調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユーザー調査

「ユーザー調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月12日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査結果を発表  国内ユーザー企業のDXに向けた取り組みは、前年調査に比べて成熟度が向上  しかしながら、多くの企業では、短期的かつ従来のビジネスの効率化が中心  革新的な製品やサービスの創出に向けた顧客エクスペリエンスの強化とエコシステムへの拡大が不可欠 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-47

メール&クロスチャネルユーザー動向調査2017

ニュース - 2017年エクスペリアンジャパンおよびエクスペリアンに関するニュースやプレスリリースをご紹介します メール・アプリ・LINEの特性に見えるユーザーが望むコミュニケーションとは エクスペリアンジャパン「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2017」を発表本日、エクスペリアンジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:橋本勇人、以下エクスペリアンジャパン)は、「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2017」を発表しました。近年、企業とユーザーをつなぐチャネルの

2017年3月3日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

Bracketsユーザー調査(2017年)

Bracketsユーザー調査(2017年)の集計結果:デザインから開発まで行う「フルスタックWebクリエイター」が利用 開発チームブログに、先日実施した2017年度のBracketsユーザー調査の結果が公開されました。実施期間は短かったですが、世界中から2,500名を越えるBracketsユーザーの回答を得られましたので、その集計結果をお知らせします。Geography今回は130ヶ国のBracketsユーザーが調査に参加しました。日本は国別では4番目に多い参加者数です。ご協力ありがと

2016年12月15日エキサイトフィードバック数:0エンタテインメント

COUNTDOWN JAPAN 16/17に関する調査

2016年12月06日━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━COUNTDOWN JAPAN 16/17に関する調査結果~好きなアーティストのトップは今年10個以上のフェスに出演したアーティスト~━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━エキサイト株式会社は、イベントに一緒に行く仲間を探せるサービス「AMIPLE」にて、毎年年末に開催される音楽フェス「COUNTDOWN JAPAN 16/17」に興味・関心を持っているユーザー882名を対

2016年11月23日マークスフィードバック数:0ライフスタイル

手帳ユーザに聞いたノートの使い方調査

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) 手帳とノート併用者の52%が「手帳1冊にまとめたい」~手帳ユーザに聞いたノートの使い方調査結果~手帳ブランド「EDiT(エディット)」を展開する株式会社マークスは、日ごろより手帳とノートを併用している方を対象に、「仕事での手帳やノートの使い方についての調査」を実施しました。手帳とノートを併用する人の52%が手帳1冊にまとめたいと回答、「荷物を1つでも減らしたいから」「1冊にまとまっていると効率

2016年11月8日IDC★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 SD-WANの認知度は大企業でも50%に満たないが、導入意向は高く期待は大きい LANやデータセンターへのSDN技術導入は足踏み状態。一部にでも導入している企業の割合は、45%から48%へと前年からわずかな増加 「INSネット ディジタル通信モード」サービス終了は、大企業でも半数以上が認知していない。業界全体でのさらなる周知努力が必要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九

2016年9月19日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内データセンターサービス ユーザー調査

国内データセンターサービス ユーザー調査結果を発表 データセンターサービスの利用は、長期的には中小企業も含め拡大が見込まれる サービス事業者の選定において、価格と並んで信頼性を重視する傾向が見られる クラウド型データセンターサービスの利用が進み、先進的取り組みへの活用も広がっている IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年 国内データセンター

2016年8月9日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT利用成熟度に関するユーザー調査

国内IoT利用成熟度に関するユーザー調査結果を発表 国内IoTユーザー企業の成熟度は未だ低く、ほぼ半数は「限定的導入(ステージ2)」の成熟度にとどまる。最上位の「継続的革新(ステージ5)」はわずか0.6% IoT成熟度の向上を阻害する要因は、IoTの費用対効果の見えにくさ、技術標準の乱立、法規制による妨げ、情報セキュリティ上の不安など 企業は「IoTサービスプロバイダー化」をITベンダーとの対等な関係性をベースに進めることが、付加価値の高いソリューション実現に向け必須となる

2016年6月30日日本RV協会フィードバック数:0大型消費/投資

キャンピングカー白書2016

キャンピングカーの売上は過去最高の約350億円超ユーザー層は「シニア夫婦の2人旅」が増加『キャンピングカー白書2016』を発行~7月2日(土)~3日(日)「東京キャンピングカーショー2016」開催~ 2016年06月27日公開2016年06月27日更新  キャンピングカー市場の育成や発展を目指す一般社団法人日本RV協会(所在地:東京都町田市、会長:増田 浩一)では、2016年7月2日(土)~3日(日)の「東京キャンピングカーショー2016」開催を前に、キャンピングカー業界の動向とユーザーの現状の

世界で好まれるグローバルサイト「コカ・コーラ」がトップに

世界で好まれるグローバルサイト「コカ・コーラ」がトップに 株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表取締役・榛沢明浩)は、企業のグローバルサイトについてアメリカ、イギリス、シンガポールの3国を対象にユーザー調査を実施した。本調査では5業種、63社のグローバルサイトを調査対象各国の企業情報サイトユーザーに評価してもらい、その結果に基づき総合指標「グローバルサイト指数」を算出した。 ■トップはコカ・コーラ 1位はコカ・コーラでグローバルサイト指数は69.2Ptだった。同社はイギ

2016年4月27日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年 国内ストレージ需要動向調査

2016年 国内ストレージ需要動向調査結果を発表 ユーザー部門が独自のストレージ予算を持つ割合は大企業では54.1%を占める 独自のストレージ予算はオンプレミス環境への支出が多いが、クラウドへの支出も増加 大企業の60.6%がユーザー部門の独自予算が今後も増加すると考えている IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ストレージ需要動向調査の結果を発

2016年3月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査結果を発表 国内ユーザー企業の約半数が5段階中下から2番目の成熟度。米国に後れを取る 多くの企業において、デジタル技術によるビジネス変革への取り組みは、部分的には実施されているが、全社的取り組みには至らず CEOによるDXの全社的取り組みに向けた「DXビジョン」が不可欠 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:0

口コミ利用の動向に関するユーザー調査

[トリップアドバイザー株式会社] ,口コミ 調査 観光 トリップアドバイザー 旅行 口コミ利用の動向に関するユーザー調査

マスターブランドパワー調査2015

ホーム > ニュースリリース > マスターブランドパワー調査2015 3つの要素でセブン-イレブン、伊勢丹、トヨタがそれぞれトップに ~トライベック・ストラテジーとハバス・ワールドワイド・ジャパンが共同で実施~ ニュースリリース2015年10月5日 マスターブランドパワー調査20153つの要素でセブン-イレブン、伊勢丹、トヨタがそれぞれトップに~トライベック・ストラテジーとハバス・ワールドワイド・ジャパンが共同で実施~オウンドメディアコンサルティングのトライベック・ストラテジー株式会社(所在地

2015年8月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クラウド市場 ユーザー動向調査

国内クラウド市場 ユーザー動向調査結果を発表 2015年のIT戦略にクラウドが影響を与えると考える企業割合は44.8% 一方、クラウドを利用中の78.7%の企業が、IT戦略に影響を与えると回答 クラウドは広く普及をはじめたが、多くの企業において、その導入目的は「ITや業務の効率化」であり、「効率化と事業拡大」を求める「先駆的な企業」との間には溝がある IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、T

2015年7月28日イードフィードバック数:0大型消費/投資

2015 レスポンス カーナビアンケート

News 2015年7月28日 『2015 レスポンス カーナビアンケート』の調査結果発表スマートフォンナビの利用率急増、音声認識機能はクラウド化が普及に寄与 株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋 以下、イード)は、マイカー燃費管理サービス「e燃費」()・日本最大級の自動車総合ニュースサイト「レスポンス」()の全国のカーナビユーザーの協力を得て作成した『2015 レスポンス カーナビアンケート』の調査結果を公開いたします。 『2015 レスポンス カーナビアンケート』では、

好きな企業のWebサイトランキングです。

ウェブロイヤリティスコア(WLS)ランキング2015

ウェブロイヤリティスコア(WLS)ランキング2015主要企業50社のWebサイトについて、顧客ロイヤリティやブランドロイヤリティが可視化できる指標【ウェブロイヤリティスコア(WLS)】を用いて計測された結果を元に、オススメしたい好きなWebサイトのランキングを発表しました。「家電・エレクトロニクス」、「自動車」、「エネルギー」、「アパレル」、「運輸」、「飲料」、「外食」、「食品」、「化粧品・生活用品」、「小売・コンビニ」など生活者の多くが利用する主要企業50サイト。 調査方法インターネット

2015年5月31日イード★フィードバック数:0モバイル

通信キャリアについての調査です。

格安SIM台頭の今、スマホキャリアに求められるものは…?

格安SIM台頭の今、スマホキャリアに求められるものは…(株)イードでは、スマートフォンの通信キャリアに関する調査を実施しました。大手キャリアの契約者が感じる不満の第1位は「通信料金が高い」ことでした。ただし、格安スマホ(格安SIM)に移るには、まだ障壁があるようです。また、キャリアに期待することとして、格安スマホ事業者にはない、あるサービスが上位に挙げられました。 イードのリサーチ事業本部は、大手通信キャリア(docomo / au / SoftBank)と契約しているスマートフォンユーザー

企業情報サイト調査結果分析2014「第5回:CCサイト指数の推移」

企業情報サイト調査結果分析2014第5回:CCサイト指数の推移企業の改善成果を反映し上昇傾向に多くの企業ではサイト改善に際してKPIを設定しているが、その一つとしてユーザー評価を組み入れいている企業は少なくない。たとえば、毎年・毎月の改善の積み重ねの成果については「企業情報サイト調査」で確認し、大規模リニューアルについては、リニューアルの目的に応じて改めて評価項目を設定し、独自にユーザー調査を行うといったアプローチが採られるといったケースが見られる。図1はCCサイト指数の過去5年間の推移を示した

2014年11月6日ITRフィードバック数:0ビジネス

ITR Cross View:ファイル共有/転送市場の実態と展望2014

ITR Cross View:ファイル共有/転送市場の実態と展望2014本レポートは、オンラインファイル共有およびインターネット型電子転送の全2分野を対象に調査しています。本レポートのハイライトは以下の通りです。 調査ハイライトオンラインファイル共有未導入企業の9割強の企業が新規導入を予定ユーザー企業では、オンラインファイル共有製品・サービスの新規導入あるいはリプレース予定について8つ選択肢から回答を得ました(図1)。未導入の企業は全体の47.8%を占め、その内、9割強の企業が今後新規導入を予

2014年10月15日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Cross View:運用管理市場の実態と展望2014

ITR Cross View:運用管理市場の実態と展望2014本レポートは、サーバ管理、ネットワーク管理、ジョブ管理、PC資産管理、サービスデスク/インシデント管理、クラウド管理、仮想化構築の全7分野を対象に調査しています。本レポートのハイライトは以下の通りです。 調査ハイライト市場のLeadingベンダーは野村総合研究所サービスデスク/インシデント管理市場のベンダーの製品/サービスに対する、ユーザーの利用動向およびベンダー売上金額シェアから、ベンダー・ポジショニング「ITR DatumiX」

2014年8月21日日経BP★★フィードバック数:0企業情報システム

2020年がテーマです。

2020年のICTの在り方に関する調査

ユーザーは「クラウドに強い」ベンダーを選び、従来型ベンダーは存在を問われる ―2020年のICTの在り方に関する調査―2014年08月21日 日経BPコンサルティング(東京都港区)は、2020年にかけた企業ICTの利用トレンドと在り方を探るため、システム部門や経営・利用部門の勤務者を対象としたユーザー調査を7月に実施した(調査概要は下部参照)。 調査からは、企業情報システムが機器の所有からサービス利用に移り変わり、クラウドやモバイル利用が更に進展していく様子が伺えた。ICTベンダー企業は過去の利

2014年7月15日インプレスフィードバック数:0デジタル家電

電子書籍ビジネス調査報告書2014

―有料電子書籍利用率は10.4%に増加、タブレットでの利用者が急増―『電子書籍ビジネス調査報告書2014』7月17日発行~今年で12年目を迎える定番調査。市場規模、市場動向、ストア動向、ユーザー調査など満載~ インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、電子書籍市場を多角的に分析した『電子書籍ビジネス調査報告書2014』の販売を7月17

2014年6月17日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Cross View:DBMS/BI市場の実態と展望2014

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2017年4月27日(木)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 ITR Cross View:DBMS/BI市場の実態と展望2014本レポートは、RDBMS、DBMSアプライアンス、データ分析/レポーティング、DWH(データウェアハウス)用DBMS、データ・マイニング、テキスト・マイニング、ETL(Extract/Transform/Load)/データ・クレンジング、帳票作成運用の

2014年4月30日ITRフィードバック数:0マーケティング

ITR Cross View:マーケティング管理市場の実態と展望2014

ITR Cross View:マーケティング管理市場の実態と展望2014本レポートは、メール送信、メール処理、統合型マーケティング支援、アクセス解析、ソーシャルメディア解析、LPO(Landing Page Optimization:ランディングページ最適化)、広告効果測定、DMP(Data Management Platform:データマネジメント・プラットフォーム)の全8分野を対象にしており、本レポートのハイライトは以下の通りです。 調査ハイライトメール送信市場のLeadingベンダーはエ

2013年8月28日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドサービス市場、需要動向調査

企業の情報投資行動が大きく変化「クラウド」利用を最優先―国内クラウドサービス市場、需要動向調査まとまる― 2013年08月28日■ ICT投資総額が伸び悩む中、クラウドサービスの需要は急拡大を続ける ■ 国内クラウド市場は2015年度に1兆円、2017年度に2兆円に達する見通し ■ システム構築の際にクラウドを優先的に検討する「クラウドファースト」企業が7割に ■ クラウドの選択基準~~「コスト」より「セキュリティ」重視へと転換 (調査の詳細な分析を加えたレポート「国内クラウドサービス需要動向

日本と中国を比較しています。

「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第5回

報道関係各位2013年 5月14日博報堂DYグループスマートデバイス・ビジネスセンター「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第5回分析結果報告株式会社博報堂DYホールディングスのグループ横断型組織「博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター」(*1)は、日本のスマートフォンの普及状況を浮き彫りにするため、「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」(*2)を実施しております。この度、2013年2月に行った第5回調査の結果をご報告致します。スマートフォン保有率は前回(第4

モバイル広告に対する消費者の態度

WHAT'S NEW- 15ヵ国のスマートフォン・タブレットユーザー調査から -スマートフォンでソーシャルネットワーキングサービスの一つであるフェイスブックを利用していると、投稿を一覧で見ることができるニュースフィード上に製品・サービスの広告がよく表示されるようになった印象があります。モバイル、特にスマートフォンが普及するにつれて、製品・サービスを扱う企業にとって、モバイル上での広告展開は、今やマーケティングの優先事項の一つになってきているのではないでしょうか?一方、消費者が必ずしもこの動向に好

2012年10月30日インプレス★フィードバック数:7マーケティング

「ソーシャルメディアで得た情報が決め手となり、購買活動に結びついた商取引」についての調査です。

ソーシャルコマース調査報告書2013

ソーシャルメディア利用者の74.8%がソーシャルコマースの経験あり 最も影響を与えている情報は「友達や家族」の投稿やフィード 『ソーシャルコマース調査報告書2013』 11月1日発行 ソーシャルメディア利用者の74.8%がソーシャルコマースの経験あり 最も影響を与えている情報は「友達や家族」の投稿やフィード 『ソーシャルコマース調査報告書2013』 11月1日発行 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代

2012年8月22日インプレス★フィードバック数:99マーケティング

国内での各ソーシャルメディアの利用状況がわかります。

ソーシャルメディア調査報告書2012

Facebook利用者が24.5%へ急増、日本のソーシャルメディア人口は5060万人に 急成長するLINEは、男性10代や女性20代ではすでに半数近くが利用 『ソーシャルメディア調査報告書2012』 8月24日発行 Facebook利用者が24.5%へ急増、日本のソーシャルメディア人口は5060万人に 急成長するLINEは、男性10代や女性20代ではすでに半数近くが利用 『ソーシャルメディア調査報告書2012』8月24日発行 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事

2012年3月29日電通★フィードバック数:37モバイル

特に若年層の利用が伸びているようです。

スマートフォンについての利用実態を調査

平成 24 年 3 月 29 日電通、スマートフォンについての利用実態を調査~急増する若者ユーザーの「スマ充」ライフ~株式会社 電通(本社:東京都港区、社長:石井直 以下電通)は、近年急激に利用者数を増やしているスマートフォンに着目し、スマートフォンユーザーの利用実態調査を行いました。電通では 2003 年より 50 回にわたり「モバイルユーザー調査」続けておりますが、近年スマートフォン(以下スマホ)等の機器が急速に普及している状況を踏まえ、2009 年よりスマホに関する調査項目を加えました。今

企業サイト ユーザーとのコミュニケーション力診断

ホーム > ニュースリリース > 「ユーザーとのコミュニケーション力診断の結果を発表(全30サイト)」 ~コミュニケーション力の高い企業1位は「サントリー」~ ニュースリリース2012年3月23日「ユーザーとのコミュニケーション力診断の結果を発表(全30サイト)」 ~コミュニケーション力の高い企業1位は「サントリー」~ トライベック・ストラテジー株式会社(東京・渋谷区、代表取締役殿木和彦)は、「主要企業Webユーザビリティランキング2011<企業サイト編>」のうち、15業界別ランキング上位2

「おそうじロボット」ユーザー調査結果と将来展望

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング「おそうじロボット」ユーザー調査結果と将来展望 ◆ 購入ブランドは75%が「ルンバ」◆ 購入時期は直近2年が最も多い◆ 購入理由は「便利そうだった」64%。購入後の満足度は「ルンバ」「スマーボ」高い。◆ 2016年の販売台数予測は70万台、2010年比2.7倍市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、「おそうじロボット」購入者の調査をおこない、このほど、その結果をま

太陽光発電の潜在ユーザー調査です。

太陽光発電 潜在ユーザー調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング太陽光発電「選ぶ理由」アンケート−既築住宅編− • 東日本大震災やそれに関連する電力情勢は、24.5%の人々の購入意向に少なからず影響を与えた。• 潜在ユーザーの✓ 情報収集状況は「インターネットなど、自宅で調べられる範囲で情報収集」✓ 興味がある理由は、①電気代が節約できそう、②地球環境に貢献できそう✓ 購入検討時に重視することは、①耐用年数、②メーカーへの安心感・信頼感市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台

2011年7月14日スパイア★フィードバック数:55マーケティング

Googleのデータです。とYahoo!についての調査結果です。

Google・Yahoo!JAPAN ユーザー調査

Google・Yahoo!JAPAN ユーザー調査

2010年1月26日価格.com★フィードバック数:7ビジネス

価格コムがWindows 7に関する調査結果を発表しました。

Windows7購入状況調査

2009年10月に発売された新OS「Windows 7」。この最新OSの発売を待って、各パソコンメーカーも、例年に比べてやや遅めの年末商戦向け新モデルの販売を開始したが、その結果、2009年末のパソコン市場は久々に活気が戻ってきた形となった。発売前には、Windows 7に対してやや悲観的な論調を行っていたメディアなども見られたが、そうした予想を裏切り、Windows 7はそれなりにパソコン市場に大きなインパクトを与えたと見ていいだろう。こうした流れの中で、消費者側がWindows 7をどのよう

2009年10月13日価格.com★フィードバック数:5ビジネス

カカクコムによるWindows7に関するアンケート結果です。

Windows 7発売直前アンケート!-あなたは買う?買わない?-

No.034 Windows 7発売直前アンケート!-あなたは買う?買わない?- Windows Vistaへの不満が高めた、Windows 7への期待今回の調査では、この10月22日に発売される新OS「Windows 7」に関する消費者の声を聞いた。ちなみに、Windows 7は、前OS「Windows Vista」でユーザーから寄せられたさまざまな問題点を改良した一種のマイナーバージョンアップという意味合いが強く、Windows Vistaに比べて大きく進化した点はそれほど多くない。しか

2009年9月14日価格.com★フィードバック数:36モバイル

カカクコムがスマートフォンに関する調査結果を発表しました。

スマートフォン購入状況調査

今回は、最近人気を増している「スマートフォン」について調査を行った。スマートフォンの定義づけには各種あるが、ここでは「パソコンと同様のインターネットブラウジングとメール送受信が行える携帯電話」という意味で用いており、大人気のアップル「iPhone 3G/GS」をはじめとして、マイクロソフトが推進する「Windows Mobile」搭載製品や、欧米で人気の「BlackBerry」。さらに最近登場した「グーグル携帯」、またウィルコムが販売してきた「W-ZERO3シリーズ」などもこれに含んでいる。この

2009年4月20日インプレスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

移転/統合意向は4割『インターネットデータセンター調査報告書2009』

【調査結果】移転/統合意向は4割『インターネットデータセン ター調査報告書2009』発売(4/14)データセンターの移転/統合意向は4割、移転ニーズが上昇『インターネットデータセンター調査報告書2009』発売2009年4月14日株式会社インプレスR&Dインプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、データセンターに関する調査結果を発

2009CESA一般生活者調査報告書

社団法人コンピュータエンターテインメント協会 日本全国で、およそ3人に1人(29.4%)がゲームファン携帯ゲーム機に欲しい複合機能は、音楽、Web、カメラ半数以上がゲームを「医療・リハビリ、教育・学習」に役立てたい!『2009CESA一般生活者調査報告書』完成書籍版・デジダルデータCD版同時発刊! 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA、会長:和田洋一、事務局:東京都港区西新橋)では、この度毎年継続調査している日本の一般消費者を対象としたゲーム利用などに関する調査報告書

2009年2月9日価格.com★フィードバック数:0モバイル

カカクコムによる携帯電話の購入に関する調査です。

携帯電話買い替え調査!-あなたの携帯電話はいつ買った?-

No.026 携帯電話買い替え調査! -あなたの携帯電話はいつ買った?- 携帯電話の販売不振が続いている。社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)の発表によれば、2008年4月〜11月の携帯電話の販売台数は2486万台(前年同期比75.8%)とふるわず、携帯電話の販売数は5か月連続で前年割れが続いている。こうした状況に陥った理由はいくつかあげられる。1つは、携帯電話の世帯普及率がすでに90%を超えており、携帯電話の新規契約数が鈍化していること。もう1つは、携帯電話の買い換え(機種変更)需

2008年10月16日価格.com★フィードバック数:6デジタル家電

カカクコムによるデジタル一眼レフカメラに関する調査です。

デジイチ徹底調査!-あなたのこだわりは?-

No.022 デジイチ徹底調査! -あなたのこだわりは?- デジタル一眼レフカメラというものが一般的になりはじめてから、すでに5〜6年が経過している。この間の技術進化はすさまじく、各カメラメーカーが独自の機能を盛り込みつつ熾烈な競争を繰り広げてきたことで、現在標準となっているさまざまな機能(手ぶれ補正、ダストリダクション、ライブビューなど)が一般化してきた。映像素子の画素も、かつては600〜800万画素だったものが、すでに1000万画素を超えるのが普通の時代。この間に、ホワイトバランスやオー

アスキーによるMacユーザーとWindowsユーザーの比較調査です。

Mac ユーザー調査

Mac ユーザー調査

ワンセグユーザー最新動向調査

ワンセグユーザー最新動向調査 [2008年8月] シード・プランニング オンラインショップ 市場調査レポートワンセグユーザー最新動向調査 [2008年8月] ”北京五輪”はワンセグ利用にどう影響したか!次世代の携帯向け放送サービスに期待される機能やサービスは!サービス開始から約2年半、2008年8月時点のワンセグ携帯の利用実態を把握。過去2年の調査結果と比較し、ワンセグユーザーの変化を分析! ワンセグ携帯の出荷台数(累計)は2008年7月末では3971万台、携帯電話へのワンセグ搭載率は79.

シード・プランニングがPNDの市場動向とユーザー実態を調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングシード・プランニングがPNDの市場動向とユーザー実態を調査 日本のPND市場は2015年には3.3倍の357万台にPND購入者の62%は初めてのカーナビ購入者。PNDは新規ユーザー層を開拓PNDは軽自動車ユーザーだけでなく小型普通車にも普及調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(東京・台東区 梅田佳夫社長)は、このほどPNDの動向調査を実施し、調査研究レポート「日本カーナビ市場におけるPNDの動向分析と購入ユーザー調査」(2008

2008年7月7日価格.com★フィードバック数:0モバイル

カカクコムによるiPhone調査です。

iPhone買う!?買わない!?

7月11日に国内での発売が急きょ決定し大きな話題を呼んでいるアップルの「iPhone」(iPhone 3G)。日本国内では、ソフトバンクとドコモのいずれのキャリアで発売されるかがユーザーの関心事となっていたが、最終的にはソフトバンクからの発売が決定し、ひとまずは結論が出た形となった。気になる端末の料金や、月々の使用料金プランも発表され、日に日にその全貌が見えつつあるiPhoneだが、当のユーザーはiPhoneをどのように見ているのだろうか。まず、「iPhoneを買いたいと思うか?」という質問に対

DVDの利用状況から次世代DVDに関する意識まで、分厚い資料です。

DVD ユーザー調査 2007

DVD ユーザー調査 2007

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ