調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユーロ相場

「ユーロ相場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米利上げ局面のユーロ相場を振り返る~金融市場の動き(5月号)

米利上げ局面のユーロ相場を振り返る~金融市場の動き(5月号) | ニッセイ基礎研究所 米利上げ局面のユーロ相場を振り返る~金融市場の動き(5月号) 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 一般的に、利上げを行う国の通貨には上昇圧力がかかるため、過去の米利上げ局面ではユーロ安ドル高基調になったと考えられがちだが、必ずし

【投資環境レポート2015年2月号】 投資の視点:原油価格下落の背景と影響

Vol.20120152原油価格下落の背景と影響○原油価格下落の背景には、OPECの減産見送り、世界経済成長率加速見通しの剥落、米国以外での通貨安による米ドル建て購買力の低下などの要因があるようだ。○原油などの資源価格の下落は、輸出国の経済にはマイナス、輸入国にはプラスに働く。特に日本経済へのプラス効果は大きい。○原油価格下落によるインフレ率低下は景気にはプラスとして、日米欧の中央銀行は金融政策のスタンスを当面大きく変えないだろう。しかし、価格下落がエネルギー関連以外に広がって期待インフレ率が下

【投資環境レポート2014年8月号】 投資の視点:総選挙後のインド

Vol.19520148総選挙後のインド○2014年5月の総選挙で、これまで最大野党だったインド人民党(BJP)が大勝し、モディ新首相が誕生したことで、インド経済の回復期待が高まっている。○昨年後半以降のインド準備銀行(RBI、中央銀行)による国際収支の改善の動きに加えて、モディノミクスが経済改革やインフラ投資を進めるだろうとの期待がその背景にある。○モディノミクスは短期的な景気浮揚策ではない。しかし、経済改革が実を結べば、インドは投資の活発化によって更なる高成長を享受できるようになるだろう。図

2013年9月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「想定為替レート」調査 1ドル=95円 1ユーロ=125円が最多

「想定為替レート」調査 1ドル=95円 1ユーロ=125円が最多 公開日付:2013.09.09外国為替市場の円相場は、日銀の異次元の金融緩和を受けて4月以降は円安が急速に進行した。その後、円相場は乱高下を繰り返しており、上場メーカーの2013年7月以降の想定為替レートは様子見機運を反映して期初レベルに据え置く企業が多かった。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機械メーカー(3月本決算企業)のうち、2014年3月期決算の業績見通しで2013年7月以降の

今月の経済・金融情勢2013年08月21日号

2013.8.21今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2013年8月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 3 年 8 月1.米国では、7月30~31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利(0~0.25%)を据え置き、今後も失業率が6.5%を上回り、向こう1~2年のインフレ見通しがFOMCの長期目標である2%から上下0.5%

2013年4月23日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

欧州は「皆がドイツの歌を歌えばいい」のか

リサーチ TODAY2013 年 4 月 23 日欧州は「皆がドイツの歌を歌えばいい」のか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は欧州経済をフォーカスしたみずほ総合研究所のリポートで示された、独仏伊の賃金上昇率の推移である1。ドイツでは一部の業種で2~3%の賃上げ率で妥結しており、昨年に続き今年も高めの賃上げが続くと見込まれる。家計所得の拡大を通じて個人消費が支えられ、ドイツ経済が堅調に回復すると期待される。2000年代前半、EU加盟が決定した東欧へのドイツ企業の移転が加速し、ドイ

2013年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:8ビジネス

主な東証1部、2部上場メーカー66社 「第4四半期 想定為替レート」調査(2013年3月期決算) ~ 1ドル=85円 1ユーロ=115円が最多 ~

主な東証1部、2部上場メーカー66社 「第4四半期 想定為替レート」調査(2013年3月期決算) ~ 1ドル=85円 1ユーロ=115円が最多 ~ 公開日付:2013.03.08外国為替市場の円相場は、昨年11月から円安に振れている。これを反映して東証1部、2部に上場するメーカーでは、2013年1月以降の想定為替レートを1ドル=85円に変更する企業が多く、円高修正が相次いでいる。また、期初時点では欧州債務危機の先行きが懸念されたユーロも、2013年1月以降の想定為替レートを1ユーロ=115円とす

2011年11月10日東京商工リサーチフィードバック数:4社会/政治

東証1部・2部上場メーカー90社「下期想定為替レート」調査(2012年3月期決算) ~下期想定レートの9割が1ドル=70円台~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 東証1部・2部上場メーカー90社「下期想定為替レート」調査(2012年3月期決算) ~下期想定レートの9割が1ドル=70円台~ 歴史的な円高水準が続いている。10月31日、オセアニア外為市場で円相場が1ドル=75円32銭へ急騰し、史上最高値を更新した。円高が想定以上に進んだことで、東証1部、2部に上場するメーカー90社のうち、約9割の80社(構成比88.8%)が今年10月以降の下期想定為替レートを1ドル=70円台に変更した。※本調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ