「モディ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年6月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

インドが得た成長再開の好機

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 インドが得た成長再開の好機「モディノミクス」への期待とその弱点 ◆総選挙での圧勝を経て誕生したモディBJP政権の経済政策の課題を一言でいえば、投資主導型成長パターンを再現させることである。人口構成の成熟化が成長率減速の背景をなす中国などと比べ、成長率底上げの実現可能性は高いはずである。◆その際、株価の上昇が象徴する「インドは変わるかもしれない」という期待の高まりは重要である。これが同国の期待成長率を上

総選挙を受けて上昇基調を強めるインド株式

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月21日総選挙を受けて上昇基調を強めるインド株式 インドでは、下院総選挙の開票が16日より行なわれ、与党インド国民会議派が議席を大きく減らし、 最大野党のBJP(インド人民党)が単独過半数を獲得したことにより、同党を中心とする野党連合が圧勝しました。これにより、10年ぶりの政権交代が実現し、今月26日には、BJPを率いるナレンドラ・モディ氏が次期首相に就任する予定となっています。足元までの数年間、マンモハン・シン現首相および与

インド:モディ新首相の下で改革の進展に期待

インド:モディ新首相の下で改革の進展に期待

2014年1月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

2014年インド総選挙の行方とその後 ~政権交代の可能性大だが、地方政党が政策運営を左右する懸念~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート2014年インド総選挙の行方とその後~政権交代の可能性大だが、地方政党が政策運営を左右する懸念~発表日:2014年1月10日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 5月の下院任期満了を控えて総選挙が実施される予定のインドでは、選挙戦が本格化しつつある。与党国民会議派は景気減速や政権内の汚職問題で支持率が低迷するなか、シン首相は総選挙後の退任を発表し、ラフル党副総裁を首相候補に選挙に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ