調査のチカラ TOP > タグ一覧 > レジャー白書

「レジャー白書」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月23日リゾームフィードバック数:0エンタテインメント

スポーツ用品ブランド 出退店動向の調査

<スポーツ用品ブランド 出退店動向の調査>注目されるアスレチ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > <スポーツ用品ブランド 出退店動向の調査> 注目されるアスレチック×レジャーの...<スポーツ用品ブランド 出退店動向の調査> 注目されるアスレチック×レジャーの“アスレジャー”「競技」ではなく「日常」に取り入れられるスポーツが人気に2025年までにスポーツ用品市場は現状の約2.3倍になる予想 株式会社リゾーム(本社:岡山県岡山市、

2016年6月14日日本生産性本部フィードバック数:0大型消費/投資

レジャー白書短信 第7号「子供が多いほどスキー・遊園地・釣りに参加 -時間・費用等の負担が比較的大きい種目の子供の人数別活動実績-」

子供を持つ20〜40代において、子供の人数の多寡により参加率や年間活動回数、年間費用(会費等)などの実態がどのように変わるのかを、時間や費用などの負担が比較的大きい種目について明らかにしている。■子供3人以上で「家族と過ごすため」の選択率は5割にとどまる子供がいる20〜40代において、自由時間を「家族と過ごすための時間」とする人の割合は6割で、子供がいない人(約25%)を大きく上回るが、子供の人数別にみると、「3人以上」でその割合は5割にとどまっている。その半面「3人以上」は「趣味やスポーツを楽

2015年12月9日日本生産性本部フィードバック数:0大型消費/投資

レジャー白書短信 第5号「若年層経験者に拡大の余地あるアウトドア関連市場 -参加率10%未満の種目における経験者・未経験者の潜在需要-」

公益財団法人日本生産性本部 余暇創研は、レジャー白書に掲載されている参加率(※1)10%未満の「スポーツ・アウトドア系」と「インドア系」の種目について、経験者と未経験者の潜在需要(※1)の比較分析を行い、「レジャー白書短信第5号」としてまとめた。本短信では、参加人口が少なく今まで主な分析対象としては取り上げられてこなかったマイナー種目に着目し、経験者・未経験者、年齢層別といった切り口で比較分析をおこなうことで、余暇関連のロングテール市場(ネット通販に限らないニッチ市場)の中でより可能性がある種目

2015年5月20日日本生産性本部フィードバック数:0大型消費/投資

レジャー白書短信 第4号「『国内観光旅行』は高齢層で多頻度旅行者の割合が上昇 -震災前後における観光・行楽部門の活動回数『年5回以上』の割合の変化-」

公益財団法人日本生産性本部 余暇創研は、1年間に複数回(2回以上または5回以上)活動する人の割合の震災前後の推移を、観光・行楽部門の種目を中心に「レジャー白書短信第4号」としてまとめた。近年、震災などの影響もあり、観光・行楽部門の多くの種目で参加率(年に1回以上参加した人の割合)が低下傾向にあるが、その半面年間平均活動回数は横ばいまたは増加傾向にある。それでは、震災前後で観光・行楽の各種目に積極的に取り組んでいる人の割合はどのように変化しているのだろうか。本短信では、その変化を知るための一つの材

2014年8月5日日本生産性本部★★フィードバック数:0大型消費/投資

レジャー白書です。

レジャー白書2014 ~11年ぶりに余暇市場が増加~

公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)余暇創研は、『レジャー白書2014〜マイ・レジャー時代の余暇満足度〜』をとりまとめた。同白書は、余暇活動調査等をもとに、わが国における余暇の実態を需給双方の視点から総合的・時系列的にとりまとめている唯一のもので、1977年の創刊以来通算38号目になる。■日本人の余暇活動の現状 〜「国内観光旅行」が参加人口首位に定着〜「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」(5,590万人)が、3年連続首位となり、レジャーの代表格として定着した。続いて2位「ドライブ」

2014年6月10日日本生産性本部フィードバック数:0大型消費/投資

レジャー白書短信 第1号 「未・既婚、子供の数で変わる参加率・潜在需要」 -30~40代「団塊ジュニア世代」の余暇活動はいま-

公益財団法人日本生産性本部余暇創研は、毎年刊行しているレジャー白書で得られたデータの追加分析として、「レジャー白書短信」を不定期で発行する。初回となる本報告では、30〜40代の余暇活動についての分析結果をまとめた。「団塊ジュニア」と呼ばれ、仕事も子育ても真っ盛りの世代が、どのような余暇を過ごしているか、また、どのような潜在需要があるのか、余暇時間についてのどのような考え方をしているのかを、未・既婚別、子供の有無、子供の人数、性別などの観点から特徴を明らかにした。■参加率トップは未婚者「音楽鑑賞」

2013年12月12日日本生産性本部フィードバック数:0ライフスタイル

レジャー白書2013続報-シニア層余暇参加の追加分析  アクティブな男性70代/高収入ほど多種目参加

公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)余暇創研は、このほど、2012年におけるシニア層の余暇活動についての分析結果をまとめた。今年8月に発表した『レジャー白書2013』では、10年前には最も参加種目数が少なかった60代以上が、2012年には他の年代と同等かそれ以上に参加していることを指摘した。団塊の世代が60代後半を迎え、雇用延長で働いていた人を含めて多くが仕事から離れる年代となり、就業の有無によって余暇活動にどのような影響があるのかが注目される。本報告では、レジャー白書と同様に余暇活動

2013年8月6日日本生産性本部★フィードバック数:0大型消費/投資

日本生産性本部のレポートです。

レジャー白書2013 ~60代以上が余暇の主役へ~

公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)余暇創研は、『レジャー白書2013〜やめる理由 はじめる理由―余暇活性化への道筋〜』をとりまとめた。同白書は、余暇活動調査等をもとに、わが国における余暇の実態を需給双方の視点から総合的・時系列的にとりまとめている唯一のもので、1977年の創刊以来通算37号目になる。■日本人の余暇活動の現状 〜「国内観光旅行」「遊園地」が好調〜「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」(5,670万人)が、東京スカイツリーの開業などもあり、前年に比べて90万人増加し、2

2013年4月25日日本生産性本部★フィードバック数:4大型消費/投資

レジャーの人気ランキングになっています。

余暇活動調査(レジャー白書2013)速報

公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)余暇創研は、全国15〜79歳の3,334人を対象に2012年の余暇活動調査を実施しました。主な結果を速報として発表します。分析結果の詳細については、例年と同様、レジャーの市場規模や動向と併せて『レジャー白書2013』(2013年夏発行予定)で発表します。●参加人口 〜国内観光旅行が2年連続首位 観光・行楽レジャーが好調〜2012年(1〜12月)における余暇活動の参加人口のトップは「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」で前年に比べ90万人増加し、2年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ