「ルセフ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

政治面での懸念が高まったブラジル

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月19日足元でブラジル・レアルの下落が加速し、17日には一時1米ドル=3.28ブラジル・レアルをつけるなど、対米ドルで2003年4月以来の安値水準となりました。ブラジルでは、経済の停滞懸念が強まっている一方、今年、2期目をスタートさせたルセフ政権が財政規律の維持に向け緊縮財政へと舵を切り、市場の信頼回復に努めようとしています。ところが、国営石油会社に絡む汚職疑惑を巡り、連立与党所属の上下両院議長を含む国会議員までが捜査対象となっ

克服すべき試練と対峙するブラジル~悪材料の織り込みが進む通貨レアル~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月5日克服すべき試練と対峙するブラジル~悪材料の織り込みが進む通貨レアル~ 3月4日にブラジル・レアルが一段安となり、一時、1米ドル=3.00ブラジル・レアルをつけるなど、対米ドルで2004年8月以来の安値水準となりました。ブラジルでは、経済の停滞懸念が強まっている一方、今年、2期目をスタートさせたルセフ政権が財政規律の維持に向け緊縮財政へと舵を切り、市場の信頼回復に努めています。しかしながら、税制優遇措置の縮小に向けた大統領

最近のブラジル債券市場動向と今後の見通し

最近のブラジル債券市場動向と今後の見通し<9月に金利上昇>2014年9月30日足元のブラジル債券市場は、9月に大幅に金利上昇しました。ブラジル国債の2年債利回りは8月末の11.35% から9月29日の12.41%まで大きく上昇しています。 大幅に金利上昇した背景には、海外の要因として米国の来年の利上げ開始が金融市場で現実的に意識さ れ始めたことで、新興国資産に対する売り圧力が強まったことが挙げられます。 また、ブラジルの国内要因として10月に控えている大統領選挙に対する市場の思惑も影響しています

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ