調査のチカラ TOP > タグ一覧 > レピュテーション

「レピュテーション」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月6日Weber Shandwick★フィードバック数:0マーケティング

企業の顔としてのCEOについてのレポートです。

CEOレピュテーションの付加価値:エンゲージメント時代を勝ち抜くために

CEO レピュテーションの付加価値:エンゲージメント時代を勝ち抜くために ウェーバー・シャンドウィックは、KRCリサーチ社と共同で、北米、欧州、アジア太平洋地域および中南米の19カ国1,700人以上の管理職を対象とする調査結果「CEOレピュテーションの付加価値:エンゲージメント時代を勝ち抜くために(原題:The CEO Reputation Premium: Gaining Advantage in the Engagement Era)」を発表しました。調査結果では、管理職の81%が、コーポ

2015年3月4日インターリスク総研★フィードバック数:0社会/政治

社会問題、トピックです。

2014年度 No.5「2015年のソーシャル・イシュー」

2015.32015年のソーシャル・イシュー1.はじめにレピュテーショナル・リスク研究会※では、2008年より毎年、ソーシャル・イシュー(社会が高い関心を持つであろうテーマ・課題)の発表を行っている。これまでも経年のソーシャル・イシューやその活用方法等について紹介させていただいたが、本稿では、2015年1月20日に開催した「第9回レピュテーショナル・リスクを考える」セミナーで発表した最新の2015年ソーシャル・イシューを紹介すると共に、なぜ企業がソーシャル・イシューに着目する必要があるのかについ

2014年2月4日インターリスク総研フィードバック数:0社会/政治

2014年度ソーシャル・イシュートップ10

2014年1月31日2014年度ソーシャル・イシュートップ10発表~第1位は激甚化する自然災害!~MS&ADインシュアランス グループの株式会社インターリスク総研(社長:近藤 和夫)が事務局を務めるレピュテーショナル・リスク研究会(※)は、1月31日に、「2014年度ソーシャル・イシュー トップ10」を選定しました。ソーシャル・イシューとは、社会において「現在、高い関心を集めている」、もしくは「近い将来に関心が高まると見込まれる」テーマや課題のことで、同研究会では、政治、経済、災害等の各分野にお

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ