調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユーロ圏インフレ率

「ユーロ圏インフレ率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年2月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2014年2月号

みずほ欧州経済情報2014年2月号[欧州経済の概況][トピック:南欧諸国の経常収支が黒字化~持続性が今後の課題]◆2013年のユーロ圏経常黒字は約2,200億ユーロ(名目GDP比2.3%相当)と過去最大となり、南欧諸国では経常収支が黒字に転じた。◆南欧の経常収支改善の要因を見ると、一部では構造改革による輸出競争力の高まりがうかがわれるが、内需悪化による輸入減少という景気循環要因の影響が大きい国もある。今後、景気回復に伴う輸入増加が見込まれるため、経常黒字の持続性が問われそうである。◆経常収支の裏

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2013年10月号

みずほ欧州経済情報2013年10月号[欧州経済の概況][トピック:景気回復と財政再建の両立を目指す各国の2014年予算案]◆今年からユーロ圏では次年度予算案を事前に欧州委員会が審査するという新たな制度が開始される。各国の2014年予算案は、ユーロ圏の方針に沿い、成長に配慮し、緊縮ペースを緩める内容となった。◆但し、予算見通しの甘さが指摘されている国もある。新制度の下、欧州委員会が不適切と判断すれば各国に是正を求めるであろうが、厳しい緊縮を課せば、景気腰折れを招く恐れもあり、難しいバランスが求めら

2013年4月26日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2013年4月号

みずほ欧州経済情報2013年4月号[欧州経済の概況][トピック:今年も「ユーロ圏は春以降に失速する」パターンを辿るのか?]◆今年に入りユーロ圏企業業況が低下に転じ、「ユーロ圏景気は春先以降に減速感が強まる」という過去数年のパターンとの類似性がみられる。イタリアの政局不安など新たな問題が噴出したことも例年と同じである。◆これまでと大きく異なる点もある。南欧のソブリン債市場が安定していることだ。ECBのOMTや南欧の経常収支改善への安心感が背景とみられ、現状、金融不安の再燃によるユーロ圏景気の失速懸

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ