「レート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月10日内閣府フィードバック数:0社会/政治

対米ドル円レートの変動要因に対する定量的考察

今週の指標 No.1158 対米ドル円レートの変動要因に対する定量的考察 ポイント2016年12月26日2016年の対米ドル円レートは、年初から8月半ばにかけ1ドルあたり約20円円高方向に推移したものの、その後は本稿執筆時点(※1)までに約15円円安方向に推移し、年間での日次変化率の標準偏差は、これまでのところ2010年以降で最も大きな値となっている(図1)。この変動の背景として様々な要因が報じられているものの、大きくは日米金利差によるものと投資家のリスク選好によるものに分けられると考える(※

2015年11月13日財務省★★フィードバック数:0社会/政治

平成27年度上期中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成27年11月10日財務省平成27年度上期中 国際収支状況(速報)の概要I 経常収支「経常収支」は、「貿易・サービス収支」が赤字幅を縮小し、「第一次所得収支」が黒字幅を拡大したこと等から、黒字幅を拡大した。 1.貿易・サービス収支:▲1兆2,173億円の赤字(前年同期比+5兆418億円 赤字幅縮小)「貿易収支」及び「サービス収支」がともに赤字幅を縮小したことから、「貿易・サービス収支」は、赤字幅を縮小した。 (1) 貿易収支:▲4,197億円の赤字(前年同期比+4兆369億円 赤字幅縮

2015年6月25日三井住友信託銀行フィードバック数:0社会/政治

調査月報 2015年7月号 No.39

2015.7№39調査月報時論“草食系バブル”の進行とその予兆察知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1経済の動き高齢化・財政悪化が変える個人消費構造・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3 邦銀も無縁ではない欧州銀行の海外シフト ~グローバル・マネーフローレビュー~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8 利上げ接近に伴う米国長短金

2015年4月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

レアル相場を読む3つの論点~「双子の赤字」問題と通貨安に対する耐性~

みずほインサイト米 州2015 年 4 月 24 日レアル相場を読む3つの論点欧米調査部上席主任エコノミスト「双子の赤字」問題と通貨安に対する耐性03-3591-1310西川珠子tamako.nishikawa@mizuho-ri.co.jp○ レアル相場は不安定に推移している。本稿では、レアル相場を読むうえで重要なブラジル固有の3つの論点、財政・経常収支の赤字(双子の赤字)問題と通貨安に対する耐性について整理する。○ 政府の財政緊縮姿勢が堅持されれば、格下げ懸念によるレアル安圧力は後退すると予

2015年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

膠着の今、ドル円レートを再点検~金融市場の動き(4月号)

膠着の今、ドル円レートを再点検~金融市場の動き(4月号) | ニッセイ基礎研究所 膠着の今、ドル円レートを再点検~金融市場の動き(4月号) 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) ドル円は、3月上旬に一時122円を突破した後に下落し、膠着状態が続いている。一番の原因は利上げに慎重なスタンスが目立った3月FOMCによっ

2015年4月2日エコンテ★フィードバック数:0マーケティング

LGBTについてのインフォグラフィックです。

「LGBTの権利とマーケットの関係」を読み解くインフォグラフィック

LGBTとは、女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、そして性転換者・異性装同性愛者など(トランスジェンダー、Transgender)の人々を意味する頭字語である。LGBという頭文語は1980年代中期から使われ始め、Tを加えたLGBTという言葉は1990年代から現在まで使われ始めた。それ以降、このLGBTという言葉はこのような人々の自己指定として一般的となり、さらにセクシャルマジョリティー(性的多数者)に対してもア

2015年3月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安・ドル高・原油安の微妙な関係 ~ドル高の割に円安が進んでいない理由~

Financial Trends円安・ドル高・原油安の微妙な関係~ドル高の割に円安が進んでいない理由~経済関連レポート 発表日:2015年3月4日(水)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223) ドル高が進んでいる割に、ドル円レートは円安に向かいにくい。そこには、日銀の金融緩和予想が一頃に比べて後退し ていることがある。日銀が追加的金融緩和を手控えたまま、原油安に反応して金融緩和をする国があると、円高バイアス が生じることもある。そして、原油安によって日米長期

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し(2月3日時点)Ⅰ.円債利回りだ過去2年間の10年債利回り(週次)(%)1.21.00.80.60.40.215/915/715/615/515/415/315/215/114/11(%)14/1014/914/814/714/614/514/314/214/113/1213/1113/1013/813/713/613/513/413/313/20.0(出所)Bloomberg<今後半年の想定レンジ 0.10%~0.60%要因全体2015 年 9 月末 0

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2015年1月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2015年1月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

二つの日経平均先物の価格から分かること

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本株式市場の寄付きでの日経平均株価の水準を考える際に、Chicago Mercantile Exchange(CME)で取引される日経平均先物の清算値が参考にされることが多い。これは、日本時間の早朝にCMEの取引が終了する関係から、日本の夜間でのニュースがこの清算値に織り込まれると考えられているためである。ところで、CMEでは「円建て」と「ドル建て」の二つの日経平均先物が取引されている。日経平均先物

2014年12月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円安加速と購買力平価-98年以来の円買い介入の可能性を考える

円安加速と購買力平価-98年以来の円買い介入の可能性を考える | ニッセイ基礎研究所 円安加速と購買力平価-98年以来の円買い介入の可能性を考える 経済研究部 研究理事 チーフエコノミスト 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (現在の円ドル水準はかなりの円安、120円超えで円買い介入は現実味)為替市場で久々に介入、しかも円買い介入を意識しなければならない

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2014年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2014年9月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2014年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2014年6月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2014年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2014年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2014年2月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し(12 月 2 日時点)Ⅰ.円債利回りだ過去2年間の10年債利回り(週次)(%)1.41.21.00.80.60.414/714/514/414/314/214/113/12(%)13/1113/913/813/713/613/513/413/313/112/1212/1112/1012/0912/0812/0612/0512/0412/0312/0212/0111/120.2(出所)Bloomberg<今後半年の想定レンジ 0.50%~1.00%要因全体

2013年12月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2013年人民元相場、回顧と展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年人民元相場、回顧と展望‘5元時代’の到来? 2013年に入ってからの人民元相場は、第1四半期まで、前年後半の急激な上昇の後を受け(2012年12月7日コラム「人民元相場急騰は続くのか?」)、上下変動を伴いつつも、上海市場スポットレート(CNY)で対米ドル6.21-6.24元程度の水準で安定的に推移したが、第2四半期以降年末にかけ、5-7月頃を除き一貫して急上昇を続け、いよいよ‘破6’、1米ド

2013年12月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2013年11月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

変動率が大きくなる日本株の不思議 ~先進国株価で為替の影響が極めて大きい~

Financial Trends経済関連レポート変動率が大きくなる日本株の不思議発表日:2013年11月27日(水)~先進国株価で為替の影響が極めて大きい~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)株価の変動率は 2013 年に関しては日本株が最も高い。日本株も欧米株価と概ね同調しながら上昇しているが、ドル建て日経平均株価でみるとその同調性が高く、円建てでは振れが大きくなっている。日本株の変動率の高さは、為替要因によるものだ。2013 年は、基調的には円安トレン

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し(10 月2日時点)Ⅰ.円債利回りだ過去2年間の10年債利回り(週次)(%)14/514/414/214/113/12(%)13/1113/1013/913/813/613/513/413/313/213/112/1112/1012/0912/0812/0712/0612/0512/0312/0212/0111/1211/1111/101.81.61.41.21.00.80.60.40.2(出所)Bloomberg<今後半年の想定レンジ 0.50%~1.2

2013年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 短観◎、ワシントン×

Global Market Outlook短観◎、ワシントン×2013年10月1日(火)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:11 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン終値14514.271193.4415,129.678,594.406,462.224,143.44(円)14700前日比58

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し(9月2日時点)Ⅰ.円債利回りだ過去2年間の10年債利回り(週次)(%)14/414/214/113/1213/11(%)13/1013/913/813/613/513/413/313/213/112/1112/1012/0912/0812/0712/0612/0512/0312/0212/0111/1211/1111/1011/091.81.61.41.21.00.80.60.40.2(出所)Bloomberg<今後半年の想定レンジ 0.60%~1.80

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

1ドル100円回帰後の為替レート ~QE3縮小を巡る混乱は続く~

Financial Trends経済関連レポート1ドル100円回帰後の為替レート発表日:2013年9月6日(金)~QE3縮小を巡る混乱は続く~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)ドル円レートは 9 月 5 日に 40 日ぶりに 1 ドル 100 円台を回復した。これは、消費税先送り観測が後退した影響が大きいとみるが、もう一方でQE3縮小後の米経済の拡大期待もある。ただし、後者の要因については、米経済の拡大ペースに不確実性があり、当面は不安定さを抱えると予想

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:18大型消費/投資

為替好感トップ100

ここにも円安の恩恵、為替好感トップ100自己資本を強化する「為替換算調整勘定」 渡部 達也東洋経済新報社入社後、雑誌・データベースの営業を経て、現在はデータ事業局にて企業の決算情報を収集する業務に従事。「決算短信」とにらめっこの日々。 首位の三井物産は資源・エネルギーなどの海外事業が巨大 円安の進行で輸出型企業を中心に業績回復の期待が集まる中、利益計上とその累積とは別の経路で、自己資本が増強される企業が増えている。そのカギは「為替換算調整勘定」の改善だ。3カ月で3兆0025億円の改善東洋経

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し(6月3日時点)Ⅰ.円債利回りだ過去2年間の10年債利回り(週次)(%)14/113/1113/1013/913/813/713/613/513/313/213/112/12(%)12/1112/1012/0812/0712/0612/0512/0412/0312/0211/1211/1111/1011/0911/0811/0711/061.81.61.41.21.00.80.60.40.2(出所)Bloomberg<今後半年の想定レンジ 0.50%~1.

市場の動揺を横目に、実体経済は着実に改善~13年度後半にかけて国内景気は堅調推移と予想~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融市 場 の動 揺 を横 目 に、実 体 経 済 は着 実 に改 善~13 年 度 後 半 にかけて国 内 景 気 は堅 調 推 移 と予 想 ~南 武志要旨5 月下旬以降、米金融政策の行方等を巡って円安・株高が一転し、金融資本市場は調整する場面も見られる。アベクロミクスへの期待が剥落したとの指摘もあるが、実体経済を見る限り、緩やかではあるが、着実な持ち直しを続けている。先行きも、公共事業の増加、円安や海外経済の持ち直しに伴う輸

2013年6月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済フラッシュ:インドネシア: 中央銀行はルピア安阻止のため利上げを実施

海外経済フラッシュNo.2013-32013 年 6 月 13 日インドネシア: 中央銀行はルピア安阻止のため利上げを実施経済調査室<ポイント>— インドネシア中央銀行は、6 月 13 日の決定会合にて政策金利の BI レートを現行の 5.75%から 25bp 引き上げ、6.00%とした。決定会合直前の 6 月 11 日には、FASBIレート(翌日物中銀預金金利)誘導目標の 4.25%(+25bp)への引き上げを公表していた。— 利上げは、高水準の経常赤字への不安や、米金融政策の先行き不透明感に

2013年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治

現在の円相場はこの20年で最も円安?

現在の円相場はこの20年で最も円安? | ニッセイ基礎研究所 現在の円相場はこの20年で最も円安? 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨秋以降、為替市場では円安ドル高が進み、5月には1ドル100円を突破するまで円は下落した。ただし、これは「円の対ドル名目レート」の話だ。かつて流行した「実質実効レート」の議論は最近聞かれな

2013年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し(4 月 30 日時点)Ⅰ.円債利回りだ過去2年間の10年債利回り(週次)(%)13/1213/1113/0913/0813/0713/0613/0513/0413/0313/0112/1212/11(%)12/1012/0912/0812/0612/0512/0412/0312/0212/0111/1211/1011/0911/0811/0711/0611/051.41.21.00.80.60.40.20.0(出所)Bloomberg<今後半年の想定レン

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2008.02 メディアのブランド力(Qレート)~2008データ編~

2008.02 メディアのブランド力(Qレート)~2008データ編~

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0ライフスタイル

2011.09 サービス提供企業の好感度~2011データ編~

サービス提供企業の好感度(Qレート)に関するマーケティングデータ朝日大学マーケティング研究所調査概要■調査方法Webアンケート■調査期間2011年9月14日(水)~9月27日(火)■調査対象東京を中心とする半径70km圏に在住の10歳~69歳男女■抽出条件平成17年度国勢調査に基づき、性年代別に割付■有効回答2,222名属性男性女性10代113名115名20代185名179名30代237名239名40代194名192名50代212名216名60代172名168名計1,113名1,109名サービス

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0ライフスタイル

2007.09 サービス提供企業の好感度~2007データ編~

サービス提供企業の好感度(Qレート)に関するマーケティングデータ朝日大学マーケティング研究所調査概要■調査方法Webアンケート■調査期間2007年9月5日(水)∼9月12日(水)■調査対象東京を中心とする半径70km圏に在住の10歳∼69歳男女■抽出条件平成17年度国勢調査に基づき、性年代別に割付■有効回答2,197名属性男性女性10代110名119名20代203名179名30代240名229名40代190名190名50代203名202名60代161名171名計1,107名1,090名1サービス

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2010.02 メディアのブランド力(Qレート)~2010データ編~

2010.02 メディアのブランド力(Qレート)~2010データ編~

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2009.02 メディアのブランド力(Qレート)~2009データ編~

2009.02 メディアのブランド力(Qレート)~2009データ編~

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0ライフスタイル

2009.09 サービス提供企業の好感度~2009データ編~

サービス提供企業の好感度(Qレート)に関するマーケティングデータ朝日大学マーケティング研究所調査概要■調査方法Webアンケート■調査期間2009年9月2日(水)~9月10日(木)■調査対象東京を中心とする半径70km圏に在住の10歳~69歳男女■抽出条件平成17年度国勢調査に基づき、性年代別に割付■有効回答2,255名属性男性女性10代117名120名20代192名179名30代243名247名40代193名207名50代213名212名60代173名159名計1,131名1,124名1サービス

2013年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し(4月9日時点)Ⅰ.円債利回り(%)過去2年間の10年債利回り(週次)だ1.4 1.2 1.0 0.8 0.6 0.4 0.2 0.013/3 13/4 13/6 13/7 11/04 11/06 11/07 11/09 11/10 12/01 12/02 12/04 12/05 12/08 12/09 12/11 12/12 13/913/1 13/5 13/8(% )(出所)Bloomberg<今後半年の想定レンジ 0.10%~0.80% 要因 上昇

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し 2013年4月号

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し 2013年4月号

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

円債利回り・ドル/円レートの6ヶ月見通し

2011年9月9日財務省フィードバック数:15社会/政治

平成23年7月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成23年9月8日財務省平成23年7月中 国際収支状況(速報)の概要【ポイント】 所得収支黒字は拡大したものの、貿易・サービス収支が赤字に転じた結果、経常収支黒字は5ヶ月連続で縮小(前年同月比)。 (別添)国際収支の推移表(PDF形式) 経常収支経常収支:9,902億円の黒字(前年同月比▲7,285億円[▲42.4%]黒字幅縮小) 「所得収支」の黒字幅は拡大したものの、「貿易・サービス収支」が赤字に転じたことから、経常収支の黒字幅は縮小した。1.貿易・サービス収支:▲1,829億円の赤字

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ