調査のチカラ TOP > タグ一覧 > リート市場

「リート市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

Jリート市場のボラティリティを考える

Jリート市場のボラティリティを考える | ニッセイ基礎研究所 Jリート市場のボラティリティを考える 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人Jリート市場のボラティリティは、内部要因ではなく外部環境が劇的に変化する局面で大きく上昇する。また、「高ボラティリティ期」は高いリスクに見合うリターンを得にくい傾向があり、リスクを能動的に管理することでリスク・リターン効率が高まる可能性もある。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス

米国リート市場の動向と今後の見通し

米国リート市場の動向と今後の見通し

米国リート市場の動向と今後の見通し

米国リート市場の動向と今後の見通し

FOMCと米国リート市場

FOMCと米国リート市場2014年12月19日<12月のFOMC>12月16日-17日(現地、以下同様)に開催されたFOMC(米国連邦公開市場委員会)は、利上げ開始時期や利上げペースが示唆される可能性があるとして市場で注目されていました。その声明文においては、「初回の利上げまでは辛抱強くなれる」とし、さらにイエレンFRB(米国連邦準備制度理事会)議長は記者会見で「今後数回のFOMCで利上げが始まる可能性は低い」と述べました。12月上旬に発表された米国の雇用統計において雇用者数の大幅な増加が報告さ

1分で読みとくアメリカ「読得」No.23~成長に注目が集まるアメリカのリート市場~

1分で読みとくアメリカ「読得」No.23~成長に注目が集まるアメリカのリート市場~

量的金融緩和の終了と米国リート市場

量的金融緩和の終了と米国リート市場2014年10月30日<市場動向>米国リート市場は、9月に大手リートによる増資が相次いだことや、米国の早期利上げ観測の強まりを背景とした長期国債利回りの上昇などが嫌気されて下落しました。しかし、10月に入り、IMF(国際通貨基金)による世界経済見通しの下方修正などを受けて長期国債利回りが低下に転じたことが支援材料となり、市場は反発に転じると、9月の下落分を取り戻し、足元では再び市場最高値*を更新しています。*FTSE NAREIT®エクイティREIT・インデック

米国優先リートの投資環境

米国優先リートの投資環境2014年9月18日※当社一部ファンドにおける米国リートの運用委託先であるコーヘン&スティアーズ・キャピタル・マネジメント・インク(C&S)のコメントを基に、大和投資信託が作成したものです。<市場動向>米国時間の9月12日(金曜日)から16日(火曜日)までの3営業日間、米国普通リート市場が2.6%下落する中、米国優先リート市場は0.1%の下落にとどまりました。3 営業日間の騰落率米国優先リート▲0.1 %米国普通リート▲2.6 %※各市場の騰落率の計算には、それぞれ以下の

最近の米国リート市場動向について

最近の米国リート市場動向について

息の長い上昇局面に向かう米国リート市場

息の長い上昇局面に向かう米国リート市場

Jリートの上昇に弾みがつく可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月14日最近のJリート市場は、国内景気の回復傾向やそれに伴なう不動産市況の回復期待などを背景に底堅い推移となっています。そうした中、14日には、Jリート全体の値動きを示す東証REIT指数は1,509ポイントと、年初来高値である1,511ポイントや、目先の高値として意識されている昨年末の1,515ポイントに迫る展開となり、値動きに力強さがみられ始めました。こうした動きは、東証REIT指数の売買高の状況からも確認することができます。

投資分野を拡大する最近のJリートの動き

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月9日最近のJリート市場において、ヘルスケア(医療・介護施設など)分野への投資に特化する「ヘルスケア特化型リート」の上場に向けた動きが注目を集めています。こうした背景には、日本の高齢化に伴ない医療・介護施設への需要が継続的に高まっていることに加え、官民一体でヘルスケア特化型リート創設に向けた環境整備を進めていることなどが挙げられます。日本では、老齢人口の拡大から介護施設などへの入所申込者は年々増えており、厚生労働省がまとめた資料

年初来高値を更新する米国リート市場

年初来高値を更新する米国リート市場

主要国のリート市場の最近の動向(2014年3月)

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 【デイリー No.1,845】主要国のリート市場の最近の動向(3月) ~通貨要因で小幅上昇~ 【デイリー No.1,845】主要国のリート市場の最近の動向(3月) ~通貨要因で小幅上昇~2014年04月15日<ポイント> ・3月のリート市場は、米国や英国で利上げが早まる観測が強まったことから、現地通貨ベースでは下落しました。 ・一方、為替市場で主要通貨が円に対して上昇したことから、円ベースでは上昇しました。 ・主要国で低金利政策の

2014年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

岐路に立つJリートの外部成長戦略

岐路に立つJリートの外部成長戦略 | ニッセイ基礎研究所 岐路に立つJリートの外部成長戦略 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら Jリート市場は昨年2.2兆円の不動産を取得する外部成長を実現し、市場全体の分配金も上昇基調にある。一方で、不動産売買市場の取引利回りは低下し一部に過熱感が見られるため、Jリート各社は今後の外部成長戦略につ

2014年3月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ビジネス

Aクラスビル主導でオフィス賃料に底打ち感が広がる。Jリート市場は躍進の1年-不動産クォータリー・レビュー2013年第4四半期

Aクラスビル主導でオフィス賃料に底打ち感が広がる。Jリート市場は躍進の1年-不動産クォータリー・レビュー2013年第4四半期 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > Aクラスビル主導でオフィス賃料に底打ち感が広がる。Jリート市場は躍進の1年-不動産クォータリー・レビュー2013年第4四半期Aクラスビル主導でオフィス賃料に底打ち感が広がる。Jリート市場は躍進の1年-不動産クォータリー・レビュー2013年第4四半期 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人基礎研 Report H

2014年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人客数が年間1千万人を突破。Jリート市場は躍進の1年-不動産クォータリー・レビュー2013年第4四半期

訪日外国人客数が年間1千万人を突破。Jリート市場は躍進の1年-不動産クォータリー・レビュー2013年第4四半期 | ニッセイ基礎研究所 訪日外国人客数が年間1千万人を突破。Jリート市場は躍進の1年-不動産クォータリー・レビュー2013年第4四半期 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 経済の好循環の実現を目指すアベノミクスにより、国

2013年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治

アベノミクスとJリート市場。今後の注目ポイントは?

アベノミクスとJリート市場。今後の注目ポイントは? | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスとJリート市場。今後の注目ポイントは? 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アベノミクスの恩恵にあずかり大幅高となったJ リート市場では、これまでの割安感が消えて一部に過熱感を示す指標も見られる。そこで、前回ピークを付けた2007年当時と現在の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ