「リビア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月23日中東協力センターフィードバック数:0社会/政治海外

地中海難民問題が新たな財政負担として懸念されるリビア

地中海難民問題が新たな財政負担として懸念されるリビア

コモディティ・レポート (2014年3・4月)

I.コモディティ市況全般: 3月に一進一退後、4月は上昇ドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・ジェフリーズCRB指数は、上昇傾向で推移している。マクロ的な要因に加えて、ウクライナ情勢などの地政学要因や、インドネシアの禁輸措置やLME倉庫の規制改革の動向といった個別要因も相場変動の材料となっている。強弱様々な要因が混在しているが、世界景気が回復する中で、地政学要因も意識されるため、総じて言えば、やや上昇しやすい状況が続きそうだ。II.エネルギー市況: ブレント原油は一進一退、WTI原油はや

2013年9月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年9月(原油)

平成 25 年(2013 年)9 月 20 日リビアの大幅減産が懸念される原油価格(WTI 期近物)は、米欧によるシリアへの軍事介入観測が強まる中、8 月末には 110 ドル台と 2011 年 5 月以来の高値に上昇した(第 1 図)。9 月に入り、原油価格は 107~110 ドル台の高値圏で推移したが、米国によるシリアへの軍事介入に対する懸念がひとまず和らいだことから 105 ドル近辺に軟化した。18 日には米量的緩和の継続を受けて需要後退観測が弱まり、108 ドル台に反発している。内戦が続く

2011年12月1日Dow Jonesフィードバック数:173マーケティング

WSJ日本版の選んだ2011年注目ニュース

2011年は、日本にとって、まさに歴史に残る1年だった。あの巨大地震と大津波が数え切れない人命を奪い、破壊された原発が次世代にも及ぶ放射能汚染の恐怖をもたらした。日本はこの未曾有の危機を乗り越えることができるのか。嵐は国内にとどまらない。ユーロ圏では、2009年末に表面化したソブリン危機がいまだに解決していない。米国でも、財政再建を阻む政治の機能不全が目立つ。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)日本版が伝えた激動の1年を振り返る。 ASSOCIATED PRESS3月24日、福島第1原発

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ