調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ロコモティブシンドローム

「ロコモティブシンドローム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年12月7日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

健康・機能性食品素材市場に関する調査を実施(2016年)

2016年11月28日 健康・機能性食品素材市場に関する調査を実施(2016年) ~機能性表示食品制度による市場活性化に期待~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の健康・機能性食品素材市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~9月2.調査対象:食品配合原料供給メーカー(バルク供給企業)、健康食品受託製造企業、健康食品メーカー、関連団体・省庁等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<健康・機能性食品素材市場とは

2014年10月14日ワコール★フィードバック数:0ライフスタイル

ワコールの調査です。

健康寿命を延ばすカギは歩くこと?でも、シニアは歩くことに不安がいっぱい!

ニュースリリース2014年10月14日健康寿命を延ばすカギは歩くこと?でも、シニアは歩くことに不安がいっぱい! 平成25年の日本人の"健康寿命"(※1) は男性71.19歳、女性74.21歳で、男女ともに平均寿命と10年前後の差があります。厚生労働省では健康寿命の延伸を課題とし、その一環としてロコモティブシンドローム(運動器症候群)(※2) の予防啓発活動を行っています。株式会社ワコールは、65歳以上の女性516名を対象に、ロコモティブシンドローム予防につながる"歩くこと"を日常生活でどのように

2014年4月20日ドゥ・ハウス★フィードバック数:0ライフスタイル

シニア調査です。

「シニア世代の健康とロコモ」に関する実態把握調査

「シニア世代の健康とロコモ」に関する実態把握調査結果を発表 →健康を意識して気をつけていることは「食事の量」がトップ →移動能力の低下により日常生活に支障をきたしている状態をさす 「ロコモ(ロコモティブシンドローム)」の認知率は37.4% 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)は、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケート』を利用し、全国の50歳以上の男女を対象に「シニア世代の健康とロコモ(*1)」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2014年

Monthly くらしHOW2013年9月号

女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、ジャンル別に閲覧できます。 ロコモティブシンドロームの認知率は?~Monthly くらしHOW9月号発行! 2013/09/06「リビングくらしHOW研究所」では、当社が研究する女性に関するインサイトデータを 一層ご理解いただき、有効に活用いただくため、“オンナゴコロと消費がわかるペーパー”として「MonthlyくらしHOW」を制作しています(毎月1回発行)。 今月の「Woman’s Trend」は、健康に関する最新用語の主婦の認知率について。メタ

「ロコモティブシンドローム」の認知度

サンケイリビング新聞社女性の本音リサーチミセスのデータ一覧「ロコモティブシンドローム」の認知度ミセスのデータOLマーケットレポート助かりました大賞 骨・関節・筋肉といった運動器機能が低下し、要介護や寝たきりになる危険の高い状態を指す「ロコモティブシンドローム」。メタボリックシンドロームや認知症と並び、要介護状態の3大要因のひとつと言われている。厚労省が2003年から進めている国民の健康づくり運動「健康日本21」では、2013年3月から次の10年間を対象にした「第2次計画」がスタートし、「ロコモテ

健康についての調査です。

【女性】足腰、関節痛についてのアンケート(2013年/全国)

女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、ジャンル別に閲覧できます。 【女性】足腰、関節痛についてのアンケート(2013年/全国) 【質問一覧】 筋力や体力の衰えを実感することはありますか? 関節に痛みを感じることはありますか? 関節に痛みを感じると答えた方にうかがいます。痛む部位はどこですか? 関節に痛みを感じると答えた方にうかがいます。痛みにどう対処していますか? いくつでも。 足腰の健康や骨を丈夫にするためにしていることはありますか? いくつでも。 足腰の健康や骨を丈夫にするために、

2013年6月2日Yahoo!フィードバック数:9ライフスタイル

「メタボ」に続く国民病? 「ロコモ」に注目

「メタボ」に続く国民病? 「ロコモ」に注目骨や筋肉、関節などが衰え、要介護になる危険が高い状態を「ロコモティブシンドローム」といいます ※写真はイメージです Photo by whologwhy 最近テレビや雑誌で見かける「ロコモ」。「メタボ」に続く新たな国民病ともいわれる「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の略称で、検索数はこの1年で「メタボ」を上回るようになりました。50歳を過ぎると7割以上にロコモの可能性があるそうですが、実は40代の5人に4人が"ロコモ予備群"なのだとか。検索数を

データによる分析です。

BMIと“ロコモ”~体格別にみた高齢期における疾病リスク

BMIと“ロコモ”~体格別にみた高齢期における疾病リスク | ニッセイ基礎研究所 BMIと“ロコモ”~体格別にみた高齢期における疾病リスク 保険研究部 准主任研究員 村松 容子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 最近、“ロコモ”という言葉をテレビや雑誌、インターネット等で頻繁に見かけるようになった。“ロコモ”とは、ロコモティブシンドロームの略で、「移動能力の低下を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ