調査のチカラ TOP > タグ一覧 > リスクプレミアム

「リスクプレミアム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

過去最高を更新した時価総額~金融商品として見た際の株価水準とは

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年5月26日過去最高を更新した時価総額~金融商品として見た際の株価水準とは 世界的な景況感の改善や好調な企業業績を受け、東証第一部の時価総額は足元で600兆円程度と過去最高を更新しています。反面、上場企業数やPER(株価収益率:株価÷EPS(一株当たり利益))水準が、過去最高となった時点と比べて異なっていることなどから、株価指数は過去の最高値に及ばない水準に留まっています。PERは株価の割安度合いを測る際に使われる指標ですが、どの

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

金融政策と長期金利の中期見通し~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

金融政策と長期金利の中期見通し~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

利回りから考えるJ-REIT価格~利益成長に沿う堅調な推移が期待される

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月17日利回りから考えるJ-REIT価格~利益成長に沿う堅調な推移が期待される 相対的に高い分配金利回りが魅力であるJ-REITは、2011年以降堅調な値動きが続き、かつて見られた大幅な割安感は薄らいでいます。J-REITの分配金利回りは3.0%(2014年11月末現在)と、国内では依然として高い利回り水準となっているものの低下傾向にあり、一部では、J-REITの価格は割高との見方があります。ただし、利回りにおける上乗せ部分

縮まらない東京と地方のオフィス利回り較差~東京への資金集中を背景に、地方オフィスのリスクプレミアム低下が緩やかな模様~

縮まらない東京と地方のオフィス利回り較差~東京への資金集中を背景に、地方オフィスのリスクプレミアム低下が緩やかな模様~ <要約・概要> 本稿ではキャップレートの決定要因とされる3つのファクター(投資法人の資本コスト、物件固有のリスクプレミアム、キャッシュフローの期待成長率)について、東京23区と地方都市のオフィス物件における差異をそれぞれ分析し、足元の市況回復局面において東京と地方の利回り較差が縮小しない背景を考察する。 分析の結果、投資法人の資本コストとキャッシュフローの期待成長率は、キャップ

2014年11月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

金融政策と長期金利の中期見通し ~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

金融政策と長期金利の中期見通し ~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

2014年9月26日タスフィードバック数:0大型消費/投資

2014年7月期 関西圏・中京圏賃貸住宅指標

関西圏・中京圏版2014年9月September 20141.2014年7月期 関西圏・中京圏賃貸住宅指標 2.空室率と賃料の差で見る大阪市各区のリスクプレミアム2014年9月26日発行TA S1.2014年7月期 関西圏・中京圏賃貸住宅指標大阪府 京都府 兵庫県 愛知県 静岡県空室率TVI(ポイント) 募集期間(ヶ月) 更新確率(%) 中途解約確率(%)7.55 4.61 34.51 52.7913.30 5.51 24.12 61.7211.30 5.06 20.59 68.8415.51

2013年10月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費の支え手は期待から所得へ ~ここ15年間で最も消費を巡る好条件がそろう~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:消費の支え手は期待から所得へ発表日:2013年10月22日(火)~ここ15年間で最も消費を巡る好条件がそろう~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)○消費主導による景気回復昨年末からの景気回復局面では、近年の日本では珍しく消費が主役となった。実際、民間最終消費支出(季調済・前期比)は 2012 年 Q4 の+0.5%から 2013 年 Q2+0.7%までプラスが 3 四半期つづいている(内

2013年4月5日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年4月)新興国の勝ち組と負け組を分けるもの

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2013年4月)新興国の勝ち組と負け組を分けるもの~先進国との距離感がカギ~ ◆新興国の相対株価が下落し、国債のリスクプレミアムが拡大している。背後には欧州財政危機国のリスクプレミアムの拡大があると考えられる。ユーロ圏危機は今は「蓋」をされた状態にあるが、新興国にとってその潜在リスクが消えたわけではない。◆一方で、株価、為替レートの国によるばらつきが目立っている。新興国の中での勝ち負

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ