調査のチカラ TOP > タグ一覧 > モニタリング

「モニタリング」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年6月20日愛知県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度大気汚染調査

平成27年度大気汚染調査結果について 愛知県及び大気汚染防止法に定める4政令市(名古屋市、豊橋市、岡崎市及び豊田市)は、同法第22条第1項の規定に基づき、二酸化硫黄等の大気汚染常時監視及びベンゼン等の有害大気汚染物質のモニタリングを行いました。調査結果の概要は次のとおりです。○大気汚染常時監視結果の概要・ 二酸化硫黄(25局)、二酸化窒素(85局)及び一酸化炭素(9局)は、すべての測定局で環境基準を達成しました。(平成26年度と同様)・ 浮遊粒子状物質は、86測定局中85局で環境基準を達成しまし

2015年8月24日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

社会インフラ向けIT市場に関する調査結果 2015

2015年08月24日 社会インフラ向けIT市場に関する調査結果 2015 ~インフラ老朽化や要員不足等により、インフラモニタリング業務へのIT導入の期待が高まる~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の社会インフラ向けIT市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年1月~7月2.調査対象:官公庁(国土交通省、経済産業省、総務省等)、公的機関(産業技術総合研究所、土木研究所、国土技術総合研究所、各種業界団体)、IT 事業者/SIer(システムインテグレーター)、通信事業者、建設事

2015年6月18日愛知県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度大気汚染調査

平成26年度大気汚染調査結果について 愛知県及び大気汚染防止法に定める4政令市(名古屋市、豊橋市、岡崎市及び豊田市)は、同法第22条第1項の規定に基づき、二酸化硫黄等の大気汚染常時監視及びベンゼン等の有害大気汚染物質のモニタリングを行いました。調査結果の概要は次のとおりです。○大気汚染常時監視結果・ 二酸化硫黄及び一酸化炭素は、すべての測定局で環境基準を達成しました。(平成25年度と同様)・ 二酸化窒素及び浮遊粒子状物質は、すべての測定局で環境基準を達成しました。(平成25年度はそれぞれ1局を除

2015年3月28日日本銀行フィードバック数:0大型消費/投資

(日銀レビュー)不動産市場のモニタリングにおける各種データの活用について

ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ ENGLISH不動産市場のモニタリングにおける各種データの活用について2015年3月27日 金融機構局 伊藤雄一郎、瀧塚寧孝*、武藤一郎*現新潟支店要旨不動産市場の大幅な変動は、実体経済の振幅を拡大するとともに、金融システムの不安定化をもたらす。このため、中央銀行にとって、金融政策、プルーデンス政策の両面において、不動産市場の動向をモニタリングする重要性は高い。本稿では、近年における統計の改善・充実も踏まえつつ、(1)不動産取引、(2)不動産価

2014年8月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度事故情報の評価・分析及び事故防止モニタリング(電気用品安全法技術基準体系等見直しに関する調査)調査報告書

平成25年度事故情報の評価・分析及び事故防止モニタリング(電気用品安全法技術基準体系等見直しに関する調査)調査報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度事故情報の評価・分析及び事故防止モニタリング(電気用品安全法特定製品安全性等調査確認)

平成23年度事故情報の評価・分析及び事故防止モニタリング(電気用品安全法特定製品安全性等調査確認)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度事故情報の評価・分析及び事故防止モニタリング,事故情報の評価・分析事業,調査報告書

平成23年度事故情報の評価・分析及び事故防止モニタリング,事故情報の評価・分析事業,調査報告書

2013年6月21日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度事故情報の評価・分析及び事故防止モニタリング(電気用品安全法技術基準体系等見直しに関する調査)

平成24年度事故情報の評価・分析及び事故防止モニタリング(電気用品安全法技術基準体系等見直しに関する調査)

2012年6月1日矢野経済研究所フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

車載用電流センサの世界市場に関する調査結果 2012

2012年06月01日 車載用電流センサの世界市場に関する調査結果 2012 ~燃費向上をキーワードにパワーマネジメントの重要性が増すと共に、電流センサの需要が拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載用電流センサの世界市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2011年10月~2012年4月2.調査対象:車載用電流センサメーカ、車両システムメーカ3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<車載用電流センサとは>本調査におい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ