調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユーロ米ドル

「ユーロ米ドル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

投資環境レポート 2015年1月

2015年の投資環境展望○2014年は、世界景気が回復しつつもそのペースは緩やかであったことを反映し、主要国の債券利回りが低下する中、世界の株式市場は値上がりし、為替市場では米ドル高が進展した。○2015年は、インフレ率が引き続き低位に留まる一方で成長率は緩やかに上昇することが期待されているが、米欧の金融政策は逆の方向を向き始めている。○原油安は世界経済の回復を支える一方でインフレ率を低位に留めることから、米国の利上げは緩やかなペースで進む公算が高く、株式市場には好材料だ。○投資国の選別を行う上

投資環境レポート2014年11月号

Vol.Vol.198201411大統領選挙後のブラジル経済○2014年10月26日に行われたブラジルの大統領選挙の決選投票で、現職のルセフ大統領が再選を果たしたが、金融市場はこれを嫌気している。○背景には、ブラジル経済の低迷やルセフ大統領の経済政策が介入主義的ととられていることがあり、金融市場は構造改革を求めている。○金融市場や大手格付機関による改革圧力があることで、ルセフ大統領が従来の成長重視から経済の安定性重視への政策転換を図る可能性はある。○金融市場参加者は、長い目では依然としてブラジル

【投資環境レポート2014年8月号】 投資の視点:総選挙後のインド

Vol.19520148総選挙後のインド○2014年5月の総選挙で、これまで最大野党だったインド人民党(BJP)が大勝し、モディ新首相が誕生したことで、インド経済の回復期待が高まっている。○昨年後半以降のインド準備銀行(RBI、中央銀行)による国際収支の改善の動きに加えて、モディノミクスが経済改革やインフラ投資を進めるだろうとの期待がその背景にある。○モディノミクスは短期的な景気浮揚策ではない。しかし、経済改革が実を結べば、インドは投資の活発化によって更なる高成長を享受できるようになるだろう。図

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ