調査のチカラ TOP > タグ一覧 > モバイルインターネット

「モバイルインターネット」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月5日イード★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

引っ越し予定者を対象とした調査です。

新生活のインターネット環境に関する意識調査

News 2015年3月5日 「新生活のインターネット環境に関する意識調査」 「モバイルインターネット」の利用意向がさらに拡大。今後利用したいサービス1位は4年連続「WiMAX」 「通信速度制限」の認知度は、約8割強に スマホの大画面化が進んだ2014年、「写真・動画の撮影」「動画の視聴」の利用は約5割 スマートフォンの普及、iPadをはじめとしたタブレット端末の需要拡大などによって、インターネット環境の多様化は進んでいます。株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋 以下、イード

2013年4月14日ライフメディア★フィードバック数:3モバイル

スマートフォンの購入・利用についての調査です。

スマートフォンに関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイトスマートフォンに関する調査。スマートフォンの利用者は43%。 スマートフォンに関する調査。スマートフォンの利用者は43%。2013年4月10日■テーマ:スマートフォンに関する調査■有効回答:1332件■調査期間:2013年3月29日から4月3日■対象者:10代から60代の全国男女■キーワード:スマートフォン,Android,iPhone,アプリ携帯電話各社はスマートフォンに注力しており、新製品の多くが従来型の携帯電話からスマートフォンになってきています。

2013年3月18日楽天リサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

新生活におけるインターネットに関する調査

新生活におけるインターネットに関する調査 新生活におけるインターネットに関する調査 2013年3月18日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 「楽天リサーチ」)と楽天株式会社の子会社である楽天イー・モバイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:中島 謙一郎、以下 「楽天イー・モバイル」)は、新生活時期におけるインターネットに関する調査を実施しました。今回の調査は、3月8日から10日にかけての3日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約228万人)

iPhoneユーザーのモバイルインターネット利用率は2倍以上--調査結果が示す数々の相関

要旨 就職している「iPhone」ユーザーは、就職している「BlackBerry」「Palm」「Windows Mobile」デバイスなどのユーザーに比べ、携帯電話機からインターネットにアクセスする人の割合が2倍以上多い。このデータは、iPhoneがモバイルインターネットの利用を促進することを証明しているわけではないが、iPhoneの所有とモバイルインターネットアクセスとの間には高い相関関係がある。したがってForrester Researchは、iPhoneユーザーが携帯電話機からブラウザやリ

2009年6月15日翔泳社フィードバック数:9マーケティング

携帯でネットを見ない人はどんな人?

携帯でネットを見ない人はどんな人?【リサーチ】 今回は、モバイルインターネットをさほど利用しない「ライトユーザー」についての調査結果をご紹介します。モノへのこだわりはあるものの消費に対しては消極的、インターネットはモバイルよりPCをより多く使う、新聞などからもニュースを得る…といったライトユーザーの特徴が明らかになりました。【バックナンバーはこちらから!】 調査概要調査方法:モバイルインターネットリサーチ調査地域:全国調査対象:15~49歳の携帯電話保有者 ※調査会社が保有する調査パネル有効回答

2009年6月15日翔泳社フィードバック数:7マーケティング

携帯とPCを使い分けている人ってどんな人?

携帯とPCを使い分けている人ってどんな人?【リサーチ】 モバイルインターネットユーザー動向の中編である今回は、いわゆる「ミドルユーザー」と定義される人々の利用動向の調査結果をご紹介します。この調査結果から、「モバイルはなくてはならないもの」と考えていながらも、モバイルもPCもバランスよく使いこなすユーザーの姿が見えてきました。【バックナンバーはこちらから!】 調査概要調査方法:モバイルインターネットリサーチ調査地域:全国調査対象:15~49歳の携帯電話保有者 ※調査会社が保有する調査パネル有効回

2009年6月15日翔泳社★フィードバック数:4マーケティング

ライトユーザー、普通のユーザー、ヘビーユーザーの比較です。

モバイルインターネット利用時間別のユーザー動向分析

携帯ネットジャンキーってどんな人?【リサーチ】 今回の調査では、モバイルでのネット利用時間によって分けた3つのクラスタで分析し、クラスタにおける生活意識やモバイル利用動向を把握しました(調査期間は2009年2月9日~2月11日、有効回答数は500名)そのうち、前編である今回は携帯でのインターネットヘビーユーザーの特徴についてご紹介いたします。【バックナンバーはこちらから!】 調査概要調査方法:モバイルインターネットリサーチ調査地域:全国調査対象:15~49歳の携帯電話保有者 ※調査会社が保有する

Eコマースに関する調査--富裕層ほどモバイルよりPCでEコマースを利用

Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、Eコマースに関する調査を行った。 今回は、Eコマースの利用状況を年代や可処分所得、そして利用デバイスなどに関してクロス集計を行った。≪調査結果サマリー≫モバイルコマースは若年層、PCコマースは年代が上がるにつれ利用率が高くなる。どの年代においても約35%のユーザーがPCとモバイルの両方を使い分けてインターネットを行っている。可処分所得が高いほどPCのネット利用頻度は高くなる。インターネットをPCとモバイル

モバイル検索エンジン「利用者像」に関する調査--半数近くのユーザーの利用頻度が増える

Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同調査のもと、モバイル検索エンジンに関する調査を行った。 前回の第7回モバイル検索エンジンに関する調査では、ドコモユーザーにGoogleモバイルが徐々に浸透しつつあるということやモバイル検索のキーワード数はPC検索とは異なる検索方法が見られることが分かった。 今回の調査では、モバイルユーザーのインターネット利用時間やここ半年の間に携帯で検索する頻度に変化があったのかを調査した。≪調査結果サマリー≫1日30分以上モバ

2008年版モバイル広告の市場動向調査

2008年版 モバイル広告の市場動向調査 シード・プランニング オンラインショップ 市場調査レポート2008年版 モバイル広告の市場動向調査 モバイル広告市場の現状と最新動向を明らかにします事業者ヒアリング取材により、今後の展望を予測しますPC向けインターネット広告市場との違いを明らかにし、今後の成長モデルを予測します 本調査資料は、好評をいただきました「2007年版 インターネット広告の市場動向調査(2007年8月発刊)」の姉妹編です。インターネット広告市場は毎年高成長を遂げてきましたが、

携帯電話のメルマガに関する調査--30%のユーザーはメルマガを受信できない

Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同調査のもと、携帯電話のメルマガに関する調査を行った。 前回の携帯のメルマガに関する調査では、携帯メルマガの開封率は必ずしも高いわけではなく、開封率はメルマガの内容やタイトルなどによっても大きく変わってくるということがわかった。後編となる今回の調査では、迷惑メールの対策として利用が増えている「指定受信機能」やユーザーがメルマガで重視している点を明らかにしていく。≪調査結果サマリー≫30%近くのユーザーは、会員登録し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ