調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユーザー企業

「ユーザー企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月12日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるクラウド・コンピューティングに関する調査

2017年4月4日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本におけるクラウド・コンピューティングに関する調査結果を発表クラウド全体の採用率は引き続き微増ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のクラウド・コンピューティングへの取り組みに関する調査結果を発表しました。 2017年1月に実施した調査の結果、日本におけるクラウド・コンピューティングの採用率は平均して2016年から0.8ポイント増加し、2017年は16.9%という結果にな

2017年1月16日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ユニファイドデバイスマネジメント成熟度に関するユーザー調査

国内ユニファイドデバイスマネジメント成熟度に関するユーザー調査結果を発表 国内ユーザー企業のデバイス管理/戦略に対する取り組み成熟度は低く、約半数が成熟度ステージ1および2にとどまる デバイス戦略を策定し、一定のビジネス効果を創出している「成熟度ステージ4/5」の割合は26.9% 事業価値を創出し、ITの生産性を向上させるためのデバイス活用が重要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel

2016年9月1日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズモビリティ成熟度に関するユーザー調査

国内エンタープライズモビリティ成熟度に関するユーザー調査結果を発表 国内ユーザー企業の成熟度は低く、半数以上が5段階中下から2番目の成熟度 上から1番目/2番目の成熟度にあるユーザー企業は、1割に満たず 米国に比べ取り組みの遅れは顕著。グローバル競争下にある国内企業にとっては、競争劣位に陥る要因に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内のエンター

2016年8月9日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT利用成熟度に関するユーザー調査

国内IoT利用成熟度に関するユーザー調査結果を発表 国内IoTユーザー企業の成熟度は未だ低く、ほぼ半数は「限定的導入(ステージ2)」の成熟度にとどまる。最上位の「継続的革新(ステージ5)」はわずか0.6% IoT成熟度の向上を阻害する要因は、IoTの費用対効果の見えにくさ、技術標準の乱立、法規制による妨げ、情報セキュリティ上の不安など 企業は「IoTサービスプロバイダー化」をITベンダーとの対等な関係性をベースに進めることが、付加価値の高いソリューション実現に向け必須となる

第2回超高速開発ツール 伸び率調査

「第2回超高速開発ツール 伸び率調査」の結果を発表| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 「第2回超高速開発ツール 伸び率調査」の結果を発表~前回調査と比較し、ライセンス出荷数234%、導入企業数が167%の伸び~ 国内で超高速開発に取り組むユーザー企業とSIer、ツールベンダーが集う「超高速開発コミュニティ」(会長 関 隆明)は2016年7月12日(火)、「超高速開発ツールの伸び率調査 2016 年版」を公開しました。この調査から、4年前と比較した今年の伸び率はライセン

2016年4月13日IDC★フィードバック数:0ビジネス

国内ビッグデータ/アナリティクス成熟度に関するユーザー調査

国内ビッグデータ/アナリティクス成熟度に関するユーザー調査結果を発表 国内ユーザー企業の50.0%が「限定的導入」の成熟度 最上位の成熟度である「継続的革新」の企業はわずか2.6% 国際的なビジネスの競争環境の中でビッグデータ/アナリティクスの重要性は増大しており、積極的な先端技術/人員への投資が求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内

2016年4月8日IDC★フィードバック数:0ビジネス

国内エンタープライズITトランスフォーメーション成熟度に関するユーザー調査

国内エンタープライズITトランスフォーメーション成熟度に関するユーザー調査結果を発表 国内ユーザー企業の5割以上が、エンタープライズITトランスフォーメーション(EIT)において、ステージ3(標準基盤化)の成熟度 8割以上の企業が、EITに取組んでいるものの全社横断的な取り組みに至っていない CIOは、競合他社を凌ぐ勢いでEITを全社的に推進すべきである IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人

2016年3月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査結果を発表 国内ユーザー企業の約半数が5段階中下から2番目の成熟度。米国に後れを取る 多くの企業において、デジタル技術によるビジネス変革への取り組みは、部分的には実施されているが、全社的取り組みには至らず CEOによるDXの全社的取り組みに向けた「DXビジョン」が不可欠 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:0

2014年7月14日矢野経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

企業向け研修サービス市場に関する調査結果 2014

2014年07月14日 企業向け研修サービス市場に関する調査結果 2014 ~グローバル人材関連や女性の活用をテーマにした研修サービスが好調~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の企業向け研修サービス市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年4月~6月2.調査対象:研修サービス事業者、ユーザー企業・団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリング、文献調査併用調査結果サマリー◆ 2013年度の企業向け研修サービス市場規模は前年度比2

2014年4月30日ITRフィードバック数:0マーケティング

ITR Cross View:マーケティング管理市場の実態と展望2014

ITR Cross View:マーケティング管理市場の実態と展望2014本レポートは、メール送信、メール処理、統合型マーケティング支援、アクセス解析、ソーシャルメディア解析、LPO(Landing Page Optimization:ランディングページ最適化)、広告効果測定、DMP(Data Management Platform:データマネジメント・プラットフォーム)の全8分野を対象にしており、本レポートのハイライトは以下の通りです。 調査ハイライトメール送信市場のLeadingベンダーはエ

人事部門長を対象とした調査です。

国内大手企業380社の人事戦略における意識調査

エスケープナビゲーションパンくずリストERPパッケージのワークスアプリケーションズニュース&トピックスニュース一覧ニュース詳細 【人事部門長アンケート調査】この1年で「グローバル人事」「タレントマネジメント」への関心が急上昇 ~国内大手企業380社の人事戦略における意識調査を実施~ 株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は自社製品「COMPANY」のユーザーである、大手企業の人事部門長における、人事トレンドへの意識および対

国内大手企業350社超の人事戦略における意識調査

エスケープナビゲーションパンくずリストERPパッケージのワークスアプリケーションズニュース&トピックスニュース一覧ニュース詳細 【調査データ】ワークス、国内大手企業350社超の人事戦略における意識調査を実施 ~人事部門長アンケートから、最新人事トレンドへの取り組み実態を明らかに~ 株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は自社製品「COMPANY」のユーザーである、大手企業350社超の人事部門長における、人事トレンドへの意識およ

2011年10月11日日経BP★フィードバック数:3企業情報システム

ITの保守やレガシーシステムの取り扱いについての調査です。

情報システムの更新と保守に関する調査

どこにもあるレガシー問題、8割が課題システムを保有。ユーザーは既存資産を活用してITリフォームへ ―情報システムの更新と保守に関する調査―2011年10月11日表1●本調査から明らかになった主要なポイント日経BPコンサルティング(東京都港区)は、企業情報システムにおけるレガシー問題やシステム保守・更新の状況を把握するため、情報システム部門の勤務者を対象とした調査を8月に実施した(調査概要は下部参照)。調査からは、システム保守上の課題システムがどこにも存在する現状と、既存のアプリケーション資産を活

経産省/JUASによる企業のIT投資に関する調査結果です。

企業のIT投資動向に関する調査

経済産業省による「企業のIT投資動向に関する調査」(企業IT動向調査2011)社団法人日本情報システム・ユーザー協会(略称:JUAS)は、経済産業省の委託を受け、「平成22年度産業技術研究開発委託事業」において「企業のIT投資動向に関する調査研究」(企業IT動向調査2011)を2010年11月から2011年2月にかけて実施いたしました。また、本調査の結果をより多くの方に知っていただくため、調査の概要を公表しております(2011年3月24日にプレスリリースを行いました)。  本調査は、企業のIT部

2011年2月7日アイティメディア★フィードバック数:13企業情報システム

ITRによるクラウドに関する調査結果の関連記事です。

クラウド活用につきまとう不安――その中身を知る

クラウドの本格普及に求められるものとは――アイ・ティ・アール(ITR)主催による「メディア横断企画 クラウド討論会2011」が1月下旬に行われた。主要IT系メディア(ITmedia/CNET Japan/TECH.ASCII.jp/ITLeaders/日経コンピュータ)のトップがクラウド時代と向き合うためのポイントについて活発な議論を交わした。“ありがちな”不安だけ? 討論会の冒頭は、モデレーターを務めるITR シニア・アナリスト 舘野真人氏から事前に実施したアンケートの説明が行われた。今回の討

2010年11月24日リアルコムフィードバック数:3企業情報システム

SharePoint機能を強化するアドオン製品群の利用実態調査

現在位置トップ > ニュース・セミナー > ニュース > リアルコム、SharePoint機能を強化するアドオン製品群の利用実態調査を実施 ~SharePointアドオン、91製品に関する利用実態が明らかに~ リアルコム、SharePoint機能を強化するアドオン製品群の利用実態調査を実施 ~SharePointアドオン、91製品に関する利用実態が明らかに~2010年11月24日リアルコム株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長 CEO:谷本 肇/以下、リアルコム)と「ビジネス・プロダクティ

JUASによる投資動向の調査です。やはり縮小傾向が出ています。

企業IT動向調査2009

企業IT動向調査2009社団法人日本情報システム・ユーザー協会(略称:JUAS)は、『第15回 企業IT動向調査2009』アンケート調査を2008年10月から2008年11月にかけて実施いたしました。 本調査は、過去14年間継続して実施しており、今回で第15回目にあたります。企業のIT部門、社内IT利用部門を対象に、アンケート調査とインタビュー調査を行い、企業におけるIT投資、IT利用の現状と経年変化を明らかにするとともに、年度ごとに重点テーマを設定し分析を行っております。 2008年度は、前年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ