調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユーロ圏成長率

「ユーロ圏成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年5月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し

2014・15年度内外経済見通し2014年5月16日[海外経済]先進国を中心に回復◆米国経済:家計のバランスシート調整が進展し、民間需要は堅調。雇用も順調に拡大2014年:+2.3%(3月予測+2.5%)2015年:+2.8%(3月予測+2.7%)◆欧州経済:輸出・設備投資主導で回復が続くものの、南欧諸国の低迷により、成長率は1%台前半にとどまる見通し2014年:+1.0%(3月予測+1.2%)2015年:+1.3%(3月予測+1.3%)◆アジア経済:緩やかな景気拡大が見込まれるが、過剰投資是正

2013年12月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ欧州経済情報]2013年11月号

みずほ欧州経済情報2013年11月号[欧州経済の概況][トピック:マネー動向からうかがわれるユーロ圏経済の低体温]◆ユーロ圏マネーサプライ(M3)の弱さが続いている。主因は民間向け信用、とりわけ企業向け中心に貸出が減少し続けていることにある。◆貸出の減少基調には、景気後退の影響や民間の借入抑制姿勢等の需要サイドの要因のみならず、欧州債務危機や不良債権問題によって金融の目詰まりが生じているという供給サイドの要因もあると考えられる。◆ユーロ圏景気の本格的な回復には金融システムの健全化が必要不可欠であ

2013年11月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

2013・14年度内外経済見通し2013年11月15日[海外経済]◆米国経済:政府支出の減少が下押し圧力となるが、家計のバランスシート調整が進展し、民間需要は堅調。雇用も順調に拡大2013年:+1.7%(9月予測+1.5%)2014年:+2.3%(9月予測+2.2%)◆欧州経済:財政面からの下押し圧力が緩和してプラス成長に。ただし、南欧諸国の低迷が続き、成長率は2014年も1%を下回る見通し2013年:▲0.4%(9月予測▲0.3%)2014年:+0.9%(9月予測+0.8%)◆アジア経済:緩や

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ