「ユーロ圏」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

限られるユーロ圏に吹く追い風の景気刺激効果~市場波乱の拡大につながる原油価格の反転上昇~

限られるユーロ圏に吹く追い風の景気刺激効果~市場波乱の拡大につながる原油価格の反転上昇~

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

遂にギリシャがユーロ離脱へ向かうのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 遂にギリシャがユーロ離脱へ向かうのか?次の脅威は「Spexit」や「Italexit」。ギリシャ情勢の今後の見通し 2015年6月26日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆2015年6月25日、緊急のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)が前日に続きブリュッセルで開催され、ギリシャへの第2次支援プログラムの最終合意について協議が行われた。債権団側は、ギリシャの新改革案に対する修正案

2015年6月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2015.6)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

ギリシャ新提案で交渉決裂は回避:6月22日ユーログループ、ユーロサミット

ギリシャ新提案で交渉決裂は回避:6月22日ユーログループ、ユーロサミット | ニッセイ基礎研究所 ギリシャ新提案で交渉決裂は回避:6月22日ユーログループ、ユーロサミット 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり22日のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)、ユーロ圏臨時首脳会合(ユーロサミット)は、前日のギリシャ政府による新たな「改革プログラム」の提示を受けて、無秩序な債務不履行(デフォルト)、ユーロ離脱に発展しかねない交渉の決裂を回避した。48時間で支援機関が新提案を精査、欧州時間の24日夜にユ

米国・欧州主要国の景気概況(2015年6月)

I.米国経済【景気概況】 景気は緩やかに拡大しているが、弱めの動きが目立つ【トピック】 年始以降の貯蓄率の上昇をどう評価するか【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は緩やかに回復している【トピック】 緊迫感を強めるギリシャ情勢【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気は減速しているが、底堅さを維持している【英国の主要経済指標】

2015年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

6月3日ECB政策理事会:ギリシャのユーロ圏残留には「強固な合意」が必要

6月3日ECB政策理事会:ギリシャのユーロ圏残留には「強固な合意」が必要 | ニッセイ基礎研究所 6月3日ECB政策理事会:ギリシャのユーロ圏残留には「強固な合意」が必要 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり欧州中央銀行(ECB)が3日、政策理事会を開催、現状維持を決めた。ドラギ総裁は、金融政策の完全実施の方針を確認する一方、長期にわたる低金利の環境でのボラティリティーの高まりに「なれるべき」との見解を示した。ギリシャと支援機関との改革プログラムの交渉の進捗状況やECBとしての政策対応について

2015年6月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安はもう終わったのか

リサーチ TODAY2015 年 6 月 3 日原油安はもう終わったのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創ECBの量的緩和やギリシャの資金繰り問題を背景に、1ユーロ=1.10ドルを割るドル高ユーロ安となっていたユーロ/ドル相場が、4月下旬以降はユーロ高方向に振れる展開となった。それまでの急速な債券高に対する巻き戻しによって、ドイツの長期金利が急上昇したことでユーロ高圧力が高まったためである。こうした一連の動きの背景には、下記の図表に示されるように、折からの原油相場の反発によってインフレ期

ともに追い詰められたギリシャと支援国~ギリシャのユーロ圏離脱以外には乏しい選択肢~

ともに追い詰められたギリシャと支援国~ギリシャのユーロ圏離脱以外には乏しい選択肢~

2015年5月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2015.5)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2015年5月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

好調なユーロ圏の個人消費~雇用・財政・金融面からの追い風は続く~

好調なユーロ圏の個人消費~雇用・財政・金融面からの追い風は続く~

リスク資産への回帰が見られる欧州金融市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年5月21日リスク資産への回帰が見られる欧州金融市場 欧州金融市場では2015年に入り、株式やハイ・イールド社債などリスク資産への資金回帰が鮮明になっています。2014年の欧州は、年末にかけて、ドイツなどで景気鈍化がみられたことに加え、ウクライナ問題や原油価格急落などが相次ぎ、国債や投資適格社債など比較的安全とされる資産が選好されました。しかしながら、ECB(欧州中央銀行)が量的緩和の導入を決定した2015年1月以降は、流動性拡大

2015年5月21日富士通フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し(2015年5月改訂)

【PRESS RELEASE】2015・2016年度経済見通し(2015年5月改訂)2015年5月20日 株式会社富士通総研2015・2016年度経済見通し(2015年5月改訂) -賃金上昇を起点とした好循環へ-当社は、2015年1~3月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、アメリカの回復やユーロ圏の持ち直しにより、引き続き緩やかな拡大を続けていくと見込まれます。日本経済は賃金上昇によって消費が回復し、円安による国内への生産回帰が設備投資を刺激し、加えて輸

米国・欧州主要国の景気概況(2015年5月)

I.米国経済【景気概況】 1~3月期の実質GDPは前期比年率+0.2%に成長が失速【トピック】 次期大統領選挙運動の火蓋が切られる【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は緩やかに回復している【トピック】 緩やかに持ち直す銀行融資【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 1~3月期実質GDPの前期比成長率は+0.3%に低下【英国の主要経済指標】

「約2年ぶりの水準」ユーロ圏の2015年1-3月期の実質GDP成長率(前期比)

ご参考資料この数字はなんだ?ナンバー・ナンダーVol.892015年5月14日ユーロ圏の2015年1-3月期の約実質GDP成長率(前期比)92.6年ぶりの水準です欧州連合統計局(Eurostat)が13日に発表した2015年1-3月期の実質GDP(域内総生産)成長率の速報値は、市場予想通りの前期比0.4%増と、前期(2014年10-12月期)の同0.3%増を上回る伸びとなりました。伸び率が2013年4-6月期以来、約2年ぶりの水準に上昇したほか、8四半期連続のプラスとなったことで、ユーロ圏経済の

2015年5月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

1-3月期ユーロ圏GDP速報値 ~先進国で最も高成長の栄冠はユーロ圏に~

1-3月期ユーロ圏GDP速報値 ~先進国で最も高成長の栄冠はユーロ圏に~

ユーロ圏における政治リスクの高まりと景気対策の課題

ユーロ圏における政治リスクの高まりと景気対策の課題

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏の景気回復は本物か?~懸念される好環境の反転による影響の拡大~

ユーロ圏の景気回復は本物か?~懸念される好環境の反転による影響の拡大~

2015年4月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2015.4)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2015年4月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 消費が牽引する景気回復

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 消費が牽引する景気回復順調なスタートを切ったECBの国債買取プログラム ◆ECBが3月9日に開始したPSPP(国債等公的部門の債券買取を通じた量的緩和策)は順調なスタートを切り、ABSなど民間部門の債券買取と合わせて月額600億ユーロの資産買取が進行中である。PSPPを含む過去1年余りのECBの追加金融緩和措置により、ユーロ圏各国で国債利回り低下や銀行の貸出金利低下が進んでいるが、20

2015年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏の銀行貸出調査 ~量的緩和の効き目はありますか?~

ユーロ圏の銀行貸出調査 ~量的緩和の効き目はありますか?~

米国・欧州主要国の景気概況(2015年4月)

I.米国経済【景気概況】 景気は一時的に鈍化も緩やかな拡大が続く【トピック】 復調してきた住宅市場【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は緩やかに持ち直している【トピック】 量的緩和の効果が色濃く出ているドイツの金融市場【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気は減速しているが明るい動きも【英国の主要経済指標】

「4ヵ月」ユーロ圏の2015年3月の総合PMIの連続上昇月数

「4ヵ月」ユーロ圏の2015年3月の総合PMIの連続上昇月数

2015年3月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:3月ユーロ圏PMI指数(速報) ~開花宣言~

欧州経済指標コメント:3月ユーロ圏PMI指数(速報) ~開花宣言~

2015年3月28日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏の輸出回復への過度な期待は禁物-ユーロ安効果は小さく、新興国景気は減速

ユーロ圏の輸出回復への過度な期待は禁物-ユーロ安効果は小さく、新興国景気は減速

2015年3月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

回復に向かう欧州が引きずるギリシャ問題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ユーロ圏に関する朗報の一つは、スペインや、ポルトガルなど財政問題で揺れていた南欧諸国の一部で、過去数四半期にわたり実質成長率がプラス成長を続けていることである。またユーロ圏全体としても、来年にかけて成長率が上向くことが予想される。ただ、それでもリーマン・ショック前のGDP水準のピークと比べ、14年第4四半期時点で、スペインは5.9%、ポルトガルは6.8%、イタリアは9.6%、さらにギリシャでは26.4

2015年3月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2015.3)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

ギリシャ経済の構造調整と成長の持続可能性~改めて問われる経済戦略の在り方~

○本レポートの目的は、欧州債務問題が発生して以降のギリシャ経済の構造調整の進捗度合いを評価するとともに、成長の持続可能性の向上という観点から、ギリシャと欧州連合(EU)に求められる経済戦略の在り方を整理することにある。○総需要の抑制に努めた結果、ギリシャ経済はユーロ導入以降の成長の果実を失った。その対価として対外バランスの調整は進んだが、対内バランスの調整はまだ道半ばである。金融市場が落ち着きを取り戻しているなかで、対内バランスの調整を促すためにも、財政緊縮を継続する必要性は薄らいでいる。○他方

米国・欧州主要国の景気概況(2015年3月)

I.米国経済【景気概況】 弱めの動きも見られるが景気は緩やかな拡大が続く【トピック】 債務上限問題は軟着陸の公算【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は緩やかに持ち直している【トピック】 北欧でも強まる低金利環境【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気は減速している【英国の主要経済指標】

欧州経済見通し~ユーロ圏:金融緩和、ユーロ安、原油安が支える回復/英国:消費主導で成長。総選挙後の政局は不透明~

欧州経済見通し~ユーロ圏:金融緩和、ユーロ安、原油安が支える回復/英国:消費主導で成長。総選挙後の政局は不透明~ | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し~ユーロ圏:金融緩和、ユーロ安、原油安が支える回復/英国:消費主導で成長。総選挙後の政局は不透明~ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり年半ばの踊り場を脱し、緩やかな回復基調を取り戻しつつある。ECBの金融緩和、ユーロ安、原油安などによりユーロ圏内が改善方向で一致し始めた。回復傾向は今後も続き、成長率は15年1.3%、16年1.7%と潜在成長率

2015年3月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第184回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第184回日本経済予測(改訂版)日本経済に関する3つの論点を検証する~①原油安の影響、②設備投資の国内回帰、③ユーロ圏の日本化~ :2014年10-12月期GDP二次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲1.0%(前回:同▲0.9%)、2015年度が同+1.9%(同:同+1.9%)、2016年度が同+1.8%(同:同+1.8%)である。当社が従来から

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

移民とユーロ圏の経済・政治情勢~経済成長の底上げ期待の一方で政治面では懸念材料に~

移民とユーロ圏の経済・政治情勢~経済成長の底上げ期待の一方で政治面では懸念材料に~

2015年2月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2015.2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第184回日本経済予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第184回日本経済予測日本経済に関する3つの論点を検証する~①原油安の影響、②設備投資の国内回帰、③ユーロ圏の日本化~ :2014年10-12月期GDP一次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲0.9%(前回:同▲0.5%)、2015年度が同+1.9%(同:同+1.8%)、今回新たに予測した2016年度が同+1.8%である。当社が従来から指摘してきた

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 追い風を無駄にするなかれ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 追い風を無駄にするなかれ原油安とユーロ安に加え、ECBが量的緩和策の実施を決定 ◆ユーロ圏の2014年10-12月期GDP成長率は前期比+0.3%に加速し、2014年年央の景気停滞を抜け出しつつある。2014年通年では+0.9%と3年ぶりのプラス成長となった。10-12月期の成長率押し上げに貢献したのはドイツとスペインで、共に前期比+0.7%に成長率が加速した。他方でフランス(同+0.

2015年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10-12月期ユーロ圏GDP速報値 ~回復の萌芽~

欧州経済指標コメント:10-12月期ユーロ圏GDP速報値 ~回復の萌芽~

米国・欧州主要国の景気概況(2015年2月)

I.米国経済【景気概況】 14年10~12月期GDPは前期比年率+2.6%に成長鈍化【トピック】 年明けの個人消費は一時的に弱含む可能性【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 緩やかに持ち直している【トピック】 ECBは3月からの量的緩和実施を表明【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 14年10~12月期GDP成長率は前期比+0.5%に低下【英国の主要経済指標】

2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2015年2月)ギリシャ問題に注視を

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2015年2月)ギリシャ問題に注視を~広範な金融緩和開始は好材料~ ◆ECBの量的緩和は新興国にとっては好材料であろう。特に、米国が金利引き上げに動く場合、新興国からの資本流出圧力の緩和に資すると期待される。◆これまでの原油価格の急落、多くの新興国でも開始された金融緩和などの効果により、2015年の世界経済の成長率は緩やかな加速が見込まれる。その際、最大のリスクはギリシャのユーロ圏離

2015年1月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2015.1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 金融緩和の成果が問われる

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 金融緩和の成果が問われるドイツの景況感は3か月連続で改善 ◆1月22日のECB金融政策理事会ではついに国債購入プログラムの採用が決定されると予想される。直接の原因は原油価格急落だが、ユーロ圏の12月の消費者物価上昇率は前年比-0.2%に落ち込み、消費者と企業の物価見通しは低下傾向にある。これに歯止めをかけ、また、ユーロ圏内の企業向け融資を活性化させて投資拡大につなげることが追加緩和策の

米国・欧州主要国の景気概況(2015年1月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く【トピック】 2015年の米金融政策のポイント【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 足踏みしているが持ち直しの動きも【トピック】 懸念されるロシアの通貨不安【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 個人消費主導の景気拡大が続く【英国の主要経済指標】

「-0.2%」ユーロ圏の2014年12月の消費者物価指数 (HICP、前年同月比)

「-0.2%」ユーロ圏の2014年12月の消費者物価指数 (HICP、前年同月比)

成長力が強まるフランス? 牽引力を弱めるドイツ?~ユーロ圏で高まる景気低迷長期化の可能性~

成長力が強まるフランス? 牽引力を弱めるドイツ?~ユーロ圏で高まる景気低迷長期化の可能性~

2014年12月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.12)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2014年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:12月ユーロ圏PMI指数(速報) ~追加緩和を覆す改善ではない~

欧州経済指標コメント:12月ユーロ圏PMI指数(速報) ~追加緩和を覆す改善ではない~

米国・欧州主要国の景気概況(2014年12月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く【トピック】 共和党によるFRBへの「干渉」に対する警戒感が高まる【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 7~9月期の実質GDPは前期比+0.2%【トピック】 再燃が警戒されるギリシャの財政問題【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 個人消費主導の景気拡大が続く【英国の主要経済指標】

欧州経済見通し~ユーロ圏:強まるデフレ懸念。政策対応を強化/英国:GDPギャップ解消へ~

欧州経済見通し~ユーロ圏:強まるデフレ懸念。政策対応を強化/英国:GDPギャップ解消へ~ | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し~ユーロ圏:強まるデフレ懸念。政策対応を強化/英国:GDPギャップ解消へ~ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年のユーロ圏の実質GDPは0.8%と3年振りにプラス成長に転じる見通しだが、GDP

ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か?

ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か? | ニッセイ基礎研究所 ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か? 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ユーロ圏のインフレ率はユーロ高が修正された後も低位での推移が続く。景気回復のペースが上がらず、大幅なGDPギャップが解消しないためだ。国債買い入れによる量的緩和への期待は高いが制

ユーロ圏を巡るリスクシナリオ~世界的な市場波乱のトリガーにも~

ユーロ圏を巡るリスクシナリオ~世界的な市場波乱のトリガーにも~

2014年11月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.11)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ