調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユーロ米ドル

「ユーロ米ドル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

【投資環境レポート2015年2月号】 投資の視点:原油価格下落の背景と影響

Vol.20120152原油価格下落の背景と影響○原油価格下落の背景には、OPECの減産見送り、世界経済成長率加速見通しの剥落、米国以外での通貨安による米ドル建て購買力の低下などの要因があるようだ。○原油などの資源価格の下落は、輸出国の経済にはマイナス、輸入国にはプラスに働く。特に日本経済へのプラス効果は大きい。○原油価格下落によるインフレ率低下は景気にはプラスとして、日米欧の中央銀行は金融政策のスタンスを当面大きく変えないだろう。しかし、価格下落がエネルギー関連以外に広がって期待インフレ率が下

投資環境レポート2014年11月号

Vol.Vol.198201411大統領選挙後のブラジル経済○2014年10月26日に行われたブラジルの大統領選挙の決選投票で、現職のルセフ大統領が再選を果たしたが、金融市場はこれを嫌気している。○背景には、ブラジル経済の低迷やルセフ大統領の経済政策が介入主義的ととられていることがあり、金融市場は構造改革を求めている。○金融市場や大手格付機関による改革圧力があることで、ルセフ大統領が従来の成長重視から経済の安定性重視への政策転換を図る可能性はある。○金融市場参加者は、長い目では依然としてブラジル

投資環境レポート 2014年6月

Vol.19320146米国長期金利低位安定の謎○年初の悪天候による景気落ち込みを受けて低下した米国の長期金利は、その後景気再加速が見えても低位安定で推移している。○①グローバル化に伴う労働分配率低下とデフレ圧力、②生産年齢人口の伸び鈍化による潜在成長率低下、③財政赤字の縮小などが低位安定の要因として指摘できる。しかし、これらが年初からさらに強まったとの解釈には無理がある。○今後の長期金利動向を考えるうえでは、政策金利がどの程度引き上げられるかがカギとなろう。米連邦準備制度理事会(FRB)内では

投資環境レポート 2014年4月

Vol.19120144米国経済の底力○2014年初以来、米国景気に対する不透明感が金融市場で意識されている。○しかし、米国経済の健全化は進んでいる。労働者による先行きの見方が改善し、企業が設備投資を行う環境が整いつつあるのだ。○もちろん、米国経済の先行きにリスクがないわけではない。代表的なリスクは、住宅市場や個人消費の回復の持続性だろう。○米国経済の健全化はまだ途上だが、金融危機によって未曾有の景気減速を経験した後これほどのペースで回復してきたこと、さらにその途上で新しい産業を生み出す力を持っ

2012年7月26日税関フィードバック数:4社会/政治

貿易取引通貨別比率(平成24年上半期分)

平成24年 7月25日財務省報 道 発 表貿易取引通貨別比率(平成24年上半期)日本からの輸出(単位:%)通貨名米ドル円ユーロ比 率49.240.45.5アメリカ 通 貨 名合衆国 比 率米ドル円ユーロ84.515.40.10.00.00.0通貨名ユーロ円米ドル英ポンドスウェーデン・クローネその他比 率46.334.614.83.90.20.2通貨名米ドル円タイ・バーツ元韓国ウォンその他比 率50.247.10.90.40.41.1世界EUアジアオーストラリア・ドル カナダ・ドル1.40.7

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ