調査のチカラ TOP > タグ一覧 > リスク分析

「リスク分析」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年6月10日エルテスフィードバック数:0マーケティング

ネット炎上速報2016年5月版

NEWSネット炎上速報2016年5月版を発表炎上93件、約31%増(前年同月比)5月のネット炎上件数は前年同月比31%増の93件となりました。炎上の発生主体として多かったのは、一般人が35%と最も多く、企業(23%)、政治家(11%)と続きました。また、熊本震災の報道に対する批判などが増加していることから、マスコミの炎上が9%と、テレビ番組の内容が原因で炎上するケースが増加しました。月間炎上数の推移 公務員の女性が停職中に蟹を食べたなど旅行中の様子をFacebookに投稿し炎上副業が発覚して停職

2016年5月16日エルテス★フィードバック数:0マーケティング

ネット炎上速報2016年4月版

NEWSネット炎上速報2016年4月版を発表炎上127件、約98%増(前年同月比)4月のネット炎上件数は前年同月比98%増の127件となりました。炎上の発生主体として多かったのは、企業が40.5%と最も多く、一般人が16.2%、著名人が10.8%と続きました。アルバイト店員による不適切投稿や企業の不祥事に対する炎上も見られましたが、4月は震災関連での発言や行為が「不謹慎」であるとして炎上するケースが特に目立ちました。月間炎上数の推移 某大学のサークルが50名以上で予約した居酒屋に連絡を入れずキャ

2016年4月12日エルテスフィードバック数:0マーケティング

ネット炎上速報2016年3月版

NEWSネット炎上速報2016年3月版を発表炎上110件、約45%増(前年同月比)3月のネット炎上件数は前年同月比45%増の110件となりました。炎上の発生主体として多かったのは、企業が31.8%と最も多く、著名人が23.6%、一般人が10%と続きました。企業による炎上の内訳は、商品・サービスへのクレーム・批判が45.7%と多く、マスコミが報道した事件への批判が22.8%、不適切発言や失言が17.1%、不祥事への批判が11.4%と続きました。月間炎上数の推移 解体現場で発見した現金39万円を横領

2016年3月8日エルテスフィードバック数:0マーケティング

ネット炎上速報2016年2月版

NEWSネット炎上速報2016年2月版を発表炎上95件、約38%増(前年同月比)2月のネット炎上件数は前年同月比38%増の95件となりました。炎上の発生主体として多かったのは、企業が35.8%と最も多く、著名人が18.9%、一般人が10.5%と続きました。企業による炎上の内訳は、商品・サービスへのクレームが19%、不祥事への批判が16.7%、経営方針や広告表現への批判がともに14.3%と続きました。他には食品衛生に対するクレーム、労働環境に対する批判が見られました。月間炎上数の推移 某バンドのボ

2015年12月7日エルテス★フィードバック数:0マーケティング

ネット炎上速報2015年11月版

NEWSネット炎上速報2015年11月版を発表炎上102件、約29%増(前年同月比)11月のネット炎上件数は前年同月比29%増の102件となりました。昨年同月件数(79件)を上回る結果です。異物混入や商品回収など食品に関する炎上が多く全体の38.2%を占めました。その他で目立ったのは、政治家の発言を発端とした炎上です。これは同月にパリで起こった同時多発テロが影響して多くなっていると考えられます。パリ同時多発テロに対して多くの政治家がコメントをしましたが、それが不適切な内容であったり、人種問題や領

2015年10月5日エルテスフィードバック数:0マーケティング

ネット炎上速報2015年9月版

NEWSネット炎上速報2015年9月版を発表炎上91件、約68%の大幅増(前年同月比)9月のネット炎上件数は前年同月比68%増の91件となりました。昨年度(54件)を大きく上回る結果です。不適切な発言・行動に対する批判が依然として多く全体の51.1%を占めました。また、政治家による発言・SNSへの投稿文からの炎上は全体の17.0%と高く、特に火種となりやすいことがわかります。その他で目立った内容は、企業の品質管理への批判が14.8%、エンブレム問題など東京オリンピックを含めた行政施策への批判が1

2015年9月9日エルテスフィードバック数:0マーケティング

2015年8月のネット炎上月次速報レポート

NEWS2015年8月のネット炎上月次速報レポートを発表炎上71件、約26%増(前年同月比)8月のネット炎上件数は前年同月比26%増の71件となりました。前月同様に数か月横ばいが続いていますが、昨年に比べるとまだ高い水準と言えます。不適切発言・画像に対する批判は依然として多く全体の47.5%を占めました。その他で目立った内容は、盗作への批判が15.3%、某イラストレーターの盗作疑惑がメディアで大きく報じられて以降、関連した批判が増加しました。セキュリティ対策への批判は8.6%で、特に行政組織への

2015年6月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度災害に強い電気設備検討調査(水力発電設備に係る自然災害等影響調査(外的事象等))報告書

平成26年度災害に強い電気設備検討調査(水力発電設備に係る自然災害等影響調査(外的事象等))報 告 書平成 27 年 2 月東電設計株式会社12H26 年度災害に強い電気設備検討調査(水力発電設備に係る自然災害等影響調査)目次頁1.1業務概要1.1業務名称11.2業務目的11.3業務実施期間11.4業務実施箇所11.5業務内容12.海外で取り組まれている水力発電設備のリスクアセスメント調査33.国内の土木・建築構造物のリスクアセスメント事例調査254.地震動に関するダム等水力発電設備に係るリスク

2014年12月21日PHP研究所★★フィードバック数:0社会/政治

シンクタンクによるトップ10です。

「PHPグローバル・リスク分析」2015年版

最新情報をメルマガで!ご登録はこちらから PHP総研グローバル・リスク分析プロジェクトPHP総研グローバル・リスク分析プロジェクトは、来たる2016年に日本が注視すべきグローバルなリスクを展望する「2016年版PHPグローバル・リスク分析」レポートをまとめ、このたび発表いたしました。国際政治、地域情勢、国際金融、国際経済、軍事、エネルギー、サイバーの専門家が集中的な 検討を行い、その結果を、代表執筆者が中心になってまとめたものです。2016年版は、2012年版以降通算第5回目のレポートとなり

2013年12月22日PHP研究所フィードバック数:0ビジネス

「PHPグローバル・リスク分析」2014年版

最新情報をメルマガで!ご登録はこちらから PHP総研グローバル・リスク分析プロジェクトPHP総研グローバル・リスク分析プロジェクトは、来たる2016年に日本が注視すべきグローバルなリスクを展望する「2016年版PHPグローバル・リスク分析」レポートをまとめ、このたび発表いたしました。国際政治、地域情勢、国際金融、国際経済、軍事、エネルギー、サイバーの専門家が集中的な 検討を行い、その結果を、代表執筆者が中心になってまとめたものです。2016年版は、2012年版以降通算第5回目のレポートとなり

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ