調査のチカラ TOP > タグ一覧 > レポート検索

「レポート検索」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月31日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

機関投資家の議決権行使状況(2017年)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 機関投資家の議決権行使状況(2017年)買収防衛策議案で反対率が激増し、他の議案でも増加傾向が明らか ◆日本版スチュワードシップ・コードは機関投資家行動の重要な要素として適正な議決権行使をあげる。2017年の改訂により、機関投資家は投資先企業の個別議案ごとに賛否を開示することが求められるようになった。◆この個別開示は、機関投資家が陥っているとされる利益相反の緩和・解消に資するものとして導入された。◆上

沿岸漁業を支える高齢漁業者の実態と課題

レポート検索詳しく検索するときはこちらAND・OR検索や執筆者、期間指定で検索することができます。 分野別のレポート一覧論題:沿岸漁業を支える高齢漁業者の実態と課題書誌情報掲載日:2015年06月22日 更新日:2015年06月22日 (大区分):協同組合・組合金融(詳細区分):漁協 (大区分):農林水産業・食料・環境(詳細区分):水産業 株式会社 農林中金総合研究所〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11 アグリスクエア新宿Tel:03-6362-7700(代表) E-mail

2015年6月11日大和総研フィードバック数:0ビジネス

「株主総会招集通知」発送前のウェブサイト公表が急増した理由を探る

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>コーポレートガバナンス 「株主総会招集通知」発送前のウェブサイト公表が急増した理由を探るコーポレートガバナンス・コードから読み解く株主総会実務の変化 2015年6月10日コンサルティング・ソリューション第二部 コンサルタント 小阿瀬 達彦◆コーポレートガバナンス・コード補充原則1-2 ②に定められた「招集通知の発送前のウェブサイト公表」を行う3月期決算会社

2015年6月5日大和総研★フィードバック数:0ビジネス

大塚家具の分析です。

検証 大塚家具 広告宣伝 他

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>経営ビジョン・経営計画 検証 大塚家具 広告宣伝 他「IDC OTSUKA中期経営計画」を題材として(2) 2015年6月5日経営コンサルティング部 主任コンサルタント 林 正浩◆従前の大塚家具が積極展開していた折り込みチラシや新聞広告を中心とした広告宣伝は旧態依然とした手法であることは認めざるを得ない。◆しかし一方で、そのプライスラインを念頭におけば、同

2015年6月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災からの復興と交通インフラ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 東日本大震災からの復興と交通インフラ「コンパクト+ネットワーク」の強化へ ◆東日本大震災の発生から4年以上が経過し、いわゆる「集中復興期間」の最終年度に入っている。公共インフラの復旧は概ね終了したとされ、来年度以降の復興の進め方が議論されている。◆東日本大震災では、一連の災害対応活動において、交通インフラの寸断及びその復旧が大きなテーマの一つとなった。道路、空港の早期再開が救助・救命活動や救援物資の搬

2015年6月5日大和総研★フィードバック数:0ビジネス

資金調達の動向です。

2014年度の企業の資金調達動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年度の企業の資金調達動向銀行借入れは増加したが、資本市場を通じた資金調達は限定的 ◆2014年度は企業が積極的に資金調達する傾向が見られたが、銀行からの借入れが中心であり、資本市場からの資金調達(社債発行や株式増資等)は限定的であった。ただし、リキャップCB(転換社債型新株予約権付社債のうち資金使途が自社株買いであるもの)の発行は顕著に増えている。◆2014年2月に策定された日本版スチュワード

2015年6月1日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスの影響です。

異次元金融緩和が企業金融に与えた影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 異次元金融緩和が企業金融に与えた影響『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 金融政策は様々なチャネルを通じて企業の資金調達や資金使途に影響を与える。日本銀行が2013年4月に導入した量的・質的金融緩和は、企業の銀行借入れや株式増資、転換社債型新株予約権付社債発行による資金調達を増やし、キャッシュフローの改善につながっている。企業は調達した資金で設備投資や対外直接投資を増やし、賃金の

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0ビジネス

ROEの性質と利用する際の注意点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ROEの性質と利用する際の注意点最終目的は数値の達成ではなく企業価値の向上と持続的成長の実現 ◆ROEへの関心が高まっている。安倍政権が公表した日本再興戦略およびその改訂版において、企業の収益性向上に焦点が当てられたことを契機に、2014年はJPX日経インデックス400の創設、伊藤レポートによるROE向上の推奨等、ROEを巡り様々な動きがみられた。日本版スチュワードシップ・コードやコーポレートガバナン

2015年5月19日大和総研★フィードバック数:0ビジネス

株主総会の日程についてのレポートです。

2015年6月株主総会動向―分散化止まる―

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年6月株主総会動向―分散化止まる―6月株主総会は、集中日開催が増加 ◆2015年6月総会の集中率は、4割を超えた。◆第三集中日までの集中率も大きく増加している。◆株主総会運営の困難化が意識されるようになっているのかもしれない。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe®

森林組合対象のアンケートです。

第27回森林組合アンケート調査

レポート検索詳しく検索するときはこちらAND・OR検索や執筆者、期間指定で検索することができます。 分野別のレポート一覧論題:第27回森林組合アンケート調査結果書誌情報掲載日:2015年05月14日 更新日:2015年05月14日 本レポートは、一般財団法人 農村金融研究会に委託し、農林中央金庫農林水産環境統括部と連携して実施したアンケート調査の結果である。今回は定例項目に加え、人工林皆伐と再造林の動向、森林情報管理のデジタル化の状況、および林産事業における有利販売への取組みについて取り上げた。

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

国内外の大手銀行は、バーゼルⅢをどれだけ遵守できている?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 国内外の大手銀行は、バーゼルⅢをどれだけ遵守できている?バーゼルⅢの初歩 第19回 このシリーズでは、バーゼルⅢの仕組みを、可能な限りわかりやすく説明します。第19回は、バーゼルⅢの遵守状況を解説します。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります

2015年3月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地方創生において地方銀行に求められる役割と課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方創生において地方銀行に求められる役割と課題~地方の特性に応じた地方活性化に向けた地方銀行の役割とは~『大和総研調査季報』 2015年新春号(Vol.17)掲載 地方創生における地域金融機関、特に地方銀行に期待される役割は大きい。ただし、これまでの地方銀行の“地域密着型金融”の成果と課題、現状の事業環境を明確にした上で、求められる役割を再考していく必要があろう。全国地方銀行協会は、今後の地域密着型金

2015年3月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アジア金融資本市場で生じる構造変化

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アジア金融資本市場で生じる構造変化『大和総研調査季報』 2015年新春号(Vol.17)掲載 ASEANはアジア通貨危機以降、経済を発展させ、意識的に金融資本市場も発展させてきた。足元ではASEANはさらなる成長を求めて、金融資本市場の統合・自由化を含めた経済共同体の創設に向けた取り組みを進めている。各国の金融資本市場の統合・自由化の取り組みを見ると、その状況は多様であり、動きも統一されていないことが

2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2015年2月)解説資料

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済中期予測(2015年2月)解説資料デフレ脱却と財政再建、時間との戦い 今後10年の世界経済 p.3(近藤)今後10年の日本経済 p.13(小林)財政再建に必要な地方創生・歳出抑制策とは p.29(溝端) この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要と

農協活性化における女性の役割に関する調査

レポート検索詳しく検索するときはこちらAND・OR検索や執筆者、期間指定で検索することができます。 分野別のレポート一覧論題:農協活性化における女性の役割に関する調査【抜粋版】書誌情報掲載日:2014年12月12日 更新日:2014年12月12日 農協活性化における女性の役割に関する調査【抜粋版】 現在、女性の活躍を積極的に支援する企業が注目されている。農協でも、組織面および活動面における女性の位置づけは高まっている。本報告書は、農協が女性の活動を積極的に支援し、女性が運営に主体的に参画すること

2014年12月8日大和総研フィードバック数:0ビジネス

普及進む「独立社外取締役」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>コーポレートガバナンス 普及進む「独立社外取締役」変革期を迎えた日本企業のコーポレートガバナンス 2014年12月8日コンサルティング・ソリューション第二部 コンサルタント 小阿瀬 達彦◆独立社外取締役を選任している企業は2010年から2014年の4年間で約2倍に増加しており、独立社外取締役の選任が急速に進んでいる。◆2000年代に入り、日本企業のガバナン

2014年12月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

官民ファンドの現状と期待

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 官民ファンドの現状と期待国内向けは地方創生の観点も重要 ◆官民ファンドはそれぞれ個別の目的をもって設立されているが、大枠としてはわが国の経済成長に資することを目的としている。その観点からすれば、官民ファンドが対象としている分野において民間投資を活発化させる効果が見込まれることが設立の適否の判断基準となろう。◆「官民ファンドの運営に係るガイドラインによる検証報告(第1回)」では、2012年12月の政権交

2014年11月25日大和総研★★フィードバック数:0社会/政治

各国の移民についてのレポートです。

移民問題グローバルレポート

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 移民問題グローバルレポート受け入れ国、送り出し国、そして日本 本レポートのポイント日本米国ドイツ英国カナダオーストラリアインド中国フィリピン この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダ

2014年11月5日大和総研★フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人についてのレポートです。

観光立国と日本の「稼ぐ力」(3)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 観光立国と日本の「稼ぐ力」③観光地域の広がり ◆ビジット・ジャパン事業をはじめとする官民一体となった取り組みにより、大都市圏以外の観光地域を訪れる訪日旅行者が増加している。再訪回数の増加や旅行目的の多様化に伴い、各地の空港や海路を利用する訪日旅行にも広がりがみられる。◆一方、訪日旅行者の宿泊地は偏りが大きく、大都市や知名度の高い京都府、北海道、沖縄県などへの滞在者が多い。訪日旅行の宿泊者数を増加させる

2014年10月14日大和総研フィードバック数:0ビジネス

事業継続計画における課題と対応策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>サステナブル経営 事業継続計画における課題と対応策企業の事業継続の現状と3つの課題、そしてその対応策 2014年10月14日コンサルティング・ソリューション第三部 主席コンサルタント 大村 岳雄◆事業継続の重要性は企業価値の向上や企業競争力の強化の観点から高まってきている。内閣府の調査(平成25年度)でみても、事業継続計画(BCP)の策定状況は、策定中を加

2014年10月7日大和総研★フィードバック数:0ビジネス

大和総研のレポートです。

2014年コーポレートガバナンス動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>コーポレートガバナンス 2014年コーポレートガバナンス動向外形的なガバナンス体制の整備は進む。「ROE」を意識した経営行動が次の焦点 2014年10月7日コンサルティング・ソリューション第一部 コンサルタント 吉川 英徳◆2014年株主総会シーズンにおける主要企業並びに主要機関投資家における議決権行使結果を集計した。主要企業における外国人比率は36.4%

2014年10月3日大和総研★フィードバック数:0大型消費/投資

統合型リゾートの経済効果です。

統合型リゾート(IR)開設の経済波及効果

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート 地域活性化・地方創生 統合型リゾート(IR)開設の経済波及効果建設の効果は約5.6兆円、運営の効果は年間約2.1兆円と試算 2014年10月3日コンサルティング・ソリューション第三部 主任コンサルタント 米川 誠コンサルティング・ソリューション第一部 主任コンサルタント 原田 英始◆秋の臨時国会におけるIR推進法案の成立見通しを踏まえると、わが国においてカジノが合

2014年9月26日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

家計消費の動向予測です。

2025年にかけての家計消費について

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>経営ビジョン・経営計画 2025年にかけての家計消費について2025年の消費主体は誰か? 2014年9月26日経営コンサルティング部 主任コンサルタント 岩田 豊一郎◆消費構造は世帯主年齢により変化するが、消費支出が最大になるのは50歳代の世帯である。◆家族形態においては、2025年にかけて単独世帯の増加が予想される。◆家族形態により消費構造や消費支出の水

2014年9月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

IT(情報通信技術)が実現する2020年東京パラリンピック・レガシーとは

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート オリンピック・パラリンピック IT(情報通信技術)が実現する2020年東京パラリンピック・レガシーとは障がい当事者とともに「心地よい街並み」を実現するために 2014年9月22日コンサルティング・ソリューション第三部 コンサルタント 江藤 俊太郎◆来る2020年に東京でパラリンピックが開かれる。競技者であるなしにかかわらず、海外の障がい当事者と支援者は来日にあたっ

2014年9月18日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

大和総研のレポートです。

我が国の対外資産・負債残高からみえる現状と課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 我が国の対外資産・負債残高からみえる現状と課題直接投資の動向は我が国の将来の経済成長を見極める上で重要な鍵 ◆我が国は世界第一位の純資産国(債権国)といわれている。しかし、その対外資産・負債の現状をみると、必ずしも前向きに評価することはできない。本稿では、我が国の対外資産・負債の現状と、そこからみえる主な課題について取り上げることとする。◆2013年末時点の対外純資産は、外貨建て資産が円安により円評価

2014年9月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年利2%で運用しても資産は目減りする?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 年利2%で運用しても資産は目減りする?インフレ下で重要性を増す「非課税」の意義 総務省によると、消費者物価指数(生鮮食品除く総合)は、2013年6月以後、直近2014年7月まで14ヵ月連続で対前年同月比でプラスとなっており、いよいよデフレ脱却が近づいている。デフレの時代が終わりインフレが続くようになると、家計が持っている預貯金の実質的な価値が目減りする、とよく言われる。政府・日銀が目標とする年2%の物

2014年9月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長持続に向けた財政投融資の活用

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 成長持続に向けた財政投融資の活用~官民連携強化を促進する財投へ~『大和総研調査季報』 2014年夏季号(Vol.15)掲載 2007年~12年頃までの時期は、様々な危機対応に追われた感もあるが、その間もわが国が長期の低迷から脱するための模索は続けられた。歴代の内閣において成長戦略が策定され、インフラ・システム輸出、新規起業促進、医療や農業などの成長産業化などが掲げられ、金融面から促進する手法として、財

2014年8月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN経済統合を域内企業はどう見ているのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ASEAN経済統合を域内企業はどう見ているのかASEAN経済共同体の創設の進捗状況は80% ◆ASEANは2015年末にASEAN経済共同体(AEC)を創設する予定である。現在の共同体創設の進捗状況は80%と、予定よりも遅れている。◆ASEANの域内企業へのアンケートを考察したところ、意外だったことは、域内企業でもAECの創設を認識していない企業が一定程度存在することである。ASEAN当局・各国政府と

2014年6月25日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISAをどのように活用するか-時間分散・銘柄分散で安定的な運用を目指す-

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 NISAをどのように活用するか-時間分散・銘柄分散で安定的な運用を目指す-なるほどNISA 第8回(後編) 安定的なリターンを得るための運用手法としては、時間分散・銘柄分散を行うことが有効です。NISAの商品性は時間分散・銘柄分散による運用に適しています。今回は時間分散・銘柄分散による投資手法を解説します。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポート

2014年6月23日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISAをどのように活用するか-資産運用が家計改善の有力な選択肢に-

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 NISAをどのように活用するか-資産運用が家計改善の有力な選択肢に-なるほどNISA 第8回(前編) 高齢化に伴う社会保障費の増大や財政赤字の解消の必要性を考えると、今後も社会保障制度を持続していくためには、消費税率のさらなる引き上げや年金支給額の引き下げなどが必要と考えられます。こうした負担を踏まえると、これから社会に出ようとする若者は、親や祖父母の世代と同様の老後生活を実現することも難しくなるかも

2014年6月19日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第1回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 水素社会の兆し ◆化石燃料の消費には限界が懸念され、地球環境への影響がさらに深刻になることも危惧されている。エネルギーのS+3E実現に向けた取り組みの一つに水素の有効活用がある。4月に公表されたエネルギー基本計画には、安定供給と地球温暖化対策に資する水素の有効活用が盛り込まれ、水素社会実現に向けた動きが活発になっている。◆欧米でも、水素社会実現に向けた産官学連携の組

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

取引時間拡大で市場の厚みは増すか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 取引時間拡大で市場の厚みは増すか質の高い資本市場構築の観点からは慎重な検討必要 ◆東京証券取引所は、2014年2月に「現物市場の取引時間拡大に向けた研究会」を設置し、夜間取引や夕方取引など取引時間拡大に係る論点整理に取り組んでいる。◆取引時間拡大は、取引所の機能拡充策としてわかりやすいのは確かだが、その目的である売買高拡大や市場の厚み拡大をもたらすかどうかについて、実績や証拠の裏付けは薄弱である。むし

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄-

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄-なるほどNISA 第7回(前編) 近年、「金融資産ゼロ世帯」の割合の上昇に歯止めがかかっていません。2013年には、2人以上の世帯のうち31.0%が「金融資産ゼロ世帯」となっています。平均以上の収入がある世帯でも20%前後が「金融資産ゼロ世帯」となっており、問題視されています。ある程度収入がありながらも貯蓄・投資の習慣がついていない

2014年6月9日大和総研フィードバック数:0ビジネス

2014年株主総会の展望とその後

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年株主総会の展望とその後機関投資家の議決権行使の活発化が予想される ◆今年の株主総会集中日は6月27日金曜日となるが、集中日に開催する企業の割合は、過去最も低くなる見通しである。◆昨年に引き続き社外取締役を選任していない企業の経営トップの取締役再任に多くの反対票が出るものと思われる。◆日本版スチュワードシップ・コードによって機関投資家の議決権行使が劇的に変わるわけではないが、取締役選任議案等で

2014年5月22日大和総研フィードバック数:0ビジネス

企業価値を創出するグループ統制

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>コーポレートガバナンス 企業価値を創出するグループ統制自社に独自かつ最適なグループ統制の構築に向けて 2014年5月22日コンサルティング・ソリューション第二部 主任コンサルタント 吉田 信之◆国内経済の成熟化や企業間競争の激化等を背景に、M&A等を活用した企業規模の拡大、新規事業への進出、さらには海外展開(グローバル化)が進展してきている。特に、2005

2014年4月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り企業金融関連DIは堅調だが、先行きに不透明感 ◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年3月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIが前回調査と同じ8%pt、金融機関の貸出態度判断DIは前回調査から2%ptプラスの15%ptとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的に改善がみられる。業況判断の改善に伴い、企業の資金繰りも安定してい

2014年3月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

あらためて東京オリンピックのレガシーを考える

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート オリンピック・パラリンピック あらためて東京オリンピックのレガシーを考える2020年の大会で何を遺産(レガシー)として残せるのか 2014年3月26日コンサルティング・ソリューション第三部 主席コンサルタント 中野 充弘◆「オリンピック・レガシー(遺産)」とは「オリンピックが開催都市と開催国にもたらす長期的・持続的効果」の概念である。2000年のシドニー大会以降、

2014年3月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

理財商品等と増加する中国企業の外貨資金調達

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 理財商品等と増加する中国企業の外貨資金調達外国子会社等の外貨建て債券の発行増加がもたらす可能性 ◆アジア新興国企業が外国子会社等を通じて外貨建て債券の発行を大幅に増加させている。2013年は2009年に比べ、8.7倍に増加した。特に、親会社を中国とする企業が、香港等のオフショアで米ドル建てで発行するケースが多い。◆最も懸念されることは、調達した資金が中国の理財商品等の高金利商品に投資されている可能性で

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

次のテーマは道州制?大改革の契機の可能性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 次のテーマは道州制?大改革の契機の可能性道州制導入の今後の論点と影響 ◆第二次安倍政権は、経済政策を優先課題として取り組んでいるが、国土強靱化等にある程度目途がついたこともあり、道州制導入推進が次の内政上の大きな課題としてクローズアップされてくる可能性がある。◆道州制に関して、自民党は基本法案の骨子案を提示し、日本維新の会及びみんなの党は基本法案を国会に提出しているが、いずれの案も道州制導入のための道

2014年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へBIS報告銀行による国際与信残高統計 ◆2013年9月末の国際与信残高は25兆4,308億ドルと前期差+4,089億ドル(前期比+1.6%)で4四半期ぶりの増加となった。◆与信側(銀行側)からみると、前期と比べて欧州の銀行、邦銀、米銀共に与信残高を増加させた。最も大きく増加したのは欧州の銀行である。◆与信受入側では、前期に比べ、先進国、新興国向け共に増加した

2013年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

株式は誰のもの?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方株式は誰のもの?おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第9回 前回、中央銀行(日本銀行)を巡るお金の流れについて説明しました。今回のテーマは「株式」です。普段、日経平均など株価の推移に関する報道を目にすることも多いかと思います。資金循環統計からは、誰

2013年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

物価は経済の体温計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 物価は経済の体温計アメリカ経済を知る! 第8回 2013年12月5日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平上野 まな美消費者が購入する商品やサービスの価格は常に変動しており、日常生活と密接な関係があります。たとえば、ガソリンの値段が下がれば、値段が下がったことで余ったお金を他の消費に回すこともできます。企業にとっても、原材料の価格が下がれば生産コストが低下するため収益環境の改善につなが

2013年11月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

国の借金1,000兆円。誰が貸している?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方国の借金1,000兆円。誰が貸している?おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第7回 前回は企業をテーマとして、お金のやりくりを見ました。今回は政府について見てみることにします。日本の政府の借金は1,000兆円規模となっていますが、このお金は一体どこ

2013年11月22日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第1回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 見て、聞いて、ちょっと未来を考える 見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第1回下水と電力の関係~葛西水再生センター~ 下水道は、家庭や工場から排出された汚水を処理することで、快適な生活環境を確保し水質を保全しています。また、雨を速やかに排除して街を浸水させない役割もあります。主な施設は、下水道管、下水道管から汚水を汲み上げるポンプ所、水再生センターの3つです。今回は

第25回森林組合アンケート調査

レポート検索詳しく検索するときはこちらAND・OR検索や執筆者、期間指定で検索することができます。 分野別のレポート一覧論題:第25回森林組合アンケート調査結果書誌情報掲載日:2013年05月14日 更新日:2013年05月14日 本レポートは、一般財団法人 農村金融研究会に委託し、農林中央金庫農林水産環境統括部と連携して実施した恒例のアンケート調査の結果である。今回は定例項目に加え、新たな林政への森林組合の対応、素材生産の生産コストについて取り上げた。 (大区分):協同組合・組合金融(詳細区分

2013年4月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.4

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.42000年代:産業構造・社会制度の転換期◆1970年代後半から現在まで、開業率(企業単位)は低下を続けている。その間に経済成長率も同様に低下した。ベンチャー振興が課題となっている。◆本稿では1970年代から40年間に及ぶ、ベンチャー振興の歴史を振り返り、あるべき方向性を探る。◆第4回では、米国並みのベンチャー振興策が整備された2000年代に焦点を当てる。 この記

2013年3月27日大和総研フィードバック数:3社会/政治

日銀新体制に期待される金融政策の中身

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日銀新体制に期待される金融政策の中身債務デフレ要因を払拭していくことがポイント ◆2013年3月20日、日銀新体制が始動、金融緩和の追加策が注目される。◆実質金利を欧米並みのマイナスにするまで金融緩和を続けることが必要。◆金融政策決定のうえで、資産市場動向を勘案していくことの重要性が増していく。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワー

2013年3月13日大和総研フィードバック数:3社会/政治

静かに広がる水のリスク 第4回 水の力とふるまい

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 静かに広がる水のリスク 静かに広がる水のリスク 第4回水の力とふるまい 水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。ま

2013年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

大量更新期を迎える上下水道

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 大量更新期を迎える上下水道官民連携と取捨選択が持続性向上に重要 ◆公共インフラの維持補修や更新投資は、日常生活を安全・安心なものとするための今後の大きな課題である。生活者としての日常に密着している上下水道は、わが国では地方公営企業が運営しているものがほとんどで、2010年度における地方公営企業運営による水道の普及率は97.3%、下水道は86.9%となっている。◆水道管は1970年代、下水道管は1990

2013年3月8日大和総研フィードバック数:0ビジネス

ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.3

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.31990年代:金融ビッグバン、ベンチャー振興へアクセル全開 ◆1970年代後半から現在まで、開業率(企業単位)は低下を続けている。その間に経済成長率も同様に低下した。ベンチャー振興が課題となっている。◆本稿では1970年代から40年間に及ぶ、ベンチャー振興の歴史を振り返り、あるべき方向性を探る。◆第3回では、ベンチャー振興が飛躍的に活発化した、1990年代に焦点

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ