「リクナビ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年11月4日ウェブレッジフィードバック数:0キャリアとスキル

就活サイト5社ユーザーレビュー結果

IoT・モバイルに関するニュース・情報をお届け いよいよ本番間近。就活サイト5社ユーザーレビュー結果公開! 71,000人のモニター会員にwebサイトやスマートフォンサービスについて直接評価してもらうサービス『ポストコ』を利用して、就職活動をサポートするサイト5社(2014年新卒対象版)のユーザーレビューを調査し、公開いたしました。調査の結果、マイナビ・リクナビの2サイトが同率1位を獲得し、「情報量」や「使いやすさ」に対する観点で高い評価を得ていることがわかりました。しかし、一部ユーザーからは

2013年3月7日リクルートフィードバック数:9キャリアとスキル

時事問題、どう対策した?

掲載日:2013年3月7日時事問題対策はどのようなやり方で行った?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、時事問題対策の方法を尋ねたところ、一番多かった答えが「インターネットでニュースを読む」で、全体の約半数。「新聞を読む」も4割を超えてトップに迫った。昨年同時期の調査では、差はわずかながらも、「新聞を読む」という回答の方が多かったため、今回は1・2位が逆転する結果に。「TVを見る」も35.2%で続き、「インターネット」「新聞」「TV」が主な時事問題対策のニュース源であること

2012年12月28日セレス★フィードバック数:0キャリアとスキル

2012年度の調査です。

就職活動2012年度調査

お小遣いサイトモッピー!ポイントを現金,WebMoney,Edy,iTunesコードなどに交換!◆内定率全体で53.6%、大学院生にとっては厳しい状況(31.2%)◆大学院生内定者のうち、半数以上が2社以上の内定を獲得済み◆志望業種不動の人気「メーカー」40.4%、実際就けた学生は12.5%◆情報源1位「パソコンの就活情報サイト」84.1%、サイト1位「リクナビ」81.9%◆17.8%の学生が就職活動の際facebookを利用した!内定有無別で差あり調査概要・調査手法: モバイル・スマートフォン

2012年12月6日リクルートフィードバック数:10キャリアとスキル

エントリー先、どうやって決めた?

掲載日:2012年12月6日リクナビでエントリーの決め手になったのは何でしたか? 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、リクナビでエントリーする企業を選んだときの決め手を尋ねたところ、事業内容・業務内容が約8割に上り、ダントツ。次いで、「知名度」も約4割に達した。「リクナビに掲載されていた写真」「人事ブログ」も1割近くに上った。「その他」では、「勤務地」という声も複数聞かれた。 最初は何かと知名度の高い企業に目がいったが、次第に小さくても福利厚生の充実した企業があることがわかり

2012年11月8日リクルートフィードバック数:20キャリアとスキル

就活スタートの1カ月前、何を済ませておく?

掲載日:2012年11月8日就活をスタートする1カ月前(2011年11月)までに済ませていたのは何ですか?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活スタート1カ月前に済ませておいたことについて尋ねたところ、一番多かったのが「リクナビ2013の登録」で6割を超え、半数以上が11月の時点で登録を済ませていたことがわかった。次いで、「スーツやバッグなどの用意」「卒業単位の確認」も4割前後で続き、「興味のある業界・会社のピックアップ」「自己分析」も2割を超えた。「その他」では、「学内

2012年9月6日リクルートフィードバック数:17キャリアとスキル

就活対象として知ってる会社ってどのくらいある?

掲載日:2012年9月6日主な事業内容を知っている会社はどのくらいありますか? 就活を予定している大学3年生・大学院1年生に、主な事業内容を知っている会社の数を尋ねたところ、約半数は「0社」と回答。「1〜5社」「6〜10社」と合わせると、全体の9割以上が10社以内、平均社数は6.0社となった。属性別では、男子学生・大学院生・文系学生の方が、知っている会社の数が多い傾向が見られた。 なお、知っている会社の数が思いのほか少ないのは、「主な事業内容を知っている」を、「企業研究がしっかり済んでいる会社

2012年3月8日リクルートフィードバック数:7キャリアとスキル

時事問題、どう対策した?

掲載日:2012年3月8日時事問題対策はどのようなやり方で行った?(複数回答) 就職活動を経験した大学4年生・大学院2年生に、時事問題対策の方法を尋ねたところ、「新聞を読む」と「インターネットでニュースを読む」が半数前後でほぼ並んだ。「TVを見る」も3割強で続き、「新聞」「インターネット」「TV」が時事問題対策の王道であることがわかった。「その他」では、「友人との会話で時事問題を話題にした」などの方法も挙げられていた。 新聞はできるだけ毎日読む習慣をつける。「全部読まなくては!」と気負

2010年12月21日セレス★フィードバック数:2キャリアとスキル

就職活動に関する調査結果です。

就職活動に関する調査

お小遣いサイトモッピー!ポイントを現金,WebMoney,Edy,iTunesコードなどに交換!◆就職希望学生の半数が就職先未決定◆内定企業の数、6割強が「1社」のみ◆人気業種1位は「メーカー」、実際の就職予定業種1位は「医療・福祉」◆就活中の学生の8割近くが「リクナビ」を利用調査概要・調査手法: モバイルリサーチ・調査地域: 全国・調査対象: 就職希望のある大学4年生、短大2年生、大学院生(モッピーモニター)・調査期間: 2010/12/10?12/12・有効回答数: 876サンプル 調査結果

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ