調査のチカラ TOP > タグ一覧 > リスクマネー

「リスクマネー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月11日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2016年度の上場企業倒産の動向調査

2017/4/32016年度の上場企業倒産の動向調査2016年度の上場企業倒産、26年ぶりゼロに調査結果 2016年度は上場企業の倒産は発生せず、90年度以来26年ぶりのゼロとなった。足元でも2015年9月に第一中央汽船(株)が民事再生法を申請して以降、18カ月連続で発生していない 上場企業倒産は、リーマン・ショックの影響が広がり、戦後最多の件数を記録した2008年度(45件)をピークに、以降は1ケタ台で推移していた 2016年度の企業倒産件数全体でも、8年連続の前年度比減少となる見通し。こうし

2017年1月8日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

2016年の上場企業倒産の動向調査

2016/12/292016年の上場企業倒産の動向調査上場企業倒産、2016年は「ゼロ」に調査結果 2016年の上場企業倒産は12月29日17時時点で発生しておらず、このまま推移すれば、ゼロで終わる見通し。“上場企業倒産ゼロ”は、2014年以来2年ぶり 上場企業倒産は、リーマン・ショックの影響が広がった2008年(33件)をピークに以降は減少傾向が続いている。2015年はスカイマーク(株)、第一中央汽船(株)など3件だった 2016年の企業倒産全体では、金融機関が返済条件の変更に引き続き応じてい

2013年10月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

アジアに停滞感、QE3縮小の資金不安残存

リサーチ TODAY2013 年 10 月 4 日アジアに停滞感、QE3縮小の資金不安残存常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先月、みずほ総合研究所は『みずほアジア・オセアニア経済情報』(2013年10月号)1を発表した。今回、中国を中心にアジア地域全般に6月の見通しからの下方改訂を行った。2013年4~6月期のアジア経済を振り返ると、成長率はみずほ総合研究所が見込んでいたほどの水準には達せず、全体に停滞感が強かった。その背景には、中国で在庫調整が発生したことに伴い対中輸出が伸び悩んだこと

2013年7月19日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

QE3縮小の影響がアジアを直撃

リサーチ TODAY2013 年 7 月 19 日QE3縮小の影響がアジアを直撃常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創米国FRBのバーナンキ議長による5月22日の議会証言を契機に米国の量的緩和第3弾(いわゆるQE3)が近く縮小されるとの見方が強まり、リスクマネーの供給鈍化につながるとの観測からアジア各国においてトリプル安(株安・自国通貨安・債券安)が生じた。みずほ総合研究所ではQE3縮小のアジア地域への影響についてリポートを発表した1。QE3縮小にともなうリスクマネー縮小の影響は、①為替政策

2013年4月11日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

日本のリスクマネー、エクイティ性資金はどこにある

日本のリスクマネー、エクイティ性資金はどこにある

2013年3月15日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

日本版ISAはリスクマネー創出に必要だ

日本版ISAはリスクマネー創出に必要だ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ