調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユーロ圏インフレ率

「ユーロ圏インフレ率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年4月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

課題が多いECBの量的緩和~QEは年後半以降のインフレ動向次第~

みずほインサイト欧 州2014 年 4 月 11 日課題が多い ECB の量的緩和欧米調査部シニアエコノミストQE は年後半以降のインフレ動向次第03-3591-1265中村正嗣masashi.nakamura@mizuho-ri.co.jp○ 4月ECB政策理事会でドラギ総裁は、ユーロ高への警戒感と量的緩和(QE)を実施する可能性を表明した。とりわけ、タカ派を含めてQEへの支持があったことが大きな注目である。○ しかし、ドラギ総裁の発言はユーロ圏におけるQE実施には多くの課題があるとの当方の認

2014年2月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2014年2月号

みずほ欧州経済情報2014年2月号[欧州経済の概況][トピック:南欧諸国の経常収支が黒字化~持続性が今後の課題]◆2013年のユーロ圏経常黒字は約2,200億ユーロ(名目GDP比2.3%相当)と過去最大となり、南欧諸国では経常収支が黒字に転じた。◆南欧の経常収支改善の要因を見ると、一部では構造改革による輸出競争力の高まりがうかがわれるが、内需悪化による輸入減少という景気循環要因の影響が大きい国もある。今後、景気回復に伴う輸入増加が見込まれるため、経常黒字の持続性が問われそうである。◆経常収支の裏

2013年11月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

デフレへの警戒を強めるECB~11月政策理事会、政策金利は過去最低に引き下げ~

みずほインサイト欧 州2013 年 11 月 12 日デフレへの警戒を強める ECB市場調査部シニアエコノミスト11 月政策理事会、政策金利は過去最低に引き下げ03-3591-1265中村正嗣masashi.nakamura@mizuho-ri.co.jp○ ECBは11月7日の政策理事会で主要政策金利を0.25%に引き下げることを決定した。加えて、従来のガイダンスを踏襲し、更なる利下げの可能性を排除しない姿勢も示した。○ ドラギ総裁は、一部のユーロ加盟国(南欧)での物価下落に言及し、ディス・イ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ