調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ワークプレイス

「ワークプレイス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年12月22日ディー・サインフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ワークプレイスサーベイ 統計レポート 2017

「働く環境」における課題の傾向をサーベイ統計データからひも解く、“ワークプレイスサーベイ 統計レポート 2017”リリース! 株式会社ディー・サイン(代表取締役社長:佐藤 浩也)が運営するプレイスマネジメント研究所が、2016年3月~2017年10月に実施したサーベイの集計結果をもとに、仕事環境における課題の傾向・考察をまとめ、「サーベイ結果に見るワークプレイス事情(ワークプレイスサーベイ 統計レポート 2017)」をリリース。オフィスの移転や開設は、多くの手間とコストを要する一大イベントであ

2016年8月14日ディー・サインフィードバック数:0ビジネス

ワークプレイスサーベイ 統計レポート 2016

[株式会社ディー・サイン] ,空間 オフィス 調査 経営 仕事 コンサルティング 働き方 ワークスタイル プロジェクトマネジメント サーベイ

2014年6月5日リージャスフィードバック数:0ビジネス

海外よりも国内で事業拡大を目指す企業が増加

【プレスリリース、2014年6月5日】多様化する働き方を支援する先進的なワークプレイス・ソリューションプロバイダーの世界最大手企業、リージャス(本社:ルクセンブルク)は、企業の事業拡大に関する世界規模の調査を実施し、世界95ヶ国、約20,000人の経営者や経営幹部から回答を得ました。本調査では、42%にのぼる回答者が『国内』で事業拡大を検討している一方で、『海外』での事業拡大を考えているのは17%の回答者となっており、近年、多くの企業が海外よりも国内に目を向けていることが明らかになりました。発展

[速報-2014年第1四半期] 世界の不動産投資額 前年同期比23%増の1,300億ドル

JLL、ワークプレイスの課題を検証する施設 「JLL Liquid Lab」をシンガポールに開設新たなコンセプトでオフィスの課題解決に向けた革新的なアイディアを検証[ジャパン プロパティ ダイジェスト 2018年第3四半期] 空室率 東京Aグレードオフィスは1.5%、大阪Aグレードオフィスは1.1%[確報:日本の商業用不動産投資額 2018年1-9 月期] 前年同期比5%増の3兆937億円、第3四半期は前年同期比10%増の8,427億円2018年通年の投資額 5 -10%増の4.3兆円 - 4.

2013年世界の不動産投資額 4年連続増加の5,630億ドル(21%増)

JLL、ワークプレイスの課題を検証する施設 「JLL Liquid Lab」をシンガポールに開設新たなコンセプトでオフィスの課題解決に向けた革新的なアイディアを検証[ジャパン プロパティ ダイジェスト 2018年第3四半期] 空室率 東京Aグレードオフィスは1.5%、大阪Aグレードオフィスは1.1%[確報:日本の商業用不動産投資額 2018年1-9 月期] 前年同期比5%増の3兆937億円、第3四半期は前年同期比10%増の8,427億円2018年通年の投資額 5 -10%増の4.3兆円 - 4.

プロパティ クロック(不動産時計)2013年第4四半期

JLL、不動産テックとデータを融合する施設「Center of Expertise」を開設新興テクノロジーを活用して新たなソリューションをお客様に提供JLL、ワークプレイスの課題を検証する施設 「JLL Liquid Lab」をシンガポールに開設新たなコンセプトでオフィスの課題解決に向けた革新的なアイディアを検証[ジャパン プロパティ ダイジェスト 2018年第3四半期] 空室率 東京Aグレードオフィスは1.5%、大阪Aグレードオフィスは1.1% メディアのお問い合わせ先マーケティング&コミ

アジア パシフィック プロパティ ダイジェスト日本版 2013年第3四半期 (7‐9月)

「ホテル」から「賃貸マンション」への用途転換にアジアの投資家が注目中国1級都市の住宅価格高騰を背景に中国賃貸マンション市場が活発化JLL、不動産テックとデータを融合する施設「Center of Expertise」を開設新興テクノロジーを活用して新たなソリューションをお客様に提供JLL、ワークプレイスの課題を検証する施設 「JLL Liquid Lab」をシンガポールに開設新たなコンセプトでオフィスの課題解決に向けた革新的なアイディアを検証 メディアのお問い合わせ先マーケティング&コミュニケ

2013年第3四半期 世界の不動産投資額

JLL、不動産テックとデータを融合する施設「Center of Expertise」を開設新興テクノロジーを活用して新たなソリューションをお客様に提供JLL、ワークプレイスの課題を検証する施設 「JLL Liquid Lab」をシンガポールに開設新たなコンセプトでオフィスの課題解決に向けた革新的なアイディアを検証[ジャパン プロパティ ダイジェスト 2018年第3四半期] 空室率 東京Aグレードオフィスは1.5%、大阪Aグレードオフィスは1.1% メディアのお問い合わせ先マーケティング&コミ

[確報]世界の不動産投資額1,210億ドル - 2013年第2四半期

JLL、ワークプレイスの課題を検証する施設 「JLL Liquid Lab」をシンガポールに開設新たなコンセプトでオフィスの課題解決に向けた革新的なアイディアを検証[ジャパン プロパティ ダイジェスト 2018年第3四半期] 空室率 東京Aグレードオフィスは1.5%、大阪Aグレードオフィスは1.1%[確報:日本の商業用不動産投資額 2018年1-9 月期] 前年同期比5%増の3兆937億円、第3四半期は前年同期比10%増の8,427億円2018年通年の投資額 5 -10%増の4.3兆円 - 4.

日本の2013年上半期の不動産投資額

JLL、不動産テックとデータを融合する施設「Center of Expertise」を開設新興テクノロジーを活用して新たなソリューションをお客様に提供JLL、ワークプレイスの課題を検証する施設 「JLL Liquid Lab」をシンガポールに開設新たなコンセプトでオフィスの課題解決に向けた革新的なアイディアを検証[ジャパン プロパティ ダイジェスト 2018年第3四半期] 空室率 東京Aグレードオフィスは1.5%、大阪Aグレードオフィスは1.1% メディアのお問い合わせ先マーケティング&コミ

企業対象の調査です。

企業不動産(CRE)のトレンド調査

JLL、不動産テックとデータを融合する施設「Center of Expertise」を開設新興テクノロジーを活用して新たなソリューションをお客様に提供JLL、ワークプレイスの課題を検証する施設 「JLL Liquid Lab」をシンガポールに開設新たなコンセプトでオフィスの課題解決に向けた革新的なアイディアを検証[ジャパン プロパティ ダイジェスト 2018年第3四半期] 空室率 東京Aグレードオフィスは1.5%、大阪Aグレードオフィスは1.1% メディアのお問い合わせ先マーケティング&コミ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ