「ロボット」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

AI/ロボットによる”業務代替”に対する意識調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2017年7月18日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年6月度)

医師は「AI」に置きかわってほしくないと思う人は5割、板前は6割 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年6月度)医師は「AI」に置きかわってほしくないと思う人は5割、板前は6割AIを活用した「スマートスピーカー」の認知率は約4割調査結果サマリー将来、医師はAIに置きかわってほしくないと思う人は5割、板前は6割将来、AIやロボットに「置きかわってほしくない」という回答がもっとも多かった医療系の職業は「救急救命士」(52.1%)で、次いで「医師」(48.8%)でした。飲食系の職業で聞い

2017年6月15日パンタグラフ★フィードバック数:0キャリアとスキル

中学生の約7割が”将来、ロボットに仕事を奪われることに不安

中学生の約7割が”将来、ロボットに仕事を奪われることに不安” ~「受験のミカタ」アンケート調査で明らかに~株式会社パンタグラフ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:丹羽宏允)は、電子政府による「高大接続改革の進捗状況に関する意見募集」を受け、運営する受験生応援サイト「受験のミカタ」閲覧者約250名を対象とし、文部科学省が2020年度から改訂を予定している「大学入試共通テスト(仮称)」についてのアンケート調査を実施(集計期間:2017年5月26日~6月8日)致しました。 今回の「受験のミカタ」調査結

2016年11月23日矢野経済研究所★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

スマート農業に関する調査を実施(2016年)

2016年11月14日 スマート農業に関する調査を実施(2016年) ~2018年度以降、農機の無人運転を実現する精密農業により、市場は拡大推移と予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内におけるスマート農業について調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~9月2.調査対象:スマート農業参入事業者、農業法人<水稲/農園芸(野菜・果樹・花き)/酪農・畜産>、関連団体・協会、管轄官庁等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等によるヒアリング調査および文献調

2016年7月21日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

小学生のプログラミング学習調査

新たな習い事として注目!『小学生のプログラミング学習調査』 小学校でのプログラミング教育必修化に、約半数が賛成、反対は1割未満新たな習い事として注目!『小学生のプログラミング学習調査』小学1~4年生の10人に1人は、「プログラミング教室」に在籍調査結果サマリー小学校でのプログラミング教育必修化に、約半数が賛成、反対は1割未満小学校で2020年度よりプログラミングが必修化されることについて、小学生の子どもを持つ母親の46.5%が「賛成」、7.4%が「反対」と回答しました。必修化に賛成する理由として

2016年6月8日アスタミューゼフィードバック数:0社会/政治

「人工筋肉/ソフトアクチュエータ」市場における科研費獲得金額ランキング

「人工筋肉/ソフトアクチュエータ」市場における科研費獲得金額ランキングTOP50 どのようなテーマが共感を呼び、どのような形で投資を集めているのか、世界中の特許/論文、科学技術研究費、ベンチャー投資、クラウドファンディング情報などを集め、独自に分析する本企画。今回は、180の有望成長市場のうちのひとつ「157. 人工筋肉/ソフトアクチュエータ」市場における大学・研究機関別の科研費獲得金額ランキングを発表、さらに注目すべき研究テーマを紹介する。■総投資額約40億円、全大学/研究機機関102、37

コミュニケーションロボットによる接客に関する調査

プレスリリース「コミュニケーションロボットによる接客に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング コミュニケーションロボットによる接客に関する調査 報道関係各位平成28年5月31日株式会社クロス・マーケティング コミュニケーションロボットの接客体験者は1割未満“技術面のぎこちなさ”解消で利用意向アップなるか-コミュニケーションロボットによる接客に関する調査-株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住す

旅行産業におけるロボットの活用に関するグローバル意識調査

[トラベルズー・ジャパン株式会社] ,旅 ロボット ホテル 旅行 トラベルズー Travelzoo

2016年1月27日MM総研フィードバック数:0ビジネス

コミュニケーションロボットの企業需要動向

コミュニケーションロボットの企業需要動向(2016年1月) 2016年01月26日■ 企業のコミュニケーションロボットの認知度は60.7% ■ 企業のうち導入を検討しているのはまだ10.1%、活用用途の拡大が望まれる ■ 導入を阻害している要因は、活用用途の不明確さや導入コストの高さ ■ 20.3%の企業がコミュニケーションロボット産業への参入意向を示す  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)はコミュニケーションロボットの企業需要動向調査に関する調査結果を発表した。本リリースにおける「コミ

2015年12月9日野村総合研究所★★フィードバック数:0キャリアとスキル

日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2015年12月2日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

生活者が選ぶ【2016年ヒット予想】

NEWS博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ【2016年ヒット予想】発表  2015年11月26日1位「外国人観光客」2位「自動衝突回避システム」3位「進化するエコカー」 ※参考:生活者が選ぶ【2015年ヒット商品】1位「ラグビー・W杯日本代表チーム」 2位は「ドローン」「外国人観光客」「火花」(2位同点) 博報堂生活総合研究所は、このたび、生活者が選ぶ【2016年ヒット予想】をまとめました。 本レポートは、生活者に今年世の中で注目されたと思われる商品やサービス、コンテンツなどを提示し、「2016

2015年10月20日MM総研★フィードバック数:0デジタル家電

「コミュニケーションロボット」に関する一般消費者意向(2015年10月)

「コミュニケーションロボット」に関する一般消費者意向(2015年10月) 2015年10月20日■ コミュニケーションロボットの認知度は68.4% ■ 購入意向は14.7%で、購入意欲の刺激が課題 ■ 求める形状やサイズは多様化する傾向 ■ 介護現場、交通機関、エンターテインメント施設等への導入に期待が高い MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)はコミュニケーションロボットの一般消費者意向に関する調査結果を発表した。本リリースにおけるコミュニケーションロボットとは、日常生活において、人間とコ

平成26年度 ロボット大賞事業報告書

平成26年度 ロボット大賞事業報告書

空飛ぶロボット、ドローンの新用途、新需要動向に関する調査

空飛ぶロボット、ドローンの新用途、新需要動向に関する調査

2015年1月29日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「ロボット新戦略」にみるプライバシーとセキュリティ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「ロボット新戦略」にみるプライバシーとセキュリティ ◆2015年1月23日に公表された「ロボット新戦略」では、三つの柱「世界のロボットイノベーション拠点」、「世界一のロボット利活用社会」、「世界をリードするロボット新時代への戦略」と、五カ年のアクションプランなどが提示された。新市場として期待の大きいサービス分野、介護・医療分野でのロボット活用は、多様な環境(工場のようなロボットに最適化された環境ではな

臨場感HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の新用途、新需要動向に関する調査

【特別調査報告書】2014年9月発刊臨場感HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の新用途、新需要動向に関する調査報告書完成 !臨場感HMDの利用したい分野は「観光体験」、「宇宙体験」、「飛行体験」がベスト3 !新コンテンツ革命の到来、ソーシャルメディアと臨場感HMDの融合に可能性 !臨場感HMDの新用途、新需要に関する調査まとまる ! ● 臨場感HMDの利用したい分野は、「観光体験」、「宇宙体験」、「飛行体験」がベスト3。最新のHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)が発表される中、2,200人を

2014年8月19日メイテック★フィードバック数:0キャリアとスキル

fabcrossの調査です。

夏のエンジニア実態調査

ホーム最新のお知らせ一覧 夏のエンジニア実態調査を実施報道機関関係者 各位ニュースリリース 2014年8月19日株式会社all engineer.jp(メイテックグループ) 夏のエンジニア実態調査を実施夏のエンジニア実態500人大調査夏のボーナスが増えたのは44.5%成長戦略に組み込まれたロボット産業に対応する注目度は?【夏に思い出すとひやっとする】エンジニアの都市伝説エピソード体験も発表 エンジニアのものづくりを応援するサイト「fabcross」では、エンジニア500人を対象に夏のボーナス

2014年7月15日インターリンクフィードバック数:0エンタテインメント

Japan Expoで100人に聞きました

[株式会社インターリンク] ,アンケート パリ ロボット 萌え moe japan expo

2014年6月24日TSトーキョーフィードバック数:0エンタテインメント

人工知能と最愛の人の命について、女子の本音を調査

35:人工知能と最愛の人の命について、女子の本音を調査 12014年6月28日より全国公開(6月27日先行公開)今回は、ジョニー・デップ主演×クリストファー・ノーラン製作総指揮による『トランセンデンス』にまつわるアンケートを実施しました。本作は、瀕死状態に陥った天才科学者の頭脳を人工知能にインストールしてしまうという驚きの物語で、コンピューターにまつわるお話に加え、夫婦愛も描かれた作品となっています。そんな本作にちなんで、科学技術の進歩、人工知能、延命などについて調査しました!最新の科学技術で最

2014年6月11日MMDLabo★フィードバック数:0デジタル家電

話題のロボットについての調査です。

人型ロボット『Pepper(ペッパー)』に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 「Pepper」興味度は約半数、ロボットに求めることは「防犯・警備、癒し、話し相手」 「Pepper」興味度は約半数、ロボットに求めることは「防犯・警備、癒し、話し相手」 MMD研究所は、20歳以上の男女442人を対象に「人型ロボット『Pepper(ペッパー)』に関する調査」を2014年6月6日~6月7日にかけて実施致しました。【 調査結

新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる-開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備-

新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる-開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる-開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備-新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる-開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備- 社会研究部 准主任研究員 青山 正治基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせ

新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる- 開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備 -

新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる- 開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備 - | ニッセイ基礎研究所 新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる- 開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備 - 社会研究部 准主任研究員 青山 正治基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 近年、公共施設や公共交通機関などの社会インフラのバリアフリー化が進展し、車

2012年6月15日NTTレゾナント★フィードバック数:66エンタテインメント

映画と映画館についての調査です。

映画館での映画鑑賞に関する調査

インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ 調査結果AI時代に求められる人材 環境変化に備える「上位7.7%」今、AI/ロボットに関する議論が盛んに行われている中、AI/ロボットに仕事を奪われてしまうという「AI脅威論」も多く存在する一方で、AI/ロボットを有効に活用すれば我々の生活価値・労働効率性が高まるという「希望論」も存在しています。 AI/ロボットによる環境変化に適応し新たなルールの中... 自主調査結果ピックアップ調査結果について最新のIT動向や消費

「おそうじロボット」ユーザー調査結果と将来展望

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング「おそうじロボット」ユーザー調査結果と将来展望 ◆ 購入ブランドは75%が「ルンバ」◆ 購入時期は直近2年が最も多い◆ 購入理由は「便利そうだった」64%。購入後の満足度は「ルンバ」「スマーボ」高い。◆ 2016年の販売台数予測は70万台、2010年比2.7倍市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、「おそうじロボット」購入者の調査をおこない、このほど、その結果をま

2009年1月5日日経BPフィードバック数:0デジタル家電

パソコンが進化したと感じるのは?

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。[画像のクリックで拡大表示] パソコンの未来はどこに向かっているのだろう。前回「未来のパソコン」のイメージを聞くと、多くの人が人型のロボットのようなものを想像していた。しかし、それが実現するのは「10年以上先」と考える人が半数以上。目の前のパソコンのきょう体を眺めると、確かに手足が生えてくるのは当分先だろうと思う。 では、どんな部分が変化するとパソコンが進化したように感じるだろうか。1000人のネットユーザーに「パソコンの進化」について聞いてみ

2008年12月9日日経BPフィードバック数:0デジタル家電

「未来のパソコン」にふさわしいのは?

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。[画像のクリックで拡大表示] パソコンの普及率が85%を超え(※)、もはや一家に1台と言っていい時代になってきた。昔のSF小説やアニメでは未来を象徴する機械だったコンピューターも、いまや身近なデジタル家電。そこで、1000人のネットユーザーに「未来のパソコン」について聞いてみた。 現在、研究されている技術や機能からイメージされる「未来のパソコン」を聞いた結果が下のグラフだ。しかし「高性能なのに価格は1万円以下」「性能は向上しているが現在と同じ使

2008年10月16日NTTレゾナントフィードバック数:0ライフスタイル

缶ビールと日本酒のパッケージ・デザインに関する調査

インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ 調査結果AI時代に求められる人材 環境変化に備える「上位7.7%」今、AI/ロボットに関する議論が盛んに行われている中、AI/ロボットに仕事を奪われてしまうという「AI脅威論」も多く存在する一方で、AI/ロボットを有効に活用すれば我々の生活価値・労働効率性が高まるという「希望論」も存在しています。 AI/ロボットによる環境変化に適応し新たなルールの中... 自主調査結果ピックアップ調査結果について最新のIT動向や消費

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ