調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ルセフ政権

「ルセフ政権」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ブラジルの財政政策の現状と見通し

ブラジルの財政政策の現状と見通し2015年6月10日<ルセフ政権について>2010年の大統領選挙で勝利したジルマ・ルセフ大統領は、第1期政権では生活扶助制度「ボルサ・ファミリア」などの拡張的な財政運営を行ったことから、財政収支の悪化を招きました。2014年の大統領選挙においても、低所得者層へ配慮した所得再分配を訴え「ボルサ・ファミリア」継続を公約に再選しました。しかし、財政・景気の悪化に歯止めが掛からず、金融市場ではブラジルの財政への懸念が高まりました。そこで2015年1月に発足した第2期ルセフ

2015年4月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

レアル相場を読む3つの論点~「双子の赤字」問題と通貨安に対する耐性~

みずほインサイト米 州2015 年 4 月 24 日レアル相場を読む3つの論点欧米調査部上席主任エコノミスト「双子の赤字」問題と通貨安に対する耐性03-3591-1310西川珠子tamako.nishikawa@mizuho-ri.co.jp○ レアル相場は不安定に推移している。本稿では、レアル相場を読むうえで重要なブラジル固有の3つの論点、財政・経常収支の赤字(双子の赤字)問題と通貨安に対する耐性について整理する。○ 政府の財政緊縮姿勢が堅持されれば、格下げ懸念によるレアル安圧力は後退すると予

ブラジルの諸問題への政策対応

ブラジルの諸問題への政策対応<ブラジルの諸問題>2015年3月25日第一次ルセフ政権では、インフレの進行や、海外からの投資の伸び悩み、中国の景気鈍化などによる資源価格下落、米国の利上げ観測の高まりを受けた資源国や新興国に対するセンチメント悪化を受け、景気が低迷しました。ルセフ大統領は貧困対策の実績と継続を強調し昨年の選挙戦で再選を果たしました。しかし、足元では財政悪化や低成長見通しなどから格下げ懸念が強まっており、政府は財政立て直しを最優先の政策として一連の財政健全化策を発表しています。その一方

2015年3月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジルは一段と窮地に ~政治的混乱が通貨レアルの新たな混乱要因に~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポートブラジルは一段と窮地に~政治的混乱が通貨レアルの新たな混乱要因に~発表日:2015年3月5日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 数多くの難局に直面しているブラジル経済だが、ルセフ政権による財政健全化への取り組みは困難を迎えている。ファンダメンタルズの悪化による格下げ懸念に対応し、ルセフ政権は緊縮財政を進める姿勢をみせているが、政府と議会の対立が表面化する事態となっている。結果

2015年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル、ルセフ政権2期目は厳しい船出 ~市場に配慮する姿勢をみせるも、具体策で真価が問われよう~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル、ルセフ政権2期目は厳しい船出~市場に配慮する姿勢をみせるも、具体策で真価が問われよう~発表日:2015年1月5日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 1日、ルセフ政権は2期目に突入した。政権1期目では目立った経済運営手腕を見せられず、足下では資源安による景気低迷に喘ぐなど厳しい状況に直面している。大統領選では政権交代による構造改革への転換も期待されたが、国民は前政権か

2014年12月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル経済は変われるのか~第二期ルセフ政権に対する現地の見方~

みずほインサイト米 州2014 年 12 月 5 日ブラジル経済は変われるのか欧米調査部上席主任エコノミスト第二期ルセフ政権に対する現地の見方03-3591-1310西川珠子tamako.nishikawa@mizuho-ri.co.jp○ 10月に実施されたブラジル大統領選挙では、大接戦の結果、ルセフ大統領が再選された。第二期ルセフ政権は、ブラジル経済を安定的な成長軌道に導くことができるのか、現地の見方を紹介する。○ 多くの機関は2015年を「調整の年」とみている。政権が拡張的な財政運営を修正

ブラジル経済とレアルの相場動向について

ブラジル経済とレアルの相場動向について<経済状況について>2014年9月29日2014年、ブラジルのGDP(国内総生産)は1-3月期、4-6月期の2四半期連続で前期比マイナス成長となり、サッカーのワールドカップ開催による経済活動の抑制の影響もあって、軽微な景気後退(リセッション)に陥っていたことが明らかとなりました。今のところ、年末に向けて緩やかながらも景気が回復することが見込まれていますが、エコノミストの2014年成長率の予想は、おおむね前年比0%台前半まで低下しています。中央銀行は、インフレ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ