調査のチカラ TOP > タグ一覧 > モディ政権

「モディ政権」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

最近のインド株式市場の動向と今後の見通し

最近のインド株式市場の動向と今後の見通し2015年5月1日<市場動向〜モディ政権への期待をいったん織り込み>インド株式市場は、2014年5月の総選挙を前にモディ政権発足への期待から上昇局面に入りました。総選挙後も、モディ新首相が期待通りに成長重視の経済政策を打ち出したこと、原油価格の低下による貿易収支の改善とインフレ沈静化、それを受けたRBI(インド準備銀行)による緩和的な金融政策への期待などにより2014年末までは上昇を継続しました。しかし、2015年に入るとインド株式市場は横ばい状態になり、

2015年3月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

改革を焦るインドのモディ政権~国会両院と中央地方間の「ねじれ」が引き続き障害~

みずほインサイトアジア2015 年 3 月 10 日改革を焦るインドのモディ政権アジア調査部主任研究員国会両院と中央地方間の「ねじれ」が引き続き障害03-3591-1379小林公司koji.kobayashi@mizuho-ri.co.jp○モディ政権は、野党勢力の強い国会の上院と州政府に改革を阻まれている。2014年末以降は、国会承認を必要としない大統領令と、競争的連邦主義の手法により、改革の強行を試みている○しかし、2月末に開会した予算国会では与野党の対立が激化。大統領令で強行した改革の恒久

政権発足後の初の外遊先に日本を選んだインドのモディ首相~独立記念日に「強いインド」の復活を国民に訴える~

政権発足後の初の外遊先に日本を選んだインドのモディ首相 ~独立記念日に「強いインド」の復活を国民に訴える~ 2014年4月から5月にかけて行われたインドの第16回総選挙は、18歳以上の選挙民が8億3,400万人、投票者5億5,400万人、投票率66%(史上最高率)、政党数464、立候補者1万3,000人、投票所数93万5,000といったように、世界最大の民主主義選挙であった。結果は、BJP(インド人民党)が大方の予想を上回る圧勝で30年振りの単独過半数議席を獲得し、2期10年続いた国民会議派

経済発展に向けてインフラ整備に動き出すインド

経済発展に向けてインフラ整備に動き出すインド2014年9月2日<4-6月期の成長率が加速>インドの4-6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は前年同期比5.7%増と、市場予想を上回り、1-3月期の同4.6%増から加速しました。製造業や建設業などが景気をけん引しました。ナレンドラ・モディ首相率いる政権への期待から景気センチメントは改善しているとみられます。雨季の降雨量が例年より少ないため農業生産に下振れリスクはありますが、製造業などその他の産業の持ち直しで景気回復の大きな流れは続くと思われます。実

新首相による経済改革が注目され上昇したインド株式

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月29日新首相による経済改革が注目され上昇したインド株式 インド株式市場は、春の下院総選挙で野党連合の優勢が伝わるとともに上昇の勢いを強め、5月下旬にモディ氏が新首相に就任して以降も、上昇基調で推移しています。その背景として、10年ぶりの政権交代を果たしたモディ新政権に対して、インフラ整備や産業育成などの経済改革が進められるとの期待が国内外で高まっていることが挙げられます。モディ新政権は、7月に発表した2014年度(2014年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ