調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ランサムウェア攻撃

「ランサムウェア攻撃」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月27日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第2四半期の脅威レポート

マカフィー、2017年第2四半期の脅威レポートを発表 2017年10月12日 - 医療機関とSNSユーザーがサイバー攻撃の標的になっている事実を指摘※当資料は、2017年9月26日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。McAfee Labsは、2017年第2四半期に発生したセキュリティ インシデントの26%が医療機関から報告されていることを確認Facebookの“いいね”を不正に出力するマルウェアであるFacelikerの急増を受け、第2四半期の新規マルウェア サンプル数は前期比67%増

2017年7月25日Druvaフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ランサムウェア年次レポート

Druva、ランサムウェア年次レポートをリリースランサムウェア攻撃が増加しています。一度感染した企業の半数が再度攻撃を受けています。攻撃を受けた企業の82%がバックアップから復旧しています。ランサムウェア攻撃の33%がサーバーを標的にしていました。2017/07/12 クラウドデータ保護と情報管理のリーダーであるDruvaは、ランサムウェア年次レポートを発表しました。本レポートでは、ランサムウェアは企業規模を問わず、すべての種類のデバイスに影響を及ぼすユビキタスかつグローバルな脅威であることを明

2017年7月7日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第1四半期の脅威レポート

マカフィー、2017年第1四半期の脅威レポートを発表 2017年6月27日 - マカフィー、2017年第1四半期の脅威レポートを発表※当資料は、2017年6月20日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。2017年第1四半期中、1分あたり244件、1秒あたり4件近くのサイバー上の脅威をMcAfee Labsが新たに検知アジア太平洋地域のモバイル マルウェア感染率が2倍に増加し、世界の感染率が57%上昇過去4四半期で検知されたモバイル マルウェアの合計サンプル数は1,670万個で、前年同期比

ランサムウェアに関する理解度に関する 実態についての調査

アクロニス、ランサムウェアに関する理解度に関する実態について...| TOP > プレスリリース一覧 > アクロニス、ランサムウェアに関する理解度に関する 実態についての調査結果を発...アクロニス、ランサムウェアに関する理解度に関する 実態についての調査結果を発表71%以上の人が、所有するデータの安全性に 懸念を抱いていると回答ランサムウェアに万が一感染しても、 データ復元をできない回答者は56% 次世代データ保護におけるグローバルリーダであるアクロニス・ジャパン株式会社(本社:東京都港

2016年12月29日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第3四半期の脅威レポート

インテル セキュリティ、2016年第3四半期の脅威レポートを発表 企業のセキュリティ オペレーション センター(SOC)を対象に行われた調査では、回答者の93%が潜在的な脅威すべての優先度を判断することは不可能と認める組織はセキュリティに関するアラートの平均25%を十分に調査できていないことが明らかに回答者の67%が、セキュリティ インシデントが増加したと回答回答者の26%が、事前対策型のセキュリティ運用プランがあるにも関わらず、事後対応型の運用を行っていると回答2016年初め以降、ランサムウ

2016年12月12日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年と今後4年間のサイバー脅威予測

インテル セキュリティ、2017年と今後4年間のサイバー脅威予測を発表 ~ 脅威予測を通じて2017年以降のクラウドとIoTのセキュリティに関する知見を提供 ~~ サイバーセキュリティ業界として対応しなければならない6項目の課題を提起 ~2016年12月1日McAfee Labsが2017年の14項目のセキュリティ動向を予測今後4年間に予想されるクラウドの脅威11項目、法規制上の課題3項目、セキュリティ ベンダーが取るべき対応策10項目を指摘今後4年間のIoTに関するセキュリティ上の脅威、法規

2016年11月25日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2016年7月~9月

~日本は2四半期連続で暗号化型ランサムウェアの標的になった国のトップに ~[本リリースは、2016年11月3日にKaspersky Labが発表したリリースに基づいた抄訳です]Kaspersky Labがまとめた2016年第3四半期(7月~9月)のサイバー脅威レポートによると、暗号化型ランサムウェアに遭遇したユーザー数が821,865人にのぼり、2016年第2四半期(4月~6月)比2.6倍となりました。暗号化型ランサムウェアは、感染したデバイス上のファイルを暗号化して、復号と引き替えに金銭を要求

2016年9月26日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第2四半期の脅威レポート

インテル セキュリティ、2016年第2四半期の脅威レポートを発表 1億2,100万米ドル(約121億円*)規模のランサムウェア ネットワークでの取引を調査した結果、特定のビットコイン アカウント経由で病院を標的とした攻撃の身代金として、10万米ドル(約1,000万円*)支払われたことが明らかに情報漏えいに関する調査で、業界別では医療業界および製造業の情報漏えい対策が最も遅れており、調査対象企業の25%以上が従業員や顧客のデータ共有やアクセスを監視していないことが明らかにユーザーの操作やUSBな

2016年8月18日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

脅威となるサイバーアクティビティがブラジルで増加を見せ、今後数週間は特に警戒するようFortiGuard Labsが注意喚起

フォーティネットは本日、FortiGuard Labsのサイバー脅威動向に関するグローバルレポートの内容を発表しました。 2016年8月10日フォーティネットジャパン株式会社脅威となるサイバーアクティビティがブラジルで増加を見せ、今後数週間は特に警戒するようFortiGuard Labsが注意喚起グローバルなサイバーセキュリティに関する脅威レポートで、高度な脅威テクニックや依然として多く見られるインザワイルド状態のサイバー脅威に関するデータを公表高性能サイバーセキュリティソリューション

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ