「リート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

Jリートは3年連続で大幅高。オフィス市場は需要の拡大が継続-不動産クォータリー・レビュー2014年第4四半期

Jリートは3年連続で大幅高。オフィス市場は需要の拡大が継続-不動産クォータリー・レビュー2014年第4四半期 | ニッセイ基礎研究所 Jリートは3年連続で大幅高。オフィス市場は需要の拡大が継続-不動産クォータリー・レビュー2014年第4四半期 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 前期までの実質GDP成長率が予想外の2期連続マイナス

上昇基調が続くアジアリート~利回りは依然として魅力的

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月5日上昇基調が続くアジアリート~利回りは依然として魅力的 アジアリートを代表するシンガポールと香港のリート指数は、今年2月以降、上昇基調が続いています。シンガポールと香港は、世界銀行のビジネス環境ランキング(2015)でそれぞれ1位と3位になるなど、先進的なビジネスインフラや効率的な貿易制度などを背景に、急速に発展するアジア諸国の金融や貿易の拠点としての存在感を高めており、オフィスや物流施設といった不動産物件への需要が増加

昨年の高値に迫るJリート~収益力がさらに高まる可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月28日昨年の高値に迫るJリート~収益力がさらに高まる可能性 最近のJリート市場は、国内景気の回復傾向やそれに伴なう不動産市況の回復期待などを背景に、堅調な推移となっています。 Jリート全体の値動きを示す東証REIT指数は、昨年3月には1,700ポイントと近年の高値をつけましたが、足元では1,600ポイントを超えた水準で推移し、昨年の高値に迫る展開となっています。その背景としては、Jリートの分配金利回りが株式など国内の他資産と

オフィスビルの需給バランス改善が進む~Jリートの収益力がさらに高まる可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年6月4日オフィスビルの需給バランス改善が進む ~Jリートの収益力がさらに高まる可能性 3日に発表された、東京23区にある大規模オフィスの供給量調査によると、2013年の供給量は延べ床面積で66万㎡となり、前年に比べ約64%減少したほか、過去20年の平均(110万㎡/年)を大幅に下回りました。これは2012年に大手町・丸の内地区で多くのビルが竣工した反動が出たことが要因とみられます。続く2014年には、延べ床面積が10万㎡を超える

地価上昇~Jリートによる物件取得が好影響

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月19日地価上昇~Jリートによる物件取得が好影響 3月18日に国土交通省が発表した「公示地価」によると、2014年1月1日時点の全国全用途の地価は、前年比0.6%下落と6年連続の下落となりましたが、三大都市圏では全用途が前年比0.7%上昇と、6年ぶりに上昇に転じるなど、不動産市場が回復局面に入りつつあることを示す結果となりました。三大都市圏での地価上昇は、国内景気の回復や住宅ローン金利の低位安定、都市部への人口流入の加速、企業

オフィス市況の改善により、高まるJリートの収益向上に対する期待

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月7日オフィス市況の改善により、高まるJリートの収益向上に対する期待 6日に三鬼商事がまとめた東京都心5区のオフィス空室率(2月末時点)は、前月末比0.17ポイント低下の7.01%と、2009年5月(6.96%)以来、4年9ヵ月ぶりの低い水準となりました。景気回復による企業収益の改善を受けてオフィス需要が拡大していることが要因となっており、3月には空室率が一段と低下する可能性が高まっています。また、同地区のオフィス平均募集賃料

マーケットレター【最近の都心オフィス空室率について】

最近の都心オフィス空室率について2013年10月22日<3カ月連続で空室率が改善>東京ビジネス地区におけるオフィスビルの9月の平均空室率は7.90%(前月差▲0.26%ポイント)へ3カ月連続で改善しました。8%を下回るのは2009年11月以来です。<賃料は下落が続く>東京ビジネス地区におけるオフィスビルの9月の平均賃料は1坪当り16,230円となり、小幅な下落が続いています。新築ビルについては1坪当り25,578円と前月比横ばいでしたが、既存ビルについては同16,062円で5カ月連続の前月比下落

「1.2兆円」日本の2013年3月の公募投信への資金流入額

東証REIT指数に連動を目指す上場投資信託(ETF)です。分配金利回り3.31 ※分配金利回りに関する留意事項はこちらよりご確認ください。※分配金利回りは過去のものであり、投資者の皆様の実質的な投資成果を示すものでも、将来の運用成果や得られる期待利回りを示すものでもありません。 ETFコラム2012/10/16 「Jリート投資にETFを活用する」 ピックアップ情報!(2017/8/10更新)低金利の今だからこそ 比較的高い分配金利回りのETF特集 REIT(リート)特集比較的高い分配金利回りで注

2012年5月30日国土交通省フィードバック数:13社会/政治

平成23年度に新たに証券化された不動産の資産額は2兆3000億円~平成23年度 不動産証券化の実態調査~

平成23年度に新たに証券化された不動産の資産額は2兆3000億円~平成23年度 不動産証券化の実態調査~ 平成24年5月29日 平成23年度中に不動産証券化の対象として取得された不動産またはその信託受益権の資産額は、2兆3410億円(前年度比プラス6.7%)、2年連続の増加となりました。 スキーム別では、Jリートが調査開始以来初めてもっとも割合が高いスキームとなり、Jリートの不動産投資市場における存在感が増しています。 お問い合わせ先国土交通省土地・建設産業局 土地市場課課長補佐 松本 浩 T

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ