとめた『ミレニアル・オン・ミレニアル ~デジタルミュージックとデジタルコミュニケーション~』を発表しました。ミレニア

転職で注目するポイントランキング第1位は給与。第2位はミレニアル世代とミドル世代で差

国内最大級のポータル・オブ・ポータルズ求人サイト「CAREER INDEX」が提供する転職に役立つ情報集マガジン 「CAREER INDEX」は 国内最大級の求人数を誇る求人サイトです。 無料会員登録するあなたは転職をしようと思ったとき、ホームページや求人票のどこに注目していますか?給与や立地、福利厚生など会社によってそれぞれ特徴がありますが、人それぞれ重視する項目は違うもの。今回は「転職の際、企業のどこを見て応募するか」を515名に調査。20代・30代の若手層と40代以上のミドル層の結果をラ

2017年7月28日Criteo★フィードバック数:0大型消費/投資

新世代のデジタルトラベラーレポート

Criteo、新世代のデジタルトラベラーレポートを発表 ~旅行予約獲得をさらに促進させるデジタルマーケティングとは~ パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo S.A.(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、この度、オーストラリア、中国、インド、インドネシア、日本、シンガポール、韓国、台湾、およびベトナムの旅行商品をオンラインで検索または予約する1,900人の消費者を対象に2017年2月15日~2月18日の日程で調査を実施し、「新世代のデジタルトラ

「ミレニアル世代」のマネー事情を調査

「ミレニアル世代」のマネー事情を調査2017年6月15日各位株式会社ジャパンネット銀行株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)では、このたび、「ミレニアル世代」のお金に関する意識・実態調査を行いました。 「ミレニアル世代」のマネー事情を大調査!「ミレニアル世代」とは、2000年以降に成人・あるいは社会人になる世代のこと。主にアメリカで用いられている言葉で、近年は日本国内にも浸透してきています。日本国内においては、現在の高校生・大学生・新社

「ミレニアル世代」のマネー事情を調査 ~自分の「10年後」の年収予想、平均は430万円 「親よりも稼げる」自信がある人は、わずか3割台~

「ミレニアル世代」のマネー事情を調査 ~自分の「10年後」の年収予想、平均は430万円 「親よりも稼げる」自信がある人は、わずか3割台~ <堅実>で<現実思考>な現代の若者像が明らかに! 一方で<かくれた野心>も……? 株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)では、このたび、「ミレニアル世代」のお金に関する意識・実態調査を行いました。 ---------------------------------------------------

2017年5月28日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資

2017年米国投資フルサービス顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX J.D. パワーの調査で、金融アドバイザーにとって新たな富裕層における好機とリスクが明らかに 米国の投資フルサービス満足度、チャールズ・シュワブが2年連続で第1位 J.D. パワー報道用資料:※本報道資料は、日本時間4月6日午後9時00分に米国で発表された資料を翻訳したものです。米国カリフォルニア州コスタメサ:201

2017年5月27日アドビ システムズ★★フィードバック数:0デジタル家電

Adobe Digital Insights: 大画面でのTV Everywhere視聴が、モバイルからシェアを奪う

Blog Post:アドビは、Adobe Digital Insights (ADI) の最新レポートで、動画コンテンツをさまざまなデバイスで視聴できる動画サービス形態「TV Everywhere」 に関して調査を行い、TV Everywhere視聴において画面サイズが重要であることを明らかにしました。 モバイルでの動画の視聴が伸び続けているのに対し、TV Everywhere視聴の手段はモバイルデバイスから、より大きい画面を持つデバイス(例えば、コネクテッドTVのようなインターネットに接続され

2017年 デロイト ミレニアル年次調査 日本版

「2017年 デロイト ミレニアル年次調査 日本版」発表日本のミレニアル世代は経済的・政治的状況の改善に悲観的。1年前の調査より、会社への帰属意識が低い結果に。 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、デロイトがグローバルでミレニアル世代を対象に調査した「デロイト ミレニアル年次調査」に、日本のサマリーをまとめた「2017年 デロイト ミレニアル年次調査 日本版」を発表します。 2017年4月14日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、デロイトがグローバルでミレニアル世代

2017年3月1日カンター・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」日本レポート

WHAT'S NEW-世界39か国で実施された動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」-「Z世代」と呼ばれる新しい世代が成人をむかえ、徐々に購買力を持ちつつあります。Z世代 はポスト・ミレニアル世代、センタニアル世代とも呼ばれており、スマートフォンと共に育ってきた一番最初の世代ということで世界的にマーケターの関心を集めています。Y世代(ミレニアル)やX世代(ベビーバースト)に比べメディアに対する態度や行動にどのような違いがあるのか、そして、メディアプランニングやクリエイティブ制作をして

第6回ミレニアル年次調査

2017年 デロイト ミレニアル年次調査発表多くの衝撃的な出来事に見舞われた2016年を経て、ミレニアル世代の楽観主義に変化が生じていることが、デロイトの年次グローバル調査で明らかになった デロイトが世界30カ国、約8,000人のミレニアル世代を対象として行った「第6回ミレニアル年次調査」では、ミレニアル世代の自信が揺らぎ、自国が向かう方向を楽観視しなくなっていること、また、安定した職を手放す可能性が低下していることがわかります。 2017年2月13日本プレスリリースは2017年1月31日

2017年2月19日UX MILK★フィードバック数:0モバイル

覚えておきたいモバイルUXに関する17の統計・洞察

モバイルでのUXは、もはやニッチな分野ではありません。モバイル端末の影響や体験を考慮せずに、ウェブサイトやソフトウェアのUXについて語ることは難しいです。これまでに、2013年と2015年におけるいくつかの事実と洞察を紹介してきました。今回は、ネット上の多くのソースから厳選した情報と、モバイルユーザビリティに関する我々の研究をご紹介します。モバイル端末の利用者の増加アメリカにおける成人の57%から68%(ソースによる)がスマートフォンを所有しています。この数値は、イギリスでは約64%、ドイツでは

2017年1月12日VISAフィードバック数:0大型消費/投資

全国18歳‐34歳ミレニアル世代850名を対象にした「お金の使い方」に関する調査

全国18歳‐34歳ミレニアル世代850名を対象にした「お金の使い方」に関する調査結果2017年の抱負は、1位が貯蓄、2位に節約 銀行口座の“残高見えている派”は53%が100万円以上の貯金 ビザ・ワールドワイド(以下Visa、代表取締役:ダレン・パースロー、所在地:東京都千代田区)は、2016年11月、ミレニアル世代18歳‐34歳の男女850名を対象に、「お金に関する調査」を実施しました。Visaの委託を受け、楽天リサーチ株式会社が実施した本調査において、18歳‐34歳男女のお金の使い方に関する

2016年12月19日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推進役となる一方、要求の高い消費者であることが判明

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推進役となる一方、要求の高い消費者であることが判明日々の生活に密着したネットを介したソリューション、太陽光発電、およびデジタル関連サービスが最大の関心事項アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、エネルギー関連の新しい商品やサービスに対する消費者の関心は特にミレニアル世代(18〜34歳)を中心として高く、エネルギー事業者にとっての将来的な

「ミレニアル世代のキャリア」調査

人材紹介・派遣会社のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2016年日本のミレニアル世代、「キャリアの最優先事項は"高い収入を得る"が過半数」 日本のミレニアル世代、「キャリアの最優先事項は"高い収入を得る"が過半数」 マンパワーグループ、「ミレニアル世代のキャリア」調査結果発表2016年12月 7日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥)は、世界のミレニアル世代※19,000人に自身のキャリアに関する調査を実施、その結果を発表し

2016年10月31日アドビ システムズ★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Adobe Digital Insights: スマホの利用増加に伴い、電子メールの利用時間が増加

Blog Post:「Adobe Digital Insights(ADI)」の新たな調査によると、消費者のモバイルへの移行により、米国では電子メールの利用が増加していることが明らかになりました。また、電子メールが進化しつつあり、インスタントメッセージや絵文字の利用が進み、スマートフォンで電子メールを利用する人が増えていることから、電子メールはフォーマルな通信手段ではなくなりつつあります。 1,000人以上のホワイトカラーの米国人を対象とした調査「Adobe Email Survey 2016(

2016年度Edenred-Ipsos Barometer調査

[] バークレーヴァウチャーズ、30歳未満のミレニアル世代の仕事に対する姿勢を明らかにした 『2016年度Edenred-Ipsos Barometer調査』を発表仏Edenred (エデンレッド) の100%子会社で、福利厚生ソリューション「チケットレストラン (Ticket Restaurant(R))」の発行代行サービスを提供する株式会社バークレーヴァウチャーズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:ローラン・ガシェ、以下 バークレーヴァウチャーズ)はこのたび、ミレニアル世代を中心に仕事に対

2016年8月22日Hotels.comフィードバック数:0大型消費/投資

日本のミレニアル世代を対象としたPokemon GOと旅行先に関する調査

[Hotels.com] ,オンラインゲーム ポケモン トラベル スマホ Hotels.com ゲーム ホテルズドットコム 旅行 ポケモンGO PokemonGo

2016年7月15日エウレカ★フィードバック数:0社会/政治

ミレニアル世代の選挙投票への意識

[株式会社エウレカ] ,コミュニケーション 恋愛 選挙 参議院 若者 投票 アプリ ミレニアム世代 Couples カップルズ

2016年5月10日ニールセンフィードバック数:0大型消費/投資

トータル・オーディエンス・レポート 2015年 第4四半期版

子どもを持つミレニアル世代はテレビをライブ視聴する割合が大きく、独立しているミレニアル世代ではテレビ接続デバイスを利用する時間が長い独立しているミレニアル世代の53%がテレビ利用時にテレビ接続デバイスを利用しており、5日のうち1日はテレビ接続デバイスしか利用しないデジタルデバイスの普及率が最も低いのは独立しているミレニアル世代だが、タブレットとスマートフォン両方で利用時間は最も長い視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、米国のテレビ、PC

2016年4月8日Webroot★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ミレニアル世代のセキュリティ意識調査

「ウェブルート ミレニアル世代のセキュリティ意識調査」で、ミレニアル世代の4割以上が「自分はセキュリティ意識が高い方だと思う」と回答しながら、セキュリティ対策をとってない回答者は5割以上 「ウェブルート ミレニアル世代のセキュリティ意識調査」で、ミレニアル世代の4割以上が「自分はセキュリティ意識が高い方だと思う」と回答しながら、セキュリティ対策をとってない回答者は5割以上~個人情報の漏えいリスクを感じていない傾向があることが明らかに~ 2016年3月30日 – 次世代のエンドポイント セ

2016年4月7日J.D. Powerフィードバック数:0モバイル

2016年米国携帯電話サービス通信品質調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX ネットワーク品質は向上するも、インターネット接続の遅さが携帯電話ユーザーの悩みの種 米国の携帯電話サービス通信品質、ベライゾン・ワイヤレスが全米6地域すべてでトップ ※本報道資料は、2016年3月3日に米国で発表された資料を翻訳したものです米国ニューヨーク:2016年3月3日— J.D.パワーが本日発表した2016年

2016年2月10日アドビ システムズフィードバック数:0エンタテインメント

Adobe Digital Index:スポーツの視聴方法に関する調査

Blog Post:【2016年2月5日】 Adobe Digital Index(ADI)では、米国時間の2月7日に開催される「第50回スーパーボウル」にちなみ、米国の消費者400人以上を対象にスポーツの視聴方法に関する調査を実施しました。 ミレニアル世代の50%がスマートTV、モバイルデバイス、PC、ゲーム機でスポーツ観戦 本調査で、ミレニアル世代の半数(50%)がスマートTV、モバイルデバイス、PC、ゲーム機でスポーツを視聴していることが明らかとなりました。また、本年のスーパーボウルの視聴

2016年1月29日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

中国の海外旅行者動向

【概要】 ・2015年における中国の海外旅行者は1億900万人。 ・昨年に一番人気の渡航先となった香港を抑え、韓国とタイが上位に。 ・アジアに次ぐ人気渡航先は、ヨーロッパで、北米を上回る。  2015年における中国の海外旅行者数は1億900万人、その使用金額は2290億USドルと、中国の海外旅行史上において記録的な数値であった。そして、これは中国の旅行市場が旅行者数、金額規模の両面においてグローバルでもトップレベルであることを示している。また、旅行者動向も変化しており、15-29歳のミレニアル世

2015年12月11日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資

2015年米国住宅ローン販売会社顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX 新規テクノロジー導入や効率性改善を受け、住宅ローンに関する顧客満足度が向上 米国住宅ローン販売会社顧客満足度調査で、クイッケン・ローンズが6年連続トップに ※本報道資料は、日本時間11月17日午前1時に米国で発表された資料を翻訳したものです 米国カリフォルニア州ウェストレイク・ビレッジ:2015年11月16日 — J

2015年9月28日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者が最も信頼する“広告”は、友人からの推薦、次いで企業サイト ~ 従来型広告もいまだ有効

ニールセン ニューヨーク報道発表資料を基に作成:最も信頼できる広告は、自分が知っていて、信頼している人から直接受け取るものです。本日発表されたニールセンの広告信頼度グローバル調査によると、調査対象となった60の国と地域におけるオンライン回答者の83パーセントは、友人や家族からの推薦を信頼していると答えています。前回2013年の同調査(対象58ヵ国、84%)と比べると、わずかに1ポイントの減少です。また、企業やブランドが「所有」するオンラインメディアも、最も信頼される広告形態のひとつです。ブランド

2015年7月6日Weber Shandwick★★フィードバック数:0ビジネス

女性CEOのレピュテーション調査

ウェーバー・シャンドウィックはKRCリサーチ社と共同で実施した調査報告書「女性CEOのレピュテーション調査~相違点と類似点~(以下、本報告書)」を発表しました。本報告書は、北米、欧州、アジア太平洋地域および中南米の19カ国1,750人以上の管理職を対象にインターネット上でアンケートを行ったもので、2015年3月に発表した調査報告書「CEOレピュテーションの付加価値:エンゲージメント時代を勝ち抜くために」の追加報告です。調査結果によると、CEOレピュテーションは、企業レピュテーションや市場価値への

PwCのレポートです。

ミレニアル世代の女性: 新たな時代の人材 (The female millennial: A new era of talent)

ミレニアル世代の女性は、どの世代よりも自信にあふれ意欲が高い‐PwCの最新調査結果が、女性と仕事に関するこれまでの通説を払拭 最も魅力を感じる企業の特長として、昇進の機会がトップに入社間もないミレニアル世代の女性の49%が、現在の職場で自らがトップレベルまで昇進できると想定ミレニアル世代の女性の86%が共働き、そのうち66%の収入がパートナーや配偶者と同等またはそれ以上しかし、ほぼ半数が、社内の昇進機会において企業は男性偏重であると回答また71%が、機会は全員に均等に与えられていないと回

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ