調査のチカラ TOP > タグ一覧 > レトルト食品

「レトルト食品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月11日文化工房フィードバック数:0ライフスタイル

価格に不満多数、30代がコンビニで一番損したと思う商品

価格に不満多数、30代がコンビニで一番損したと思う商品 今週の「1000人リサーチ(※)」は、「コンビニで一番損したと思う商品」について調査した。今日は、30代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【コンビニで一番損したと思う商品(30代編)】トップの「カップ麺・レトルト食品・缶詰」と3位の「ドリンク」は、男女両方から「損した」と声があがった。同じく3位の「文房具・事務用品」は男性が女性の3倍近くおり、値段が高いという声

2016年11月11日文化工房フィードバック数:0ライフスタイル

定価は“ぼったくり”!? 40代がコンビニで損した商品

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「コンビニで一番損したと思う商品」について調査した。今日は、40代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【コンビニで一番損したと思う商品(40代編)】順位 (票数)商品1位 (26票)カップ麺・レトルト食品・缶詰2位 (23票)日用品3位 (17票)ドリンク4位 (14票)弁当・おにぎり5位 (12票)文房具・事務用品男性が牽引するかたちで「カップ麺・レトルト食品・缶詰」がトップ。ほか

2016年11月11日文化工房フィードバック数:0ライフスタイル

お茶を買ったら負け!? 50代がコンビニで損した商品

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「コンビニで一番損したと思う商品」について調査した。今日は、50代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【コンビニで一番損したと思う商品(50代編)】順位 (票数)商品1位 (18票)文房具・事務用品2位 (16票)日用品3位 (13票)カップ麺・レトルト食品・缶詰3位 (13票)弁当・おにぎり4位 (9票)衣料品5位 (7票)スナック菓子50代ではトップに「文房具・事務用品」が入った

2016年11月11日文化工房★フィードバック数:0ライフスタイル

コンビニで一番損したと思う商品TOP5 価格に不満噴出

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「コンビニで一番損したと思う商品」について調査した。※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【コンビニで一番損したと思う商品】順位 (票数)商品1位 (90票)カップ麺・レトルト食品・缶詰1位 (90票)文房具・事務用品2位 (85票)ドリンク3位 (84票)弁当・おにぎり4位 (81票)日用品5位 (47票)スナック菓子■価格に厳しい目トップには「カップ麺・レトルト食品・缶詰」、次いで「文房具・事務用品

2016年9月8日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

国内加工食品市場に関する調査を実施(2016年)

2016年09月02日 国内加工食品市場に関する調査を実施(2016 年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の加工食品市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年5~7月2.調査対象:国内有力食品メーカー、食品卸、その他関連業界団体等3.調査方法:当社専門研究員によるアンケート調査、及び文献調査その他データ収集を併用<加工食品市場とは>本調査における加工食品市場とは、酒類、飲料、乳製品、食肉加工品、水産加工品、農産加工品、パン・麺類、小麦粉類・粉製品、調味料類、油脂加工品、砂

2015年9月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 夕食(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ平日の夕食は、自宅で自分や家族が作ったものを食べる人が5〜6割、「自宅で、買ってきたものを食べる」「外食をする」が各2割強。一緒に食べる人は、「配偶者」「子ども」「母親」「父親」の順で多い。男性40代以下や女性10・20代では「一人で食べる」が4〜5割みられる 平日に夕食を食べ始める時間は「19時台」が4割弱、「18時台」「20時台」が各2〜3割。夕食にかける時間は「15〜30分未満」が半数近く、「30分〜1時間未満」が3割強 平日の夕食の

2015年5月21日エン・ジャパン★フィードバック数:0ライフスタイル

母の日、父の日についての調査です。

「母の日・父の日のプレゼント」についてアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 父の日にプレゼントを贈る人は、母の日よりも2割減。父の日のプレゼントは、「お酒」がトップに!―『エンチャレンジ!はた☆らく』ユーザーアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、アルバイト・派遣・正社員の求人情報をまとめて探せる求人サイト『エンチャレンジ!はた☆らく』()上で、サイト利用者747名を対象に「母の日・父の日のプレゼント」に

2015年1月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム レンジアップ商品(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ容器入りレンジアップ商品利用経験者は5割強。「カップや容器ごと電子レンジであたためるタイプ」は5割強。容器入りレンジアップ商品の利用意向は全体の5割弱、利用経験者の6割強、未経験者の2割強 食べたことがある容器入りレンジアップ商品の種類は「パックご飯:白米」の他、「カレーライス・ドライカレー」「パスタ・スパゲッティ」「ピラフ」「パックご飯:赤飯」「チャーハン」などが多い パックご飯以外の、容器入りレンジアップ商品を直近1年間に食べる頻度は「

2014年9月29日GMOインターネット★フィードバック数:0ライフスタイル

日中比較です。

日本・中国『加工食品に関する調査』

『加工食品に関する調査』を日本・中国で実施~中国では「食の情報」への関心が高い~ GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、GMOリサーチが保有する日本のモニターと中国の提携モニターを対象に「加工食品に関する調査」を実施いたしました。●調査テーマ:加工食品に関する調査について●調査地域:日本、中国●調査対象:20〜59歳の男女、各国800名ずつ 計1,600名●調査期間:2014年6月30日〜2

2014年8月10日ドゥ・ハウス★フィードバック数:0マーケティング

プライベートブランドについての調査です。

「PB(プライベートブランド)」に関する調査

プライベートブランド、女性の認知・購入率はほぼ100%日常生活を支えるものとして浸透~ 「PB(プライベートブランド)」に関する調査結果を発表 ~ 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)は、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケート』を利用し、首都圏(1都3県※)に住む20代~60代の女性を対象に「PB(プライベートブランド)」※※に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2014年7月18日(金)~7月22日(火)。有効回答は750人から得ました。

第46回 ストックしてる?冷凍食品・保存食 2001.11.01~2001.11.07

●分析時間がないときや、もう一品欲しいなというときに便利なのが冷凍・レトルト食品や缶詰。最近では一般的なメニューだけでなく、食事療法に使う食品(減塩・低カロリー食)や無添加食材、有名店の自慢商品といったものも登場し、そのイメージもちょっと変わってきたような気がします。 “すぐ出来る”“調理がカンタン”というメリットに、手作りに負けない味やいろんなものを食べる楽しみ、という新しい魅力が加わったのではないでしょうか?そこで今回は全国の55192パパママに、そんな「冷凍・レトルト食品、缶詰などの保存食

第616回 ストックしてる?冷凍食品・保存食 2013.08.08~2013.08.21

冷凍食品・保存食のことならハッピー・ノート.com! ●分析忙しい時や買い物に行けない時、強い味方になるのが冷凍食品や保存食。暑い時期はキッチンで火を使ったりするのも大変なので、簡単に調理できるのがうれしいですよね。そこで、今回は「ストックしてる?冷凍食品・保存食」と題してリサーチを実施! 皆さんがストックされているもの、お子さまに人気のアイテムなどを教えていただきました。 Q1.冷凍食品またはレトルト食品・缶詰などの保存食を利用しますか?冷凍食品またはレトルト食品・缶詰などの保存食は、55.

第389回 ストックしてる?冷凍食品・保存食 2008.11.06~2008.11.12

●分析忙しい時や買い物に行けない時の食事に便利な冷凍食品やレトルト食品。皆さんもいろいろとストックして活用されているのではないでしょうか。そこで今週は毎日の食事の強い味方、冷凍食品・保存食についてリサーチ。皆さんがどのような食品をストックされているか、どのように使っていらっしゃるか、教えていただきました。 Q1.冷凍食品またはレトルト食品・缶詰などの保存食を利用しますか? 冷凍食品やレトルト食品、缶詰など保存食について、50.0%の方が「必ずストックがあり、よく使う」とお答えに。 「ストッ

2013年1月22日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム レンジアップ商品(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ電子レンジで加熱調理するレトルト食品利用経験者は全体の7割強、容器入りレンジアップ商品利用経験者は6割。「袋状のパウチパックを電子レンジであたためて、ごはんやパスタなどにかけて食べるタイプ」は5割近い 食べたことがある容器入りレンジアップ商品の種類は「パックご飯:白米」の他、「パスタ・スパゲッティ」「カレーライス・ドライカレー」「ピラフ」「パックご飯:赤飯」「チャーハン」などが多い。カップヌードルごはん」を直近1年間に食べた人は2割 パック

2012年8月30日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム レトルト食品の利用(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへレトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱。ボリュームゾーンは「月2〜3回程度」。「カレー」「パスタソース」「料理の素」などが上位 レトルト食品の利用場面は「作るのが面倒なとき」「時間がないとき」などが上位。週2〜3日以上利用者では「ふだんの食事のメニューとして」が最も多い利用場面 レトルト食品購入理由で多いのは「簡単に」「すぐに」食べられるから。非利用理由は、全体では「価格が高い」「おいしくない・味付けが良くない」「原材料や添加物が

2011年10月12日マイボイスコムフィードバック数:3ライフスタイル

夕食(第2回)平日の夕食、30分未満で食べる人が6割弱

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ平日の夕食は「自宅で自分が作ったものを食べる」が6割、「自宅で家族が作ったものを食べる」が5割、「外食をする」「自宅で、買ってきたものを食べる」が各2割強 平日の夕食を19時台に食べ始める人が4割弱。夕食を30分未満で食べる人が6割弱。「テレビをみながら食べることが多い」のは半数 平日の夕食のメニューでは「栄養バランスが良いこと」「食べたいものを食べること」「毎日の献立に変化があること」などを重視する人が多い 自分で夕食を作る人が参考にする

2010年8月31日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

レトルト食品の利用(第3回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへレトルト食品を週1回以上利用者が3割。「カレー」「パスタソーソース」の利用が多くみられる レトルト食品を利用する場面は、「作るのが面倒なとき」「時間がないとき」に続き、「ふだんの食事のメニューとして」「昼食」など日常的利用も3〜4割みられる レトルト食品を利用しない理由は「価格が高いから」「自分では料理をしないから」の他、「原材料や添加物が気になるから」「身体に悪そうだから」なども多い 【調査対象】 「MyVoice」のアンケート

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ