調査のチカラ TOP > タグ一覧 > リスク管理

「リスク管理」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年5月8日SAS Institute★フィードバック数:0企業情報システム

SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感

SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感調査対象の金融サービス企業の半数以上が、AIの実装または維持管理に必要なスキルの不足を懸念*2019年2月26日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。 人工知能(AI)は今、金融業界を含め、あらゆる業界を変革しつつあります。アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc. (以下 SAS) とGlobal Association of Risk Pro

日本の「回復力指数」は世界33位 企業進出先としての信頼度示す

無料会員登録記事の保存・著者のフォロー機能は、 無料会員に登録するとご利用いただけます。 2016/05/14 19:00日本の「回復力指数」は世界33位 企業進出先としての信頼度示す企業家、テクノロジー、ビジネスをカバーするジャーナリスト。 vectorEps10 / Shutterstock 事業の拡大を目指して外国市場に進出する企業や起業家たちは、非常に複雑であり、かつ高いリスクを伴う戦いのに足を踏み入れることになる。ある国でビジネスを行うことは、別の国でそれを行うことと、必ずしも同じ

2016年1月26日宣伝会議★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「危機管理マニュアルあり」は約半数 企業のリスク管理の実態とは?

広報の仕事 大予測2016「危機管理マニュアルあり」は約半数 企業のリスク管理の実態とは?企業の広報・PR活動に関する調査 相次ぐ企業不祥事やグローバルリスクの拡大による脅威を感じているものの、マニュアル作成やトレーニング・研修などが不十分と感じている企業が目立つ。この一年で変わったこと●担当者向けに初のトレーニング初めて広報をはじめとする担当者ベースのメディアトレーニングを実施し、外部専門会社によるマニュアルの整備に着手した(医療・介護)●マニュアルを作成した危機管理広報マニュアルを2015

2014年7月6日農林水産省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

消費・安全 食品中の有害化学物質の含有実態調査の結果をまとめたデータ集(平成23~24年度)

食品中の有害化学物質の含有実態調査の結果をまとめたデータ集(平成23~24年度)について農林水産省は、食品の安全性に関するリスク管理に不可欠なデータを得るため、農畜水産物・加工食品中の有害化学物質の含有実態を調べています。本日、平成23~24年度に実施した含有実態調査のうち、結果の解析が終了したものをデータ集としてまとめてホームページに公表しました。 1.背景1. 農林水産省は、国際的に広く認められたリスクアナリシス(*1)に基づいて食品安全行政を行うため、「農林水産省及び厚生労働省における

2014年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

RMBSの価格付けモデルの改善とリスク管理

RMBSの価格付けモデルの改善とリスク管理 | ニッセイ基礎研究所 RMBSの価格付けモデルの改善とリスク管理 室町 幸雄基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 前稿(2013年10月号)で提案したRMBS の価格付けモデルの一部を改良したところ、これまでよりも実務の直観にあう価格が解析的に得られるようになったので、その成果を紹介する。このモデルを使えば、先進的なRM

海外年金基金レポート 第8回=CalPERS等に見る運用人材の報酬水準=

海外年金基金レポート 第8回=CalPERS等に見る運用人材の報酬水準= | ニッセイ基礎研究所 海外年金基金レポート 第8回=CalPERS等に見る運用人材の報酬水準= 取締役 前田 俊之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら これまでのレポートでは海外年金基金の全体組織と運用組織を取り上げましたが、今回は運用組織で働く専門人材の報酬に焦点を当ててみたいと思います。

RMBSの価格付けとリスク管理の今後

RMBSの価格付けとリスク管理の今後 | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 妙味のある長期投資商品として人気が高いRMBSであるが、最近の経済環境の変化を踏まえると、これまで以上に精緻なリスクの評価と管理が必要である。最近開発したRMBSの価格付けモデルによる示唆も踏まえて、今後の方向性を考える。 レポート研究領域経済金融・為替ア

リスク評価における収益率分布の再現はどれほど重要か -長期の投資家にとって重要な課題について考える

リスク評価における収益率分布の再現はどれほど重要か -長期の投資家にとって重要な課題について考える | ニッセイ基礎研究所 リスク評価における収益率分布の再現はどれほど重要か -長期の投資家にとって重要な課題について考える 金融研究部 主任研究員 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――論点の整理3――具体的手法と結果4――おわりに資産

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ