調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユーロ圏経済

「ユーロ圏経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 追い風ときどき向かい風

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 追い風ときどき向かい風ECBは資産買取プログラムを粛々と継続 ◆ユーロ圏の2015年1-3月期のGDP成長率(速報値)は、前期比+0.4%に加速した。ドイツ、フランス、イタリア、スペインの主要4ヵ国がほぼ5年ぶりにそろってプラス成長となったが、原油価格下落という追い風を得た個人消費が牽引役となり、ユーロ圏における景気回復が広がりを持ってきたと判断される。ただ、原油安、ユーロ安、金利低下

ECBの量的緩和で何が変わったか~自律的回復の芽生え、ギリシャ問題への耐性~

ECBの量的緩和で何が変わったか~自律的回復の芽生え、ギリシャ問題への耐性~ | ニッセイ基礎研究所 ECBの量的緩和で何が変わったか~自律的回復の芽生え、ギリシャ問題への耐性~ 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が、資産買入れプログラムを、国債等を含む月600億ユーロに拡大することを決めてから4カ月、実

2015年5月21日浜銀総合研究所フィードバック数:0社会/政治

わが国経済の見通し2015年度・2016年度(2015年5月改訂)

浜銀総研News Release2015年5月20日2015年度・2016年度の景気予測(2015年5月改訂)−日本経済は輸出や個人消費などに支えられて2年連続のプラス成長へ−----------------------------------要旨----------------------------------○2015年1∼3月期の実質GDP(国内総生産)は前期比+0.6%と2四半期連続でのプラス成長となった。内訳をみると、雇用情勢の回復などを支えとして個人消費が同+0.4%と3四半期連続

ECBの量的緩和策とユーロ圏経済~様々な制約条件の下で効果は未知数~

ECBの量的緩和策とユーロ圏経済~様々な制約条件の下で効果は未知数~

2015年2月22日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏経済の動向 ~ギリシャ不安再燃に揺れるユーロ圏経済~

ユーロ圏経済の動向 ~ギリシャ不安再燃に揺れるユーロ圏経済~

ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~

ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~ | ニッセイ基礎研究所 ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら EUの欧州委員会は、2月5日に公表した「2015年冬季経済予測」で、15年の実質GDPを前回(11月時点)予測からユー

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

原油価格の下落とユーロ圏経済~負の影響が拡大する可能性も~

情勢判断海外経済金融原 油 価 格 の下 落 とユーロ圏 経 済∼負 の影 響 が拡 大 する可 能 性 も∼山口 勝義要旨原油価格の下落がユーロ圏経済に与える影響は、今後の価格推移に依存するほか、直接的のみならず間接的な影響が及ぶ可能性もあることから、その趨勢は見極め難い。ただし少なくとも、好影響のみならず負の影響が拡大するリスクに注意が必要となっている。はじめに120輸出への依存度の高いロシア経済の疲弊110に対する懸念を主因として、世界の金融10080げ 17.0%とする緊急対策に踏み切っ

ユーロ圏を巡るリスクシナリオ~世界的な市場波乱のトリガーにも~

情勢判断海外経済金融ユーロ圏 を巡 るリスクシナリオ~世 界 的 な市 場 波 乱 のトリガーにも~山口 勝義要旨ユーロ圏では景気対策の機能不全やギリシャにおける政治情勢の不安定化に伴うリスクシナリオが想定されるが、これらは諸環境の一層の困難化とともにその影響の範囲をユーロ圏外にも広げ、世界的な市場波乱のトリガーとして働くことになる可能性が考えられる。はじめに図表1 株価指数(2013年12月31日=100)12010 月に入り世界の市場は突然の波乱にスペイン(IBEX35指数)110翻弄された

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 3大国の景気に懸念

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 3大国の景気に懸念12月はイベントが多いが、ポジティブサプライズは期待薄 ◆ユーロ圏の7-9月期のGDP成長率(速報値)は前期比+0.2%と予想よりはやや強く、これで6四半期連続のプラス成長となった。内訳は未発表だが、消費と外需が牽引役となった一方、投資が落ち込んだと推測される。財政懸念を乗り越えた国々や、東欧の小国には景気堅調な国があるが、ドイツ、フランス、イタリアの3大国の景気停滞

伸び悩む輸出とユーロ圏経済の今後~景気回復は緩慢なものにとどまる可能性~

伸び悩む輸出とユーロ圏経済の今後~景気回復は緩慢なものにとどまる可能性~

2014年8月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

見通し改訂、年前半は期待外れ、我慢の期間が続く

リサーチ TODAY2014 年 8 月 18 日見通し改訂、年前半は期待外れ、我慢の期間が続く常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創8月15日にみずほ総合研究所は四半期毎に改訂している『内外経済見通し』を発表した1。今年の見通しの変遷を年初から振り返ると昨年より米国のバランスシート調整が終盤に向かったとの認識を、今年2月に更に上方修正した。同時に、ユーロ圏では2年連続の異例なマイナス成長から2014年には前年比で1%のプラス成長に回復するとし、日本は今年4月の消費税引き上げに伴う一時的な景

低インフレ問題からみたユーロ圏経済~改めて浮き彫りになった成長の「非対称性」~

○ユーロ圏の低インフレ問題は、ユーロ圏経済が抱え続ける成長の「非対称性」を反映した現象である。本レポートは、主要4ヶ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン)の低インフレ問題を比較・分析することで、その構造的特徴を確認する。○低インフレは景気の低迷を反映した現象であるが、それがデフレに悪化し、経済活動に制約を科して景気を一段と停滞させることを政策当局は警戒している。日本の経験に基づけば、経済活動への制約は主に4つのチャネル(【1】ゼロ金利制約と実質金利の高止まり、【2】為替高と輸出型産業の外国移

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し ドイツの減速は一時的

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し ドイツの減速は一時的低インフレが長期化するユーロ圏 ◆ユーロ圏の景気回復を牽引してきたドイツの5月の生産、輸出、小売売上高がそろって前月比マイナスとなった。ドイツの景気回復が息切れしてしまった場合、現在のフランスやイタリアにドイツの代わりを務める力はなく、ユーロ圏全体でも景気失速を懸念せざるを得ない。ただ幸いなことに、米国と中国という2大輸出相手国でこのところ景況感改善がみられる。また

2014年6月9日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

欧州債務危機をめぐる動き(2014年5月21日更新)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 欧州債務危機をめぐる

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 追加緩和の可能性高まる

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 追加緩和の可能性高まる2014年の成長率予想はユーロ圏+1.1%、英国+2.4% ◆ユーロ圏の2013年10‐12月期の成長率は前期比+0.3%となり、これでプラス成長が3四半期連続となった。加盟国間でばらつきはあるが、ドイツのみならずフランスやオランダも堅調な成長率となり、また、スペイン、イタリア、ポルトガルという財政懸念国の景気持ち直しも進行中である。足下で輸出の回復は期待したより

2014年1月16日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

内外景気動向13-14年度経済見通し

経済・金融経 済・金 融内外景気動向と13~14年度経済見通し~消費増税後も日本経済は回復持続の見込み~調査研究部木下 茂目 次1.世界経済概観2.米国経済3.ユーロ圏経済4.中国経済5.日本経済(第2図)アジアNIES諸国の実質GDPの推移(前期比)1.世界経済概観○冴えない展開続く新興諸国経済5今年秋にかけても世界経済はまちまちな展(%)開が続いた。主要先進国の7~9月期のGDP4成長率をみると(第1図)、米国が前期からや3や加速した一方で、ユーロ圏、日本は若干の2鈍化を示している。この間ア

2013年12月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2013年12月号

みずほ欧州経済情報2013年12月号[欧州経済の概況][トピック:ユーロ圏の回顧と展望~急がれる金融の目詰まり問題への対応]◆2013年を振り返ると、ユーロ圏の景気後退にようやく歯止めがかかる年となった。また、南欧国債利回りの低下が続き、この背景には南欧の経常赤字縮小や昨年打ち出された政策対応への安心感があったと考えられる。◆しかし、年末にかけての政策対応は期待はずれとなった。「銀行同盟」に関しては当初の理念から後退する内容での妥協案となり、昨年末から議論されてきた南欧への経済支援の枠組みも導入

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 動き出した主役たち

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 動き出した主役たちユーロ圏の自動車産業、英国の住宅建設に回復の動き ◆ユーロ圏経済は4-6月期に7四半期ぶりの前期比プラス成長となったが、その後も企業と消費者の景況感改善が継続しており、7-9月期もプラス成長となったと推測される。ただ、7月と8月の輸出、鉱工業生産、小売売上高の持ち直しは遅々としており、年後半の景気回復ペースはかなり緩やかなものとなろう。◆8月のユーロ圏の鉱工業生産の内

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 景況感改善が道しるべ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 景況感改善が道しるべユーロ圏では「ドイツとその仲間たち」が先行回復へ ◆4-6月期のユーロ圏経済は7四半期ぶりに前期比プラス成長となった。個人消費、政府消費、固定資本形成、輸出が揃ってプラス成長となったことが成長に貢献した。企業と消費者の景況感改善が9月まで続いており、今後も景気回復が継続すると見込むが、7月の鉱工業生産は前月比-1.5%と落ち込み、輸出や小売売上高の持ち直しも遅々とし

2013年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 動き始めた景気回復

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 動き始めた景気回復個人消費が牽引して4-6月期成長率はユーロ圏、英国ともに上振れ ◆ユーロ圏の4-6月期GDP成長率は前期比+0.3%(年率換算+1.1%)と予想を上振れした。内訳は未発表だが、7四半期ぶりのプラス成長には個人消費と政府消費が貢献したと推測される。背景には、失業懸念後退と景気・所得見通し改善を理由とする消費者マインドの持ち直しが存在する。7月の新車登録台数が前年比プラス

2013年8月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

2013-15年ユーロ圏経済見通し ~回復の持続力はいかに?

2013-15年ユーロ圏経済見通し ~回復の持続力はいかに?

2013年7月19日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

欧州経済見通し 米国の動向に一喜一憂

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 米国の動向に一喜一憂英国では久々に個人消費が主役の景気回復へ ◆ユーロ圏の景気回復の鍵を握る輸出はここ半年あまり伸び悩んでいる。しかしながら、景況感は緩やかながら改善を続けており、また、最大の輸出相手国である米国の景気が着実に回復していることから、2013年後半に米国向けの輸出が牽引役となって、ユーロ圏経済もごく緩やかながら回復局面に入ると見ている。◆ただし、前回、前々回の景気回復局面

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏英国では住宅販売業者の景況判断が一段と改善 ◆ユーロ圏経済は2013年1-3月期まで6四半期連続で前期比マイナス成長となり、特に最近2四半期は輸出と投資の落ち込みが目立った。ただ、月次統計では2月以降、輸出と生産に持ち直しの動きが出てきている。中国などエマージング諸国の景気回復の足取りは鈍いが、米国経済は堅調で、世界経済も徐々に回復してくると見込まれる。ユーロ圏経

2013年5月6日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

ユーロ圏経済・金融概況(2013年4月)

ユーロ圏経済・金融概況(2013年4月)

2013年4月23日内閣府フィードバック数:5社会/政治海外

近年のオランダの貿易動向について

今週の指標 No.1066 近年のオランダの貿易動向についてポイント2013年4月22日オランダは、輸出依存度が約80%、輸入依存度が約75%にのぼる貿易立国である。特に、ユーロ圏外から輸入し、ユーロ圏内へ再輸出する中継貿易が活発であり、ユーロ圏内外をつなぐ結節点となっている。そのため、同国の貿易動向を見ることは、オランダのみならずユーロ圏の経済情勢のバロメーターとしても有用である。オランダの貿易は欧州政府債務危機の影響により、輸出入ともに11年後半から伸びが鈍化している。13年2月のオランダの

2013年2月18日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

2014年度までの見通しです。

2012・13・14年度 内外経済見通し

2012・13・14年度内外経済見通し2013年2月15日2012年10~12月期GDP統計1次速報の公表などを受け、みずほ総合研究所は2012・13・14年度の内外経済見通しを作成しました。各国・地域の成長率予測の概要は以下の通りです。[海外経済]◆米国経済:緊縮財政の影響で2013年は減速。バランスシート調整の進展を背景に2014年にかけて景気は緩やかに持ち直し2013年:+1.4%(12月予測+1.4%)2014年:+2.0%◆欧州経済:債務問題への不安が完全に払拭されるには至らず、緊縮財

2013年1月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

ユーロ圏経済・金融概況(2013年1月)

ユーロ圏経済・金融概況(2013年1月)

2013年1月20日大和総研フィードバック数:1社会/政治

欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆しユーロ圏企業景況感は2か月連続で改善 ◆ユーロ圏経済は2012年10-12月期に大きく冷え込んだと推測される。中国向けなどの輸出が失速したことを受け、企業が在庫調整のために生産を落としたとみられる。ただ企業景況感は11月に続き、12月も改善した。米国の景気が緩やかながら拡大していることに加え、中国も景気改善へ転換点を迎えたとみられることが、景況感改善を後押ししてい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ