調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユーロ圏景気

「ユーロ圏景気」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

世界経済の見通しです。

2015/2016年世界経済見通し(2015年1月)

【プレスリリース】 2015/2016年世界経済見通し(2015年1月)~米国の利上げを乗り越えて緩やかに拡大する世界景気~ 2015年01月15日○2015年の世界の実質経済成長率は+3.5%に、続く16年は+3.3%になると予測した。世界の景気は2015年前半にかけて緩やかに加速するが、早ければ年中頃にも予想される米国の利上げを受けて、2015年後半以降は減速基調で推移するだろう。ただ金融市場は米国の利上げを概ね順調に消化するため、調整は軽微に留まり、世界経済の成長の腰折れは避けられよう。○

堅調な拡大を続ける英国経済~英ポンドは対円で上昇の見通し~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月29日堅調な拡大を続ける英国経済~英ポンドは対円で上昇の見通し~ 24日に発表された、英国の7-9月期のGDP成長率速報値は前年同期比+3.0%と、前期の伸びを0.2ポイント下回ったものの、地政学的リスクの高まりやユーロ圏景気の軟調を考えると、かなり堅調な伸びとなりました。景気拡大は裾野の幅広いものとなっており、中でも主な牽引役となっているのは、産業構成比の約8割を占め、前年同期比+3.3%を記録したサービス部門です。そし

足元の欧州景気について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月15日14日に発表されたユーロ圏の4-6月期GDP成長率(速報値)は、前期比横ばいにとどまりました。ドイツやイタリアでマイナス成長となったことが、全体での景気回復の勢い鈍化につながりました。ただし、ユーロ圏景気のけん引役となってきたドイツが今回、マイナス成長に転じた主な背景は、暖冬の影響で1-3月期に高めの成長となった反動の影響と考えられています。また、スペインのように、これまで金融支援を受けてきた国で成長加速を続ける国も確認

2014年5月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し

2014・15年度内外経済見通し2014年5月16日[海外経済]先進国を中心に回復◆米国経済:家計のバランスシート調整が進展し、民間需要は堅調。雇用も順調に拡大2014年:+2.3%(3月予測+2.5%)2015年:+2.8%(3月予測+2.7%)◆欧州経済:輸出・設備投資主導で回復が続くものの、南欧諸国の低迷により、成長率は1%台前半にとどまる見通し2014年:+1.0%(3月予測+1.2%)2015年:+1.3%(3月予測+1.3%)◆アジア経済:緩やかな景気拡大が見込まれるが、過剰投資是正

2014年2月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2013・14・15年度 内外経済見通し

2013・14・15年度内外経済見通し2014年2月18日[海外経済]先進国を中心に緩やかに回復◆米国経済:家計のバランスシート調整が進展し、個人消費・住宅投資は堅調。雇用も順調に拡大2014年:+2.6%(12月予測+2.4%)2015年:+2.7%◆欧州経済:輸出・設備投資主導で回復が続くものの、南欧諸国の低迷により、成長率は1%台前半にとどまる見通し2014年:+1.1%(12月予測+0.9%)2015年:+1.3%◆アジア経済:緩やかな景気拡大が見込まれるが、過剰投資是正の影響で中国経済

2013年11月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済情報:欧州中央銀行(ECB)~物価の下振れを受けて過去最低水準に利下げを決定~

平成 25 年(2013 年)11 月 8 日NO.2013-31欧州中央銀行(ECB)~物価の下振れを受けて過去最低水準に利下げを決定~【要旨】— 欧州中央銀行(ECB)は 11 月 7 日に開催された理事会において利下げを決定し、主要リファイナンス金利は現行の 0.50%から 25bp 引き下げられ、過去最低の 0.25%となった。利下げの実施は今年 5 月以来 6 ヵ月ぶり。同時に上限金利である限界貸出金利は 1.00%から 0.75%に引き下げられたが、下限金利となる中銀預金金利は従来の

米国・欧州主要国の景気概況(2013年10月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く中でFRBはQE3縮小を見送る【トピック】 不透明感を高める米国の財政問題【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 緩やかに持ち直すユーロ圏景気【トピック】 景気持ち直しの萌芽がみられるイタリアとスペイン【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 生産・消費の両面で緩やかな回復が続く【英国の主要経済指標】

2013年9月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2013年9月号 ドル円:当面は方向感を欠くものの、徐々に円安ドル高基調へ。ユーロ:ユーロの上値が重い展開が続く見通し

為替相場展望2013年9月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆為替相場概説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆トピックス①:円安ドル高基調復帰の条件・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.3◆トピックス②:独米2年債金利差が導くユーロ相場・・・・・・・・

米国・欧州主要国の景気概況(2013年8月)

I.米国経済【景気概況】 4~6月期GDPは前期比年率+1.7%に加速【トピック】 なかなか高まらない米国のインフレ率【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 緩やかに持ち直すユーロ圏景気【トピック】 底堅く推移する「低リスク通貨」ユーロ【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 4~6月期GDPは前期比+0.6%に加速【英国の主要経済指標】

欧州経済見通し-中核国にも広がる景気格差-

欧州経済見通し-中核国にも広がる景気格差- | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し-中核国にも広がる景気格差- 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり2月総選挙後のイタリアの新たな政権の枠組みは未だ確定していなものの、域外経済の回復期待も支えとなり、ユーロ圏の金融市場は昨年のような緊張の高まりを免れている。2013年入り後のユーロ圏景気の下げ止まりの兆しはもっぱらドイツが牽引しているもので、過剰債務と構造改革の圧力を受けている過剰債務国だけでなく、中核国でもフランスやオランダなどの回復が遅れてい

2013年2月18日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

2014年度までの見通しです。

2012・13・14年度 内外経済見通し

2012・13・14年度内外経済見通し2013年2月15日2012年10~12月期GDP統計1次速報の公表などを受け、みずほ総合研究所は2012・13・14年度の内外経済見通しを作成しました。各国・地域の成長率予測の概要は以下の通りです。[海外経済]◆米国経済:緊縮財政の影響で2013年は減速。バランスシート調整の進展を背景に2014年にかけて景気は緩やかに持ち直し2013年:+1.4%(12月予測+1.4%)2014年:+2.0%◆欧州経済:債務問題への不安が完全に払拭されるには至らず、緊縮財

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ