「リーマン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月18日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2016年度上半期

2016年度上半期報倒産件数は4059件、リーマン・ショック後で最少 負債総額は6756億200万円、2000年度以降最小を記録主要ポイント■2016年度上半期の倒産件数は4059件(前年同期4217件、前年同期比3.7%減)と、7年連続で前年同期を下回り、リーマン・ショック後最少を更新。負債総額は6756億200万円(前年同期8485億8700万円)と、半期ベースでは2000年度以降最小■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同期を下回った■「チャイナリスク関連倒産」は56件(前年同期41件)判

2016年9月15日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年度 倒産発生率(普通法人)調査

公開日付:2016.09.08 普通法人の2014年度の全国倒産発生率は0.31%(前年度比0.03ポイント低下)になり、6年連続で前年水準を下回った。2014年度の全国企業倒産(個人企業を含む)が、年度としては24年ぶりに1万件を割り込む低水準にとどまり、倒産発生率もこれを反映する形でリーマン・ショックが起こった2008年度以降では最も低率を示した。本調査は、2014年度の都道府県別の倒産発生率(普通法人)をまとめた。倒産発生率は、普通法人倒産件数÷普通法人の申告法人数×100で算出した。分子

2015年12月2日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

海運業者の経営実態調査

2015/11/30海運業者の経営実態調査2014年度、外航貨物海運業は業績回復〜 チャイナリスクで今後は視界不良 〜はじめに今年9月に第一中央汽船(株)が民事再生法の適用を申請したことで、改めて厳しい業界環境が注目されることとなった海運業界。リーマン・ショック以前は8000を超えていたBDI指数※も2015年4月〜9月期平均は809まで低下しており、今後も急速な回復は見込めない状況が続いている。帝国データバンクでは、企業概要ファイル「COSMOS2」(146万社収録)の中から、貨物海運業者およ

2015年8月7日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2012年~2014年IPO企業の業績動向調査

2015/8/62012年〜2014年IPO企業の業績動向調査上場直後に3割が減益〜 投資家の不信裏付け 〜はじめに2015年4月、日経平均株価が15年ぶりに2万円の大台に回復するなど、株式の売買が活発化している。アベノミクスによる経済政策に加え、円安を背景とした輸出企業の業績回復、2020年の東京オリンピックといった好材料もあり、国内株式市場に対して国内外の投資家から注目が集まっている。国内株式市場の回復は、新規株式上場(IPO)への追い風となり、リーマン・ショック後の2009年からIPO企業

2015年4月12日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する山梨県内企業の意識調査

2015/4/32015年度の雇用動向に関する山梨県内企業の意識調査正社員採用予定59.1%、4年連続上昇〜 非正規社員は8年ぶりに5割を上回る 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用動向には依然として格差

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する近畿地区企業の意識調査

2015/3/272015年度の雇用動向に関する近畿地区企業の意識調査正社員採用、7年ぶりの高水準〜 深刻化する人手不足が雇用改善を促す 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。厚生労働、文部科学両省が3月20日に平成26年度大学卒業予定者の就職内定率が86.7%となったと発表。4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する埼玉県内企業の意識調査

2015/3/272015年度の雇用動向に関する埼玉県内企業の意識調査正社員採用、8年ぶりの高水準〜 企業が活用に注力している人材は若者が最多 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の全国有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用動向には依然として格

2015年3月22日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する九州企業の意識調査

2015/3/192015年度の雇用動向に関する九州企業の意識調査正社員採用、8年ぶりの高水準〜 人手不足感が強い「運輸・倉庫」「サービス」で高い 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用動向には依然として格

2015年3月12日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

TDBの調査です。

2015年度の雇用動向に関する企業の意識調査

2015/3/122015年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員採用、7年ぶりの高水準 〜 「女性」の活躍推進、従業員1,000人超の企業が突出 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用動向には依然として

2014年11月11日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

為替レートが日本の輸出に与える影響の数量的評価:構造VARによる検証

為替レートが日本の輸出に与える影響の数量的評価:構造VARによる検証 祝迫 得夫(ファカルティフェロー) /中田 勇人(明星大学) 概要日本のマクロ政策論議では、為替レートの変動が輸出ならびに国内の景気に与える影響に大きな関心が寄せられてきた。しかしリーマン・ショック後の2008 年末から2009 年にかけての局面では、円高の急速な進行という「価格ショック」と同時に、世界的な景気の減速に伴う総需要の急激な落ち込みという「数量ショック」が発生しており、円高による輸出減少という伝播経路に景気後

企業業績についての分析です。

デフレ脱却後の企業業績~コストが増える中で鮮明となる企業の業績差~

○2013年度の経常利益はリーマン・ショック前を上回り過去最高益を更新した。売上高は、円安に伴う円建て輸出価格の上昇や消費税率引き上げ前の駆け込み需要といった押し上げ要因があっても、リーマン・ショック前の力強さを取り戻せていないが、その分を固定費の削減といったリストラ効果が補い、経常利益は水準を高めている。○規模別に見ると、大企業、中小企業ともに業績は改善しているが、両者の差は拡大傾向にある。中小企業は売上高や営業外利益などの収益を上げる力が弱く、固定費や変動費といったコストの削減が進んではいる

不況下の雇用調整についての調査です。

雇用調整の実施と雇用調整助成金の活用に関する調査

雇用調整の実施と雇用調整助成金の活用に関する調査 概要リーマン・ショック以降の不況下において、雇用調整助成金が広範にわたり活用された状況を受けて、その効果はもとより問題点も含めて評価・検証しておくための調査研究を、厚生労働省(担当:職業安定局雇用開発課(現:雇用開発企画課))からの全面的な協力の下に、当機構において実施することとした。この調査シリーズは、その調査研究の一環として実施したアンケート調査結果概要をとりまとめたものである。 今後、厚生労働省から別途提供された分析のために必要な様々な

所得収支からみた英国の資金循環~好調な経済の裏で強まる対外脆弱性~

○本レポートは、近年赤字幅が拡大している所得収支に注目して、英国の資金循環構造の変化を検討するものである。英国の経常収支は足元で不均衡が拡大しているが、それは主に所得収支赤字の増加によってもたらされている。直接投資黒字の減少と債券投資赤字の増加が、所得収支の赤字幅が拡がっている大きな理由である。○直接投資黒字が減少している主な背景には、世界経済の成長力の弱さがある。そのなかでも、英国にとって最大の投資対象である欧州経済の不調が、直接投資の黒字幅の縮小に大きな影響を与えている。先行き、世界経済の成

けいざい早わかり 2014年度第1号:リーマン・ショック前の水準を回復した企業業績

2014/04/21調査部 藤田 隼平 Q1.企業業績が改善しているそうですね Q2.なぜ企業業績は改善しているのですか? Q3.業績の改善は大企業だけではありませんか?Q4.企業業績の改善により、私たちの生活はよくなりますか?Q5.設備投資は増えるのでしょうか?Q6.今後も企業業績の改善は続きますか?

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

資本流入と資本規制

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 資本流入と資本規制~ASEAN主要国のケース~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載 アジア通貨危機以降、ASEAN4の金融資本市場は大きく発展し、資本流入規模も拡大した。アジア通貨危機前、リーマン・ショック前・後で比べると、徐々に資本流入規模が拡大し、リーマン・ショック後が最も多くなった。リーマン・ショック後で最も多いのが証券投資であった。国別ではEUと米国からの株式投資が多かっ

リーマンショック以降の経過を見ています。

リーマン・ショックから5年-世界の証券市場は量的にどう変化したか

リーマン・ショックから5年-世界の証券市場は量的にどう変化したか

2013年9月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「主な上場 電機、輸送用機器メーカーの労務費」調査

「主な上場 電機、輸送用機器メーカーの労務費」調査 公開日付:2013.09.09上場する電機、輸送用機器メーカー98社の製造部門の2013年3月期の労務費総額は4兆5,309億円(前年同期比0.3%増)で、 2010年を底に3年連続で増加した。だが、リーマン・ショック前の水準に戻らず抑制が続いている。業種では、電機メーカーは2009年から低迷が続く一方、自動車など輸送用機器メーカーは3年連続で増加をたどり、明暗を分けている。本調査は、電機、輸送用機器メーカー98社を対象に2013年3月期決算の

2013年8月29日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)リーマン・ショック直後の円高の定量的解釈

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 リーマン・ショック直後の円高の定量的解釈—スケープゴート・モデルによるアプローチ—2013年8月28日宇野洋輔*1中山興*2藤井崇史*3要旨ドル/円レートは、リーマン・ショック直後に大きく円高方向に振れたが、金利差やインフレ格差といったファンダメンタルズのみに基づくモデルでは、為替レートの短期的かつ大規模な変動を十分に説明し切れないため、これまで定性的な説明がなされることが多かった。本稿では、こうしたドル/円レートの短

2013年5月22日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

最近の株価上昇についてのレポートです。

数字を追う ~ 最近の株価上昇をどう見るか

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013 年 5 月 22 日No.2013-0006数字を追う ~最近の株価上昇をどう見るか調査部 主席研究員 吉本澄司《要 点》 2012 年末以降、わが国の株価は大幅に上昇した。そのきっかけは、政策など、先行きに対する予想(期待)の変化であった。 株価の長期的な動きを局面整理すると、1989 年 12 月 29 日に史上最高値をつけた後、五つの転換点を観測できる。現在は四つ目の転換点であった 2007 年 7 月 9

2013年4月12日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

Global Market Outlook もはやリーマン後ではない2 ~日経平均株価は14500円がスタートライン、2014年中に2万台回復へ~

Global Market Outlook もはやリーマン後ではない2 ~日経平均株価は14500円がスタートライン、2014年中に2万台回復へ~

学生の内定率の推移について(滋賀)

学生の内定率の推移について卒業シーズンが終わり、新たな進路に向かう準備を始めている人も多いのではないか。そんな中、文部科学省が高校・大学の内定率をまとめた。この春卒業した学生達の内定率についてみてみたい。1.高校生の就職希望者の推移今年の春に滋賀県の高校を卒業するのは 12,751 人で、このうち就職希望者は 2,258 人であった。就職希望者は 2008 年9月に発生したリーマン・ショックの影響により、09 年には 2,029 人まで減少したが、その後は増加し続けている。滋賀県 就職希望者数の

2013年3月12日大和総研フィードバック数:9社会/政治海外

アメリカ版・若者はつらいよ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年3月12日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平2007年のサブプライムローン問題、2008年のリーマン・ショックを経て、アメリカ経済は大きく落ち込んだ。その後しばらく経って、アメリカ経済は緩やかながら回復の一途を辿っている。経済全体に影響力の強い個人消費はリーマン・ショック前の水準をすでに超え、ダウ工業株平均株価も史上最高値を更新する展開となっている。また、水準は低いものの

2013年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

もはやリーマン後ではない ~ドル高・円安・株高はこれからが本番

もはやリーマン後ではない ~ドル高・円安・株高はこれからが本番

2013年3月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)わが国短期金融市場の動向と課題

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 わが国短期金融市場の動向と課題東京短期金融市場サーベイ(12/8月)の結果2013年2月28日日本銀行金融市場局はじめに —東京短期金融市場サーベイの概要—日本銀行金融市場局では、2012年8月、わが国短期金融市場における取引動向を的確に把握するとともに、直面する諸課題への対応状況を確認する観点から、第3回目となる「東京短期金融市場サーベイ(12/8月)」を実施した。本稿では、この「東京短期金融市場サーベイ(12/8月

2013年1月24日リクルートフィードバック数:17キャリアとスキル

今年の就活、どうなりそう?

掲載日:2013年1月24日 就活をスタートした大学3年生・大学院1年生に、今年の就活がどうなりそうか、その見通しを尋ねたところ、5割弱が「景況感から厳しくなると思う」と回答。次いで、約2割が「自分の就活には影響はないと思う(なんとかなると思う)」、13.3%が「例年よりも良くなると思う」と回答した。昨年同時期の調査では、「景況感から厳しくなると思う」が55.6%、「自分の就職活動には影響はないと思う(なんとかなると思う)」が21.3%、「例年よりも良くなると思う」が2.2%、「よくわからない」

2012年12月27日東京商工リサーチフィードバック数:12ビジネス

売上高100億円以上の「小売業」動向調査 ~ 「ホームセンター、家電」 10年前に比べ売上高平均1.7倍増 ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 売上高100億円以上の「小売業」動向調査 ~ 「ホームセンター、家電」 10年前に比べ売上高平均1.7倍増 ~ 小売業はリーマン・ショック以降、消費低迷とデフレで我慢が続いている。年間売上高100億円以上の小売業者数は2007年度の1,499社をピークに減少をたどっている。だが、2011年度は小売業者の売上高合計および1社あたりの売上高平均が増加し、復調の兆しも見え始めた。中堅・大手小売業者は冷え切った個人消費を喚起し、未曾有の不況

2012年11月9日東京商工リサーチフィードバック数:6キャリアとスキル

2012年3月期決算 「主な上場 電気機器、輸送用機器メーカーの労務費」調査 ~ 労務費はリーマン・ショック前の水準に戻らず抑制が続く ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 2012年3月期決算 「主な上場 電気機器、輸送用機器メーカーの労務費」調査 ~ 労務費はリーマン・ショック前の水準に戻らず抑制が続く ~ 電気機器、自動車などの輸送用機器の上場メーカー100社では、製造に従事する従業員の労務費がリーマン・ショック前の水準に戻らず、業績低迷を背景に労務費の抑制が続いていることがわかった。※本調査は、電気機器、輸送用機器メーカー100社を対象に2012年3月期決算の有価証券報告書の製造原価明細書から労

2012年10月23日インテリジェンス★フィードバック数:4キャリアとスキル

DODAによる転職理由のランキングです。

転職理由ランキング2012年上半期

転職なら、求人情報・転職サイトDODA(デューダ) 求人情報を探す エージェントサービス スカウトサービス 転職成功ガイド イベント ヘルプ景気動向や社会情勢によって、転職理由はどのように変化するのでしょうか?2012年上半期(4月〜9月)に、転職活動を行った約3万人のデータを元に転職理由を解析します。 ※データ出展:本コンテンツのデータはDODAサービスにご登録いただいている方のデータより抽出しています。データ抽出期間:2012年4月1日〜2012年9月30日 有効回答数:約3万件※掲載

2010年10月26日日経HRフィードバック数:0キャリアとスキル

「リーマン・ショックから2年 金融業界の転職」に関するアンケート

お探しのページが見つかりませんお探しのページは削除されたか、一時的にご利用できない可能性があります。お探しのページのURLが正しいかどうかご確認ください。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ