調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ロンドンオリンピック

「ロンドンオリンピック」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年8月4日マイボイスコムフィードバック数:0エンタテインメント

リオデジャネイロオリンピックに関するアンケート調査

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 リオデジャネイロオリンピック 】に関するアンケート調査リオオリンピックに関心がある人は4割、2012年より減少。興味のある競技は「体操」「競泳」「陸上競技」が上位3位 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『リオデジャネイロオリンピック』に関するインターネット調査を2016年7月1日〜5日に実施し、10,936件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■リオデジャネイ

2013年3月6日NHKフィードバック数:1マーケティング

ロンドンオリンピック視聴時におけるメディア利用について

ロンドンオリンピック視聴時におけるメディア利用について 編成局編成センター深田晃司あろうか。また,このようにメディア環境の変はじめに化によって,放送に対する意識はどのように変化したのだろうか。こういった問題意識のもと,7月27日から8月12日まで開催されたロンドンオリンピックは,完全デジタル化以降,初めオリンピックの終了時期にあわせ,電話によるてのオリンピック放送であること,テレビ中継全国規模の世論調査を実施したので報告する。また,新しいインターネットの利用動向や利はもとより,ライブストリーミン

2013年2月2日NHK★フィードバック数:1マーケティング

テレビを中心とした調査です。

ロンドンオリンピック視聴時におけるメディア利用について

ロンドンオリンピック視聴時におけるメディア利用について史上最多38個のメダルを獲得したロンドンオリンピック。今回のオリンピックの見られ方や,視聴メディアについて電話世論調査を実施しました。ロンドンオリンピックは,「週に1日でも見たり聴いたり」した人が93%で,6割以上が「ほとんど毎日」オリンピック中継を見たと回答しています。オリンピック中継をどのメディアで見たかについては,テレビでの視聴をあげる人が最も多く,テレビやそれ以外のメディアと併用した人もあわせると9割近くがテレビ利用者でした。また、番

2012年12月19日ニールセン★フィードバック数:11マーケティング

1年間のTwitter上の投稿について喜怒哀楽で分析しています。

2012年のソーシャルメディアを分析

2012/12/19 [データ] ニールセン、2012年のソーシャルメディアを分析 もっとも感動した話題は「なでしこジャパンメダル獲得」~オリンピックに感動し、原発再稼働に怒り、パンダ死去に泣いた一年~メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼CEO:福徳 俊弘)は、ソーシャルリスニングサービスNielsen BuzzMetricsを使用し、ツイッター上で盛り上がった話題を感情ごとにまとめ、今年一年を振り返りました。それによると、今年、人々がも

2012年8月30日VOYAGE GROUP★フィードバック数:11エンタテインメント

つぶやき分析をインフォグラフィックスにしています。

「ソーシャル五輪」と言われたロンドンオリンピック2012をプレイバック

企業情報COMPANY会社概要・代表の想い・経営陣紹介・沿革・CSRなどをご覧いただけます ニュースNEWS当社のプレスリリース・パブリシティ・勉強会/登壇情報をご覧いただけます 事業紹介BUSINESSVOYAGE GROUPで展開している各事業に関して説明しています テクノロジーDESIGN AND TECHVOYAGE GROUPの「技術」に対する考え方や在り方をCTOメッセージやクルー発信のブログを通してお届けします カルチャーCULTURE働きがいを生み出す企業文化への仕掛けをご紹介し

2012年7月26日マイボイスコムフィードバック数:1エンタテインメント

マイボイスコム ロンドンオリンピック

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへロンドンオリンピックに関心がある人は5割強。若年層で関心度が低く、「観戦するつもりはない」は10〜20代で3〜4割 観戦方法は「テレビ中継をリアルタイムで見る」「テレビのダイジェスト版・再放送などを見る」などが上位。テレビ中継をリアルタイムで見る人は50代以上の5〜6割にのぼる 観戦予定者が日本代表のメダルを期待する競技の上位は「体操」「競泳」「柔道」「サッカー」など。「体操」「サッカー」は、北京オリンピック調査時より多い 日本代表の金メダ

オリンピックの直前調査です。

「アスリートイメージ評価調査」ロンドンオリンピック直前特別編

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2012年7月19日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区社長:大森壽郎)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」を行いました。今回はロンドンオリンピック特別編としての項目も加えて調査を行っています。今回の調査での「ロンドンオリンピックで活躍を期待するアスリート

2012年4月9日電通★フィードバック数:8エンタテインメント

ロンドンオリンピックの観戦についての事前調査です。

ロンドンオリンピックへの期待や観戦スタイルを調査

ロンドンオリンピックへの期待や観戦スタイルを調査

2012年3月28日電通★フィードバック数:2エンタテインメント

消費押し上げ効果は3,687億円、波及効果全体では8,037億円とのことです。

ロンドンオリンピックによる経済波及効果

ロンドンオリンピックによる経済波及効果

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ