「ルーブル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

世界同時量的緩和の中、一人デレバレッジに挑むロシア経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 世界同時量的緩和の中、一人デレバレッジに挑むロシア経済バック・イン・ザ・U.S.S.R.?ブロック経済の復活か 2015年2月27日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆欧州では、米国オバマ政権がウクライナ東部地域で親ロシア派との戦闘を継続する政府軍への武器供与を示唆して以降、2度の世界大戦の当事国であったドイツのメルケル首相が戦争回避の調整役として各国との交渉に奔走した。結果的に

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

原油価格の下落とユーロ圏経済~負の影響が拡大する可能性も~

情勢判断海外経済金融原 油 価 格 の下 落 とユーロ圏 経 済∼負 の影 響 が拡 大 する可 能 性 も∼山口 勝義要旨原油価格の下落がユーロ圏経済に与える影響は、今後の価格推移に依存するほか、直接的のみならず間接的な影響が及ぶ可能性もあることから、その趨勢は見極め難い。ただし少なくとも、好影響のみならず負の影響が拡大するリスクに注意が必要となっている。はじめに120輸出への依存度の高いロシア経済の疲弊110に対する懸念を主因として、世界の金融10080げ 17.0%とする緊急対策に踏み切っ

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

世界的低成長のなか資源安に直面する新興・資源国経済~原油輸出国と輸入国とで異なる動き~

情勢判断海外経済金融世界的低成長のなか資源安に直面する新興・資源国経済~原油輸出国と輸入国とで異なる動き~多田 忠義要旨原油先物は 15 年に入り一段と下落し、一部の資源国では原油輸出額の減少が財政悪化を招くとの見方から、国債格下げとなったところもあった。一方、一部の輸入国では原油安で物価上昇圧力の低下や、燃料補助金の削減・廃止といった恩恵も見られた。世界的に低成長が意識される中で、原油安の影響がどのように波及するかに注目したい。原油先物は 1 バレル=40 ドル台へ主要商品価格は、一段と価格下

2014年12月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア 事実上の「資本規制」でルーブル安阻止へ ~ロシア政府は『長期戦』で国際金融市場と対峙する模様~

ロシア 事実上の「資本規制」でルーブル安阻止へ ~ロシア政府は『長期戦』で国際金融市場と対峙する模様~

ロシア・ルーブルの下落について

ロシア・ルーブルの下落について

ロシア・ルーブルが変動相場制に移行へ

ロシア・ルーブルが変動相場制に移行へ2014年11月11日<変動相場制移行の経緯>ロシア・ルーブルは、ウクライナをめぐる問題への懸念から紛争が発生した今年1月から3月にかけて下落し、その後いったん落ち着く場面もありましたが、7月以降再び下落に転じました。ウクライナ情勢に収束の兆しが見えないことに加え、主要輸出品である原油価格の下落や欧米の経済制裁による国内経済への悪影響が同通貨の軟調な推移の背景にあります。これに対し、ロシア中央銀行は矢継ぎ早に金融為替政策を打ち出しています。まず10月31日(現

2014年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア中銀、ルーブル安阻止へ大幅利上げを決断 ~経済・政治に対する不信は拭えず、ルーブル安基調は続くであろう~

ロシア中銀、ルーブル安阻止へ大幅利上げを決断 ~経済・政治に対する不信は拭えず、ルーブル安基調は続くであろう~

2013年12月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

景気回復が遅れるロシア経済~ビジネス環境ランキングは急上昇~

みずほインサイト欧 州2013 年 12 月 24 日景気回復が遅れるロシア経済政策調査部主任研究員ビジネス環境ランキングは急上昇03-3591-1317金野雄五yugo.konno@mizuho-ri.co.jp○ ロシア経済は、投資を中心に減速が続いている。投資減速の背景には、原油価格の下落に加えて、資源エネルギー関連プロジェクトの遅れ、緊縮的な財政政策がある○ 2014年には、国家規制価格の引き上げ抑制や、国民福祉基金によるインフラ建設プロジェクト実施などの政策措置によって、投資の回復が見

2011年10月24日内閣府フィードバック数:1社会/政治

ロシア:ロシア経済の現状と課題

今週の指標 No.1013 ロシア:ロシア経済の現状と課題ポイント2011年10月24日本年12月の下院選、来年3月の大統領選を控え、政治情勢に注目が集まるロシアでは、世界経済の減速懸念が強まる中、原油価格の軟化傾向等により経済成長に減速がみられる。以下では、ロシア経済の現状を概観し、今後の課題について明らかにする。石油、天然ガスをはじめ豊富な資源を保有(注1)しているロシアでは、輸出額の6割強をエネルギー関連商品が占めており(注2)、資源を巡る世界的な動向が経済発展に大きな影響を与える。資源採

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ